データ損失防止のレポートを表示する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データ損失防止 (DLP) ポリシーを作成した後たい目的し、準拠を維持することも機能していることを確認します。[Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター DLP レポートをすばやく表示できます。

  • DLP ポリシーと一致します。このレポートでは、時間経過 DLP ポリシーの一致の数を示しています。レポートをフィルター処理するには、日付、場所、ポリシー、または操作します。このレポートを使用することができます。

    • 調整またはテスト モードで実行すると、DLP ポリシーを調整します。コンテンツと一致する特定のルールを表示することができます。

    • 特定の期間に注目して、急増や傾向の理由を理解します。

    • 組織の DLP ポリシーに違反しているビジネス プロセスを発見します。

    • DLP ポリシーのビジネスへの影響を理解するには、どのような操作は、コンテンツに適用されているかを確認します。

    • ポリシーとの一致を表示して、特定の DLP ポリシーとの準拠を確認します。

    • 上位ユーザーの一覧を表示し、組織内の問題に影響を与えているユーザーを繰り返します。

    • 組織内の機密性の高い情報の最上位の種類の一覧を表示します。

  • DLP インシデントこのレポートは、ポリシーがレポートと一致するようにもポリシーに一致すると、時間経過示します。しかし、ポリシーに一致するルール レベルでレポートをまとめたものの一致します。たとえば、メールでは、次の 3 つの異なるルールが一致すると、ポリシーはレポートをまとめたもの 3 つの行の列と一致します。インシデントのレポートが一致するものを表示する一方、アイテム レベルです。たとえば、メールでは、次の 3 つの異なるルールが一致すると場合、インシデントのレポートには、そのコンテンツに 1 つの行アイテムが表示されます。

    レポートの数が異なる集約されたので、一致報告書は、特定のルールと一致するものを識別して、DLP ポリシーの調整をお勧めします。DLP ポリシーの問題が発生しているコンテンツの特定の部分を識別するため、インシデントのレポートお勧めします。

  • DLP 誤とオーバーライドDLP ポリシーは、上書きする、またはレポートの誤検知にユーザーを許可している場合、このレポートは、時間経過などのインスタンスの数を示します。レポートをフィルター処理するには、日付、場所、またはポリシー。このレポートを使用することができます。

    • 調整または誤の数が多いが発生するポリシーを表示して、DLP ポリシーを絞り込みます。

    • ポリシーをオーバーライドすることで、ポリシーのヒントを解決するときに、ユーザーが送信した妥当性を表示します。

    • ユーザーの数が多いすることで有効なビジネス プロセスと DLP ポリシーの競合がよりも優先ご確認ください。

DLP のすべてのレポートには、最新の 4 か月までの時間のデータを表示できます。最新のデータには、レポートに表示する最大 24 時間がかかる場合ことができます。

[セキュリティとコンプライアンス センターでこれらのレポートを確認できます >レポート>ダッシュ ボード

DLP ポリシーに一致するレポート

ビューを上書きするためにユーザーが送信される理由

DLP ポリシーは、ユーザーがそれを上書きを許可している場合は、誤検知を使用し、ポリシー ヒントのユーザーが送信したテキストを表示するレポートを上書きできます。

DLP 誤検知、上書きするレポートの詳細のフィールドを配置

分析結果と推奨事項の操作を行う

レポートは、分析結果と推奨事項潜在的な問題の詳細を表示し、可能ないずれかの操作を実行するのには、赤い警告] をクリックする場所を表示できます。

詳細については、実行するアクションを表示する情報アイコンをクリックします。

DLP レポートのコマンドレットを検索する

セキュリティ/コンプライアンス センター のほとんどのコマンドレットは、使用する場合に次の操作が必要です。

  1. リモート PowerShell を使用して Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターに接続します

  2. Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターのコマンドレットを使用します

ただし、DLP レポートは、Exchange Online を含む Office 365 全体からデータを取り込む必要があります。このため、DLP レポート用のコマンドレットは、Exchange Online PowerShell ではなく セキュリティ/コンプライアンス センター PowerShell のものを使用します。したがって、DLP レポートのコマンドレットを使用するには、次のようにする必要があります。

  1. リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続します

  2. DLP レポート用のいずれかのコマンドレットを使用します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×