データ選択ウィザード ([データに接続])

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[データに接続] ページでは、全データをインポートすることを確認するか、インポートする列と行を選択できる [列の選択] および [行の選択] ページを起動します。

[行の選択] ページを使用すると、インポートするデータ行を指定できます。データ セットのサイズが推奨サイズ以下であれば、データのフィルタを行わずにこのダイアログ ボックスを閉じると、最速でインポートを開始できます。

注: 次のいずれかの条件に該当する場合は、データ セットのサイズが推奨サイズを超えています。

  • 行数が 1000 を超えている。

  • 列数が 100 を超えている。

  • 行数と列数を掛けた数が 20,000 を超えている。

[列の選択]    列を確認してインポートする列を選択できる [列の選択] ダイアログ ボックスを起動します。

[行の選択]    行を確認してインポートする行を選択できる [列のフィルタ] ダイアログ ボックスを起動します。

ウィザードのこの後のページは、任意で省略できます。次のいずれかの操作を行います。

  • ウィザードにより自動的に一意の識別子 (キー カラム) を指定する場合は、[完了] をクリックします。

  • ユーザー自身が一意の識別子 (キー カラム) を指定する場合は、[次へ] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×