データ選択ウィザード ([一意識別子のリフレッシュの構成])

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データ ソースの変更のデータと図面を更新する場合は、データ ソースの行ごとに変更されない一意の識別子 (キー列) が含まれていることを確認します。そのキーから更新しているデータ ソース内の行を正確に一致するデータの更新された各行ことができます。

Excel ワークシートでは、一意の識別子またはキーの次の例で、社員 Id 列です。

従業員に関するデータが含まれる Excel の表

データ内の行は、次の列の値で一意に識別    ウィザードを使用するキーの列をお勧めがたい場合は、別の名前を選択できます。各行を一意に識別する列の組み合わせがある場合は、それぞれの名前の横にあるチェック ボックスを選択します。たとえば、ありますが 2 つの従業員名 Chris をし、[姓] 列で 2 つの従業員、複数の従業員が同じ名と姓があります。ように列名と姓の列の組み合わせを使用して、各行を一意に識別する可能性があります。複合キーをよってする可能性があります。

データ内の行には、一意の識別子はありません。変更を特定の行の順序を使用します   。列の各行を一意に識別がおらず、重要な変更を追加または行を削除するなど、データ ソースを更新しない場合は、このオプションをお勧めします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×