データ計算の説明

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

さまざまな方法でデータを計算するのには、数式と関数のリストまたはライブラリを使用できます。リストまたはライブラリに集計列を追加すると、その他の列のデータを含む、数式を実行する、またはテキストを操作する日付と時刻を計算する関数を実行する数式を作成できます。たとえば、[タスク リストでは、開始日と終了日の列に基づく、各タスクを完了するのにまでの日数を計算するのに列を使用することができます。

注: この記事では、数式と関数の使用法に関する基礎的な概念について説明します。個々の関数に固有の情報については、該当する関数に関する記事を参照してください。

この記事の内容

数式の概要

関数の概要

数式で列参照を使用します。

数式に定数を使用します。

数式で計算演算子を使用します。

数式の概要

数式とは、リストまたはライブラリの値を計算する等式のことです。数式は、等号 (=) で始まります。たとえば、次の数式は 2 と 3 を乗算し、その結果に 5 を加算します。

=5+2*3

計算列と列の既定値を計算するのには、数式を使用することができます。数式には、関数、列の参照、演算子、定数は、次の例のようにを含めることができます。

=PI()*[Result]^2

要素

説明

関数

PI() 関数は円周率 (3.141592654) の値を返します。

参照 (または列名)

[Result] は、現在の行の Result 列の値を表します。

定数

数式に直接入力される数値や文字列の値 (上の例では 2) です。

演算子

* (アスタリスク) 演算子は乗算を行い、^ (キャレット) 演算子は数値のべき乗を求めます。

数式では、上の表の 1 つ以上の要素が使用されることがあります。次に、いくつかの数式の例を、簡単なものから順に示します。

簡単な数式 (=128+345 など)

次の数式では、定数と演算子を使用しています。

説明

=128+345

128 に 345 を加算します。

=5^2

5 を 2 乗します。

列参照のある数式 (=[Revenue] >[Cost] など)

次の数式は、同じリストまたはライブラリの別の列を参照しています。

説明

=[Revenue]

Revenue 列の値を使用します。

=[Revenue]*10/100

Revenue 列の値の 10% です。

=[Revenue] > [Cost]

Revenue 列の値が Cost 列の値より大きい場合、Yes を返します。

関数を呼び出す数式 (=AVERAGE(1, 2, 3, 4, 5) など)

次の数式は、組み込み関数を呼び出します。

説明

=AVERAGE(1, 2, 3, 4, 5)

値の平均を返します。

=MAX([Q1], [Q2], [Q3], [Q4])

一連の引数のうち、最大の数値を返します。

=IF([Cost]>[Revenue], "Not OK", "OK")

Cost の値が Revenue の値より大きい場合、Not OK を返します。それ以外の場合は、OK を返します。

=DAY("15-Apr-2008")

日付の日にちの部分を返します。この式の場合は、数値 15 を返します。

ネストした関数を使用する式 (=SUM(IF([A]>[B], [A]-[B], 10), [C]) など)

次の数式では、関数の引数として 1 つ以上の関数を指定します。

説明

=SUM(IF([A]>[B], [A]-[B], 10), [C])

IF 関数は、列 A と列 B の値の差、または 10 を返します。

SUM 関数は、IF 関数の戻り値に列 C の値を加算します。

=DEGREES(PI())

PI 関数は、円周率 3.141592654 の値を返します。

DEGREES 関数は、ラジアンの値を度に変換します。この数式の場合は、値 180 を返します。

=ISNUMBER(FIND("BD",[Column1]))

FIND 関数は、Column1 で文字列 BD を検索し、この文字列の開始位置を返します。この文字列が見つからなかった場合は、エラー値が返されます。

FIND 関数が数値を返した場合、ISNUMBER 関数は Yes を返します。それ以外の場合は、No を返します。

ページの先頭へ

関数の概要

関数とはあらかじめ定義された数式のことで、引数と呼ばれる特定の値を使い、特定の順序 (構造) に従って計算を行います。関数を使用すると、単純な計算だけでなく複雑な計算も行うことができます。次の例は、ROUND 関数を使って、Cost 列の数値を小数第 2 位に四捨五入します。

=ROUND([Cost], 2)

次の語彙を知っていると、関数と数式を理解するうえで役立ちます。

構文     関数の構文は等号 (=) で始まり、その後に関数名、左かっこ、引数 (引数はコンマで区切る)、右かっこを記述します。

関数名     リストまたはライブラリでサポートされる関数の名前です。各関数には特定の数の引数が渡され、この引数が処理されて、値が返されます。

引数     引数には、数値、文字列、論理値 (True または False など)、列参照を指定できます。引数には、有効な値を指定する必要があります。引数には、定数、数式、または他の関数を指定することもできます。

関数を、別の関数の引数として使用することが必要な場合があります。たとえば、次の数式では、ネストした AVERAGE 関数を使用し、その関数の結果を 2 つの列の和と比較しています。

=AVERAGE([Cost1], SUM([Cost2]+[Discount]))

有効な戻り値     関数を引数として使用する場合は、引数と同じ型の値が返される必要があります。たとえば、引数で Yes または No が使用される場合は、ネストした関数からも Yes または No が返されることが必要です。これらの値が返されなかった場合、エラー値 #VALUE! が表示されます。

ネスト レベルの制限     数式には、8 レベルまでのネストした関数を指定することができます。関数 A の引数として関数 B を指定すると、関数 B は第 2 レベルの関数となります。上の例では、SUM 関数は AVERAGE 関数の引数なので、第 2 レベルの関数となります。さらに、SUM 関数にネストする関数があった場合、その関数は第 3 レベルになります。

注記: 

