データ接続ライブラリの設定を使用してフォーム テンプレートをデザインする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事では、 Microsoft Office SharePoint Server 2007サイト上のデータ接続ライブラリに格納されているクエリを実行するかデータを送信する設定に基づくフォーム テンプレートをデザインする方法を示します。

この記事の内容

概要

始める前に

クエリのデータ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインします。

送信データ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインします。

概要

セカンダリ データ接続は、フォーム テンプレートに追加する外部データ ソースへのすべてのデータ接続です。このデータ接続は、データベース、Web サービス、または接続ライブラリの設定を基にフォーム テンプレートをデザインする際に作成されるメイン データ接続と異なります。クエリまたはメイン データ接続を使用してデータを送信できない場合にのみ、セカンダリ データ接続を追加します。

フォームが、メインのデータ接続と呼ばれる、1 つのプライマリ データ接続を設定して、1 つまたは複数のセカンダリ データ接続を必要に応じて、します。フォームの目標をによってデータ接続はクエリ、フォーム データを Microsoft SQL Server データベースや Web サービスなどの外部データ ソースを送信します。

ようなデータ接続を使用して複数のフォーム テンプレートをデザインする場合は、フォーム テンプレートごとに外部データ ソースへのデータ接続を作成するのではなくデータ接続ファイルの使用を検討してください。これにより、一連の関連するフォーム テンプレートのデータ接続情報が変更されたときに、1 つだけのデータ接続ファイルを更新する必要があります。たとえば、テスト ネットワークから、フォーム テンプレートを運用ネットワークに移動するときに、データ接続の設定は 1 回のみでフォーム テンプレートのデータ接続を更新するのではなく接続ライブラリを更新する必要があります。データ接続ファイルを使用するフォーム テンプレートに基づくフォームは、データ接続を使用しているときに、データ接続は、新しい設定で自動的に更新します。

データ接続ファイルは、1 つの外部データ ソースの接続情報を含む入ったファイル拡張子の XML ファイルです。このファイルは、 Microsoft Office SharePoint Server 2007を実行するサーバー上のデータ接続ライブラリに保存されます。開発者または既存のフォーム テンプレートで、データ接続がデータ接続] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー)に変換] をクリックしてデータ接続ファイルに変換して、データ接続ファイルが作成されます。

データ接続ファイルを使用する利点は次のとおりです。

  • 複数のフォームは、同じデータ接続ファイルを使用して、ので、フォーム テンプレートごとに最初から同じデータ接続を作成する必要はありません。

  • 外部データ ソースの場所または接続設定を変更する場合は、データ接続ファイルのみ、個々 のフォーム テンプレートを更新する必要があります。

  • データ接続ファイルには、Web ブラウザーを使って、ユーザーがフォームに入力するときに、サーバーで使用できる代替の認証情報を含めることができます。

  • ブラウザーで入力するブラウザー互換フォーム テンプレートに基づくフォームは、データ接続ファイルを使用してデータ接続のみを別のドメインのサーバーに接続できます。

Microsoft Office InfoPath では、次のデータ接続をどこからでもバージョン 2.0 ファイル形式のデータ接続ファイルを使用します。このバージョンは、Microsoft Office と Microsoft Office Excel で使用されるバージョン 1.0 のファイル形式のスーパー セットです。InfoPath では、バージョン 1.0 のファイル形式でのデータ接続ファイルを使用できません。

データ接続ファイルの設定を基にしたフォーム テンプレートを作成するときに、Microsoft Office InfoPath は、データ接続ライブラリの設定を基にしたデータ接続を作成します。データ接続ファイルにクエリのデータ接続の設定が含まれている場合は、InfoPath クエリ フィールド、データ フィールドを使って、フォームのメインデータ ソースを作成するソースのデータの外部データの格納方法に対応するグループを参照します。データ接続ファイルで設定します。クエリのフィールドには、外部データ ソースを使用してコンテンツを決定するフォームを送信するデータが含まれています。クエリの結果は、データ フィールドに配置されます。外部データ ソース クエリを実行するユーザーを有効にするには、フォーム テンプレートにクエリの実行] ボタンが追加されます。

