データ選択ウィザード ([データ接続の選択])

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[データ接続の選択] ページでは、以前作成した接続を指定します。

データ接続は、データ ソースへのポインタです。これには、データ ソースの名前、場所、当該ソースへのアクセスに資格情報が必要な場合の動作についてなどの情報が含まれています。接続が作成されると、通常はマイ ドキュメント フォルダ内の My Data Sources フォルダに保存されます。

使用できる接続の種類は、次のとおりです。

  • .odc (Office データ接続)。

  • .dsn (データ ソース名)。

  • キューブ (SQL Server Analysis Services キューブ)。この種類の接続はピボット ダイアグラムを作成する場合にのみ使用できます。ピボット ダイアグラムの詳細については、ピボット ダイアグラムを作成するを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×