  • リストおよびライブラリでは、RAND 関数と NOW 関数はサポートされません。

  • TODAY 関数と ME 関数は、集計列ではサポートされませんが、列の既定値の設定ではサポートされます。

ページの先頭へ

数式で列参照を使用する

参照は現在行の 1 つのセルを特定し、数式で使用する値またはデータの検索位置をリストまたはライブラリに示します。たとえば、[Cost] は現在行の Cost 列の値を参照します。現在行の Cost 列の値が 100 の場合、=[Cost]*3 は 300 を返します。

参照を使用すると、リストまたはライブラリの別の列に格納されているデータを 1 つ以上の数式で使用できます。数式で参照できるデータの種類は、1 行の文字列、数値、通貨、日付と時刻、選択肢、yes/no、計算された値です。

数式では、列の表示名を使用して列を参照できます。名前にスペースまたは特殊文字が含まれている場合は、名前を角かっこ ([ ]) で囲む必要があります。参照では大文字と小文字は区別されません。たとえば、数式で Unit Price 列を参照する場合、[Unit Price] と記述することも、[unit price] と記述することもできます。

注記: 

  • 現在行以外の行の値を参照することはできません。

  • 別のリストまたはライブラリの値を参照することはできません。

  • 新しく挿入した行の行 ID を参照することはできません。計算実行時にはまだ ID が存在しません。

  • 列の既定値を作成する数式では、別の列を参照できません。

ページの先頭へ

数式で定数を使用する

定数は計算されない値を指します。たとえば、日付 2008/10/9、数値 210、文字列 "四半期の収益" はすべて定数です。定数には、次のデータ型を使用できます。

  • 文字列型 (String) (例: =[Last Name] = "Smith")

    文字列型 (String) の定数は最大 255 文字から成り、引用符で囲みます。

  • 数値型 (Number) (例: =[Cost] >= 29.99)

    数値型の定数には、小数点以下の値が含まれ、正の値と負の値があります。

  • 日付型 (Date) (例: =[Date] > DATE(2007,7,1))

    日付型 (Date) の定数の場合は、DATE(年,月,日) 関数を使用する必要があります。

  • ブール型 (Boolean) (例: =IF([Cost]>[Revenue], "Loss", "No Loss")

    Yes と No はブール型 (Boolean) の定数です。ブール型の定数は、条件式で使用できます。上の例では、Cost が Revenue より大きい場合、文字列 "Loss" が返されます。Cost が Revenue 以下の場合は No になり、"No Loss" が返されます。

ページの先頭へ

数式で計算演算子を使用する

演算子は、数式の要素に対して実行する計算の種類を指定します。リストおよびライブラリでサポートされる演算子には、算術演算子、比較演算子、文字列演算子の 3 種類があります。

算術演算子

下記の算術演算子を使用して、加算、減算、乗算などの基本的な計算を実行し、数値を組み合わせて、計算結果として数値を返します。

算術演算子

内容 (使用例)

+ (正符号)

加算 (3+3)

- (負符号)

減算 (3-1)
負の値 (-1)

* (アスタリスク)

乗算 (3*3)

/ (スラッシュ)

除算 (3/3)

% (パーセント記号)

パーセント (20%)

^ (キャレット)

べき算 (3^2)

比較演算子

2 つの値を比較する場合は、次の比較演算子を使用します。これらの演算子を使って 2 つの値を比較すると、計算結果として論理値 Yes または No が得られます。

比較演算子

内容 (使用例)

= (等号)

左辺と右辺が等しい (A=B)

> (より大きい)

左辺が右辺よりも大きい (A>B)

< (より小さい)

左辺が右辺よりも小さい (A<B)

>= (以上)

左辺が右辺以上である (A>=B)

<= (以下)

左辺が右辺以下である (A<=B)

<> (不等号)

左辺と右辺が等しくない (A<>B)

文字列演算子

アンパサンド (&) は、1 つ以上の文字列を連結して 1 つの文字列にします。

文字列演算子

内容 (使用例)

& (アンパサンド)

2 つの文字列を結合、または連結して、1 つの連続する文字列の値を作成する ("North"&"wind")

リストまたはライブラリの数式内での演算の実行順序

数式では、特定の順序で値が計算されます。数式は等号 (=) で始まります。等号の後に、計算対象の要素 (オペランド) を計算演算子で区切って入力します。数式は、数式内のそれぞれの演算子の優先順位に基づいて、左から順に計算されます。

演算子の優先順位

1 つの数式で複数の演算子を使用する場合、次の表に示した順序で計算が実行されます。数式に優先順位が同じ演算子が含まれる場合 (たとえば、乗算演算子と除算演算子が含まれる場合)、左から右の順に計算が実行されます。

演算子

説明

負の数値 (-1 など)

%

パーセント

^

べき算

* または /

乗算または除算

+ および -

加算または減算

&

文字列の結合または連結

= < > <= >= <>

比較

かっこの使用

計算順序を変更するには、最初に計算を実行する必要のある数式の要素をかっこで囲みます。たとえば、次の数式では、加算の前に乗算が実行されるため、結果として 11 が返されます。つまり、この数式ではまず 2 と 3 が乗算され、その結果に 5 が加算されます。

=5+2*3

上の数式にかっこを使用して構文を次のように変更すると、まず 5 に 2 が加算され、その結果に 3 が乗算されるため、計算結果は 21 になります。

=(5+2)*3

次の例では、数式の最初の部分にかっこが使用されているため、最初に [Cost]+25 が計算され、その結果が列 EC1 と EC2 の値の和で除算されます。

=([Cost]+25)/SUM([EC1]+[EC2])

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×