外部データ ソースのデータを保存する方法は、クエリとデータ フィールドのデータ構造が一致しているために、メインのデータ ソースの既存のフィールドまたはグループを変更することはできません。メインのデータ ソースのルート グループにのみ、フィールドまたはグループを追加できます。

送信データ接続を設定を使用している場合、InfoPath は、[標準] ツールバーの [送信] ボタンと [このフォーム テンプレートに基づくフォームの [ファイル] メニューの [送信] コマンドを使用できます。これにより、ユーザーがフォームに外部データ ソース内のデータを送信できます。

ページの先頭へ

始める前に

データ接続ライブラリの設定を基にしたフォーム テンプレートをデザインするために、データ接続ライブラリ管理者またはデータ接続ファイルを作成した開発者から次の情報を作成する必要があります。

  • 接続ライブラリとOffice SharePoint Server 2007サイトの場所。

  • 使用するデータ接続ライブラリ内のデータ接続ファイルの名前。

ページの先頭へ

クエリのデータ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインします。

クエリのデータ接続の設定を含むデータ接続ファイルを基にしたフォーム テンプレートをデザインするためには、次の操作をする必要があります。

  1. データ接続ファイルに基づくフォーム テンプレートをデザインします。   この手順では、該当するフィールドとデータ接続ファイルの設定に基づくグループをフォーム テンプレートのメインのデータ ソースを作成します。

  2. クエリの結果を表示するフォーム テンプレートにコントロールを追加   フィールドやユーザーにメインのデータ ソース内のグループに格納されているデータを表示するには、フォーム テンプレートにコントロールを追加し、そのコントロールをクエリ フィールドまたはメイン データ ソース内のデータ フィールドにバインドする必要があります。

手順 1: データ接続ファイルを基にフォーム テンプレートをデザインします。

  1. [ファイル] メニューには、フォーム テンプレートのデザインをクリックします。

  2. 新しくデザインフォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[フォーム テンプレートをクリックします。

  3. にリストで、接続ライブラリをクリックします。

  4. ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、ブラウザーと互換性のある機能のみを有効にする] チェック ボックスを選択します。

  5. [OK] をクリックします。

  6. データ接続ウィザードで、サイトの一覧で、データ接続ライブラリが含まれているOffice SharePoint Server 2007を実行しているサーバー上のサイトの名前をクリックします。

    サイトをリストに追加します。

    1. サイトを管理する] をクリックします。

    2. サイトの管理] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

    3. [URL ] ボックスで、データ接続ライブラリの場所を入力します。

    4. 表示名] ボックスで、データ接続ライブラリの名前を入力します。サイトリストのデータ接続ウィザードでこの名前が表示されます。

    5. [OK] をクリックします。

    6. [閉じる] をクリックします。

  7. データ接続ファイルの一覧が表示をこのデータ接続に使用するデータ接続ファイルの名前をクリックして、[次へ] をクリックしてデータ接続ライブラリの名前をクリックします。

  8. Web サービスへの接続設定を含むデータ接続ファイルを選択した場合、ウィザードの次のページがどのようなフィールドやセカンダリ データ ソースに追加するグループを決定するには、各パラメーターのサンプル値を指定するように求められます。

    方法

    1. パラメーターの表にパラメーターを選択し、[サンプル値の設定] をクリックします。

    2. サンプル値] ボックスに、ユーザーが、このフィールドを使用して、[ OK] をクリックしてことも、値を入力します。

    3. パラメーターの表に、各パラメーターの次の手順を繰り返して、[次へ] をクリックします。

    技術的な詳細情報

    データ接続ウィザードで、[Web サービスへのデータ接続を構成すると、Microsoft Office InfoPath は Web サービスに接続して、Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルを要求します。WSDL ファイルには、Web サービスで使用されるスキーマが含まれています。Web サービスは、InfoPath にこのファイルを送信して要求に応答します。InfoPath では、このファイル内の情報を使用して、フォーム テンプレートのセカンダリ データ ソースに適切なフィールドとグループを追加します。InfoPath では、WSDL ファイルで、不明な要素のタイプが検出されると、InfoPath はサンプル データを使用して、不明な要素の種類の定義を決定し、セカンダリ データ ソースには適切なフィールドおよびグループを追加します。

