データ更新スケジュールを管理する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

重要: [ PowerPivot データの更新] をクリックして、Microsoft web サイトでこの件名に関する最新情報を表示します。

データ更新をスケジュールして、SharePoint サイトに発行した Excel ブック内の PowerPivot データの自動更新を取得できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

データ更新の要件について説明します。

データ更新の概要

スケジュールを構成する

データの更新を確認する

データ更新の要件について説明します。

  1. データ更新スケジュールを作成するには、ブックに対する Contribute レベルの権限が必要です。

  2. データ更新中にアクセスされる外部データソースを使用できるようにする必要があります。スケジュールで指定する資格情報には、それらのデータソースへのアクセス許可が必要です。

  3. ブックは、更新操作が完了した時点でチェックインされている必要があります。サーバーは、データ更新の進行中にブックをロックしません。データ更新の開始時にブックがチェックアウトされている場合、サーバーは最新の既知のバージョンを取得します。サーバーが変更を保存しようとしてもファイルがチェックアウトされている場合は、更新されたデータが破棄されます。ファイルがチェックインされていて、サーバーによって取得されたコピーと大きく異なる場合は、更新されたデータは破棄されます。

ページの先頭へ

データ更新の概要

Excel ブックの PowerPivot データソースは、複数の外部データソースから発信できます。これらのデータソースは、ローカルファイル、その他の Excel ブック、またはリモートサーバーまたはネットワークファイル共有からアクセスした外部データベースまたはデータファイルである可能性があります。接続または外部データソースからインポートしたデータを含む PowerPivot データソースの場合は、データ更新を構成して、それらの元のソースから更新されたデータを自動的にインポートするようにスケジュールすることができます。PowerPivot ブックごとに1つのデータ更新スケジュールを作成できます。通常、ブックを作成したユーザーはスケジュールを定義します。

ブックの所有者は、スケジュールを定義し、外部データソースへの接続に使用する資格情報を指定し、更新操作に含めるデータソースを選択します。必要に応じて、PowerPivot データソースにデータを提供する各データソースの個々のスケジュールと資格情報を指定できます。個々のデータソースに対して正確なスケジュールを設定すると、更新スケジュールと外部データソースの変動を一致させることができます。たとえば、外部データソースに、1日を通して生成されるトランザクションデータが含まれている場合、そのデータソースの個々のデータ更新スケジュールを作成して、更新された情報を毎晩取得できます。

ページの先頭へ

スケジュールを構成する

  1. ブックが含まれているライブラリで、ブックを選択し、下矢印をクリックしてコマンドの一覧を表示します。

  2. [データ更新の管理] をクリックします。データ更新スケジュールが既に定義されている場合は、代わりに [データ更新履歴の表示] ページが表示されます。[データ更新の構成] をクリックして [スケジュール定義] ページを開くことができます。

  3. [スケジュール定義] ページの [スケジュールされたデータ更新を有効にする] セクションで、[有効] チェックボックスをオンにします。

  4. [資格情報] には、有効な Windows ユーザーアカウントでもある SharePoint ユーザーアカウントの名前とパスワードを入力します。アカウント情報をドメイン \ ' の形式で入力します。

    または、無人データ更新アカウントを指定することもできます。このアカウントは、使用する前にシステムで定義する必要があります。指定したアカウントを使用して、データ更新処理用のブックを開くことができます。アカウントには、ブックに対する投稿権限が必要です。Windows ドメインのユーザーアカウントである必要があります。

  5. Windows ユーザーアカウントが有効なメールアカウントでもある場合は、処理エラーが発生したときにメール通知を受け取るためのチェックボックスをオンにすることができます。

  6. [スケジュールの詳細] で、スケジュールの種類を指定して、詳細なスケジュールを作成するための追加の詳細情報を入力します。

  7. [最早開始時刻] で、次のいずれかを指定します。

    • [勤務時間] を指定すると、一般法人向けに生成された現在のデータがデータベースサーバーに含まれている可能性が高い時間外処理期間が設定されます。

    • データ更新要求をプロセスキューに追加したい時間と分を正確に指定します。15分間隔で分を指定します。

      最早開始時刻は、要求がプロセスキューに追加されるタイミングを定義します。実際の処理は、サーバーにデータ処理を開始するための適切なリソースがある場合に発生します。処理が完了すると、実際の処理時間はデータ更新履歴に記録されます。

  8. [データソース] で、データ更新によって元のすべてのデータソースの再クエリを実行する場合は、[すべてのデータソース] チェックボックスをオンにします。このオプションを選択すると、powerpivot ワークスペースで使用されているデータソースを追加または削除したときに、データソースのリストが時間の経過と共に変更された場合でも、powerpivot データソースにデータを提供する外部データソースは、自動的に更新に含まれます。

