データ選択ウィザード ([一意識別子のリフレッシュの構成])

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ ソースのデータの変更に合わせて、図面を更新する場合は、データ ソースの各行に一意の識別子 (キー カラム) があり、これらは変更されないことを確認してください。このキーにより、更新対象となるデータ内の各行が、更新元となるデータ ソース内のデータと正確に対応付けられるようにします。

次の Excel ワークシートの例では、一意の識別子、つまり "キー" は [従業員コード] 列です。

従業員に関するデータが含まれる Excel の表

[データ内の行を次の列の値で一意に識別する]    ウィザードにより自動的に使用するキー カラムが設定されていますが、ユーザーが任意の列を指定することもできます。各行を一意に識別する列の組み合わせがある場合は、その各列の名前の隣にあるチェック ボックスをオンにします。たとえば、名前が友子という社員が 2 人、姓が武島という社員が 2 人いたとしても、名前と姓の両方が一致する社員はいないとします。この場合は、名前の列と姓の列の 2 つの列を使用して、各行を一意に識別することができます。これは、"複合キー" と呼ばれることがあります。

[データ内の行には一意の識別子がないため、変更の識別に行の順序を使用する]    このオプションは、各行を一意に識別する列がなく、データ ソースに行の追加や削除などの大きな変更が行われない場合に使用します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×