  9. 設定] で、参照されている外部データ ソースには、Microsoft の ADO.NET データセットが返された場合は、ユーザーがフォーム データを送信するときに、情報の変更を含める場合は、ウィザードの次のページが求められます。ほとんどの場合、変更データを送信するときに情報を含める] チェック ボックスをオンにすると、し、[次へ] をクリックします。含める情報を変更したくない場合、[変更のデータを送信するときに情報を含める] チェック ボックスをオフにし、[次へ] をクリックします。

    技術的な詳細情報

    ウィザードでは、このページには、Web サービスの設定を示し、Web サービス記述言語 (WSDL) ファイル、Web サービス ADO.NET データセットで返される場合にのみが表示されます。

  10. ウィザードの次のページで、データ接続の名前を入力し、[完了] をクリックします。

手順 2: コントロールを追加するフィールドのデータを表示するには

  1. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  2. コントロールをフォーム テンプレートにドラッグします。

  3. コントロールのバインド] ダイアログ ボックスで、コントロールを連結するフィールドを選択します。

ページの先頭へ

送信データ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインします。

データ接続ファイルに送信データ接続の設定が含まれている場合は、データ接続を使用してフォーム データを送信できるようにするフォーム テンプレートを構成できます。これを行うときに、[標準] ツールバーと[ファイル] メニューの [送信] コマンドに送信] ボタンが追加されます。[送信オプション] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー) で、フォームの送信オプションを設定できます。送信オプションは、データベースや Web サービスを基にフォーム テンプレートをデザインする場合と同じ方法で構成されます。詳細については、データベースや Web サービスには、「参照」セクションに基づくフォーム テンプレートをデザインへリンクを検索します。

  1. [ファイル] メニューには、フォーム テンプレートのデザインをクリックします。

  2. 新しくデザインフォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[フォーム テンプレートをクリックします。

  3. にリストで、接続ライブラリをクリックします。

  4. ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、ブラウザーと互換性のある機能のみを有効にする] を選びます。

  5. [OK] をクリックします。

  6. データ接続ウィザードで、サイトの一覧で、接続ライブラリが含まれているOffice SharePoint Server 2007を実行しているサーバー上のサイトの名前をクリックします。

    サイトをリストに追加します。

    1. サイトを管理する] をクリックします。

    2. サイトの管理] ダイアログ ボックスで、[追加を] をクリックします。

    3. [URL ] ボックスで、データ接続ライブラリの場所を入力します。

    4. 表示名] ボックスで、データ接続ライブラリの名前を入力します。サイトリストのデータ接続ウィザードでこの名前が表示されます。

    5. [OK] をクリックします。

    6. [閉じる] をクリックします。

  7. データ接続ファイルの一覧が表示をこのデータ接続に使用するデータ接続ファイルの名前をクリックして、[次へ] をクリックしてデータ接続ライブラリの名前をクリックします。

  8. Web サービスへの接続設定を含むデータ接続ファイルを選択した場合、ウィザードの次のページが最適なフィールドやセカンダリ データ ソースに追加するグループを決定するには、各パラメーターのサンプル値を指定するように求められます。

    方法

    1. パラメーターの表にパラメーターを選択し、[サンプル値の設定] をクリックします。

    2. サンプル値] ボックスに、ユーザーが、このフィールドを使用して、[ OK] をクリックしてことも、値を入力します。

    3. パラメーターの表に、各パラメーターの次の手順を繰り返して、[次へ] をクリックします。

    技術的な詳細情報

    データ接続ウィザードで、[Web サービスへのデータ接続を構成すると、Microsoft Office InfoPath は Web サービスに接続して、Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルを要求します。WSDL ファイルには、Web サービスで使用されるスキーマが含まれています。Web サービスは、InfoPath にこのファイルを送信して要求に応答します。InfoPath では、このファイル内の情報を使用して、フォーム テンプレートのセカンダリ データ ソースに適切なフィールドとグループを追加します。InfoPath では、WSDL ファイルで、不明な要素のタイプが検出されると、InfoPath はサンプル データを使用して、不明な要素の種類の定義を決定し、セカンダリ データ ソースには適切なフィールドおよびグループを追加します。

  9. ウィザードの次のページで、データ接続のわかりやすい名前を入力し、[完了] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×