データ損失防止のレポートを表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ損失防止 (DLP) ポリシーを作成した後は、意図したとおりに動作していて法令順守に役立っていることを確認する必要があります。Office 365 の DLP レポートを使用すると、DLP ポリシーの一致、上書き、または誤検知の数や、経時的な上昇または下降の傾向を確認できます。また、さまざまな方法でレポートをフィルターし、グラフの線上にある点を選んで詳細情報を確認することもできます。

次の目的に DLP レポートを使用できます。

  • 特定の期間に注目して、急増や傾向の理由を理解します。

  • 組織の DLP ポリシーに違反しているビジネス プロセスを発見します。

  • DLP ポリシーのビジネスへの影響を理解します。

  • ポリシー ヒントを解決するときに、ポリシーの上書きや、誤検知のレポートでユーザーから送信された理由を確認します。

  • ポリシーとの一致を表示して、特定の DLP ポリシーとの準拠を確認します。

  • 詳細ウィンドウで DLP ポリシーと一致する、機密データを含むファイルの一覧を表示します。

さらに、テスト モードで実行している DLP ポリシーの微調整にも、DLP レポートを使用できます。

ポリシーの一致を示す DLP レポート

DLP レポートを表示する

  1. Office 365 管理センター.

  2. [管理センター]、[セキュリティ/コンプライアンス] の順に移動します。これで Office 365セキュリティ/コンプライアンス センター に移動します。

  3. [レポート]、[レポートの表示] の順に移動します。[データ損失防止 (DLP)] の下で、[DLP ポリシーおよびルールの一致] または [DLP の誤検知と上書き] のいずれかを選びます。

    Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでのレポート ページ

  4. レポートは、日付、場所、ポリシー、またはルールでフィルターできます。

    フィルターのオプションが表示された DLP レポート

  5. [DLP ポリシーおよびルールの一致] レポートを選んだ場合、グラフの線上にある点を選び、一致に関する詳細情報を確認します。

    グラフの下に詳細ウィンドウが表示されます。このウィンドウには次の情報が表示されます。

    • コンテンツに一致した特定のルールとアクション。

    • ルールに一致したコンテンツのファイル名とパス。

    • コンテンツを最後に変更したユーザー。

    • 検出された機密情報の種類と数。

    注: 一致がログに記録されるのは、ファイルが最初にルールと一致したときのみです。DLP ポリシーでルールを編集し、新しいバージョンのルールを作成した場合、ファイルがその新しいバージョンのルールと一致すると、追加の一致がログに記録されます。

    グラフの下に詳細ウィンドウが表示された DLP レポート

  6. [DLP の誤検知と上書き] レポートを選んだ場合、グラフの線上にある点を選ぶと、上書きまたは誤検知の詳細情報が表示されます。

    グラフの下に詳細ウィンドウが表示されます。このウィンドウには次の情報が表示されます。

    • コンテンツに一致した特定のルール。

    • ルールに一致したコンテンツのファイル名とパス。

    • コンテンツを最後に変更したユーザー。

    • 検出された機密情報の種類と数。

    • ポリシー ヒントを解決するときにユーザーから送信された理由。

    ユーザー正当化テキストが表示された DLP の誤検知およびオーバーライド レポート

DLP レポートのコマンドレットを検索する

セキュリティ/コンプライアンス センター のほとんどのコマンドレットは、使用する場合に次の操作が必要です。

  1. リモート PowerShell を使用して Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターに接続します

  2. Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターのコマンドレットを使用します

ただし、DLP レポートは、Exchange Online を含む Office 365 全体からデータを取り込む必要があります。このため、DLP レポート用のコマンドレットは、Exchange Online PowerShell ではなく セキュリティ/コンプライアンス センター PowerShell のものを使用します。したがって、DLP レポートのコマンドレットを使用するには、次のようにする必要があります。

  1. リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続します

  2. DLP レポート用のいずれかのコマンドレットを使用します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×