    含めるデータソースを手動で選択する場合は、[すべてのデータソース] チェックボックスをオフにします。後で新しいデータソースを追加してブックを変更する場合は、スケジュール内のデータソースリストを更新してください。それ以外の場合は、新しいデータソースは更新操作に含まれません。

    選択できるデータソースのリストは、ブックの [データ更新の管理] ページを開くと、PowerPivot データソースから取得されます。

    次の条件を満たすデータソースのみを選択してください。

    • データソースは、データの更新が行われ、指定された場所で使用できるようになった時点で使用できる必要があります。元のデータソースがブックを作成したユーザーのローカルディスクドライブ上にある場合は、そのデータソースをデータ更新操作から除外するか、ネットワーク接続を通じてアクセスできる場所にそのデータソースを公開する方法を見つける必要があります。データソースをネットワーク上の場所に移動する場合は、必ず PowerPivot クライアントアプリケーションでブックを開いて、データ取得の手順を繰り返します。これは、PowerPivot データソースに格納されている接続情報を再確立するために必要です。

    • データソースには、PowerPivot データソースに埋め込まれているか、スケジュールで指定されている資格情報を使用してアクセスする必要があります。powerpivot クライアントアプリケーションから外部データソースに接続すると、powerpivot データソースに埋め込まれた資格情報が作成されます。これらの資格情報を上書きする場合は、サーバーに保存できる限り、スケジュールで別のユーザーアカウントを指定できます。

    • データ更新は、指定したすべてのデータソースに対して成功している必要があります。それ以外の場合は、更新されたデータは破棄され、最後に保存したブックのバージョンを残します。不明なデータソースをすべて除外します。

    • データ更新では、ブック内の他のデータを無効にすることはできません。データのサブセットを更新する場合は、新しいデータを同じ期間にない静的データで集計した後でも、ブックが有効であるかどうかを理解することが重要です。ブックの作成者は、データの依存関係を把握し、データ更新がブック自体に適切であることを確認します。

      外部データソースには、PowerPivot クライアントアプリケーションを使用して、元のデータをブックにインポートしたときに指定した埋め込み接続文字列、URL、または UNC パスを使ってアクセスします。PowerPivot データソースに格納されている元の接続情報は、後続のデータ更新操作で再利用されます。データ更新を目的として作成および管理される個別の接続情報はありません。既存の接続情報のみを使用します。

  9. 必要に応じて、特定のデータソースの個々のスケジュールを定義できます。これは、スケジュールに基づいて更新される元のデータソースがある場合に便利です。たとえば、PowerPivot データソースが、毎週月曜日に更新されるデータマートのデータを02:00 時に使用している場合は、データマートのインラインスケジュールを定義して、毎週月曜日の04:00 時間に更新データを取得することができます。

  10. [ OK ] をクリックしてスケジュールを保存します。

ページの先頭へ

データの更新を確認する

ブックの [データ更新履歴] ページで、データ更新操作の現在および過去のレコードを表示することができます。このページは、データ更新がブックにスケジュールされている場合にのみ表示されます。データ更新スケジュールが設定されていない場合は、代わりに [スケジュール定義] ページが表示されます。

データ更新履歴を表示するには、Contribute のアクセス許可が必要です。

  1. SharePoint サイトで、埋め込まれた PowerPivot データを使用して Excel ブックが含まれているライブラリを開きます。

    SharePoint ライブラリ内のどのブックに PowerPivot データが含まれているかを識別する視覚的なインジケーターはありません。更新可能な PowerPivot データが含まれているブックを事前に把握しておく必要があります。

  2. ドキュメントを選択し、右側に表示される下向き矢印をクリックします。

  3. [データ更新の管理] を選びます。

[履歴] ページが表示され、最新のデータ更新操作の状態など、現在の Excel ブック内の PowerPivot データのすべての更新アクティビティの完全なレコードが示されます。

場合によっては、指定した時間とは異なる実際の処理時間が表示されることがあります。この処理は、サーバーの負荷が高い場合に発生します。負荷が大きい場合、PowerPivot サービスインスタンスは、データ更新を開始する前に十分なシステムリソースが解放されるまで待機します。

更新操作が完了したら、ブックをチェックインする必要があります。ブックは、その時点で更新されたデータを使用して保存します。ファイルがチェックアウトされている場合は、次のスケジュールされた時刻までデータの更新をスキップします。

予期しない状態のメッセージ (更新操作に失敗した、またはキャンセルされたなど) が表示された場合は、アクセス許可とサーバーの可用性を確認して問題を調査できます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×