データ接続ライブラリの設定を使用してフォーム テンプレートをデザインする

このトピックでは、データのクエリを実行したりデータを送信したりできる、Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイトのデータ接続ライブラリに保存されている設定に基づいて、フォーム テンプレートをデザインする方法を説明します。

このトピックの内容

概要

始める前に

クエリ データ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインする

送信データ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインする

概要

セカンダリ データ接続は、フォーム テンプレートに追加する外部データ ソースへのデータ接続です。このデータ接続は、データベース、Web サービス、または接続ライブラリ設定に基づいてフォーム テンプレートをデザインするときに作成するメイン データ接続とは異なります。セカンダリ データ接続は、メイン データ接続からデータのクエリまたはデータ送信を実行できない場合にのみ追加します。

フォームには、メイン データ接続と呼ばれる 1 つのプライマリ データ接続を設定できます。また、1 つ以上のセカンダリ データ接続を設定できます (省略可能)。データ接続では、フォームの目的に従って、Microsoft SQL Server データベース、Web サービスなど、外部データ ソースにフォーム データのクエリまたは送信を行うことができます。

同様のデータ接続を使うフォーム テンプレートを複数デザインする場合、各フォーム テンプレート用に外部データ ソースに対するデータ接続を作成するのではなく、データ接続ファイルを使うことをお勧めします。データ接続ファイルを使うと、データ接続情報が関連するフォーム テンプレート セットに合わせて変更された場合でも、1 つのデータ接続ファイルを更新するだけで済みます。たとえば、テスト ネットワークのフォーム テンプレートを運用ネットワークに移動する場合、各フォーム テンプレートのデータ接続を更新するのではなく、接続ライブラリのデータ接続設定を 1 度更新するだけです。データ接続ファイルを使うフォーム テンプレートに基づいたフォームから、データ接続を使うと、データ接続は新しい設定で自動的に更新されます。

データ接続ファイルは、ファイル拡張子が .xml または .udcx の XML ファイルです。単一の外部データ ソースの接続情報が含まれています。このファイルは、Microsoft Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバーのデータ接続ライブラリに保存されます。データ接続ファイルは開発者が作成するか、[データ接続] ダイアログ ボックス ([ツール]) の [変換] をクリックして、既存のフォーム テンプレートのデータ接続をデータ接続ファイルに変換することで作成されます。

データ接続ファイルを使用する方法には、以下のような長所があります。

  • 複数のフォームで同じデータ接続ファイルを使用できるので、フォーム テンプレートごとに同じデータ接続を最初から作成する必要がありません。

  • 外部データ ソースの場所または接続設定を変更する場合、各フォーム テンプレートではなくデータ接続ファイルを更新するだけで済みます。

  • データ接続ファイルには、ユーザーが Web ブラウザーを使ってフォームに入力するときに、サーバーが使用できる代替の認証情報を含めることができます。

  • ブラウザーに入力されるブラウザー互換フォーム テンプレートに基づくフォームは、データ接続ファイルを使うデータ接続でのみ、別ドメインのサーバーに接続できます。

Microsoft Office InfoPath は、ユニバーサル データ接続バージョン 2.0 ファイル形式に従うデータ接続ファイルを使用します。このバージョンは、Microsoft Office FrontPage と Microsoft Office Excel に使用されるバージョン 1.0 ファイル形式の上位セットです。InfoPath はバージョン 1.0 ファイル形式のデータ接続ファイルを使用できません。

データ接続ファイルの設定に基づくフォーム テンプレートを作成すると、Microsoft Office InfoPath では、データ接続ライブラリの設定に基づくデータ接続が作成されます。データ接続ファイルに、クエリ データ接続の設定が含まれている場合、クエリ フィールド、データ フィールド、グループを含むフォームのメイン データ ソースが作成されます。このグループは、データ接続ファイルの設定から参照される外部データ ソースにデータが格納される方法に対応しています。クエリ フィールドには、外部データ ソースがフォームに送信する内容を決定するために使用するデータが含まれます。クエリの結果はデータ フィールドに格納されます。ユーザーが外部データ ソースに対してクエリを実行できるように、InfoPath のフォーム テンプレートには [クエリの実行] ボタンがあります。

クエリ フィールドとデータ フィールドのデータ構造は、データが外部データ ソースに保存される方法と一致している必要があるので、メイン データ ソース内の既存のフィールドやグループを変更することはできません。メイン データ ソースのルート グループにフィールドまたはグループを追加することのみが可能です。

送信データ接続用の設定を使用する場合、InfoPath では、[標準] ツールバーの [送信] ボタン、およびこのフォーム テンプレートに基づくフォームの [ファイル] メニューの [送信] が有効になります。これで、ユーザーはフォーム内のデータを外部データ ソースに送信できます。

ページの先頭へ

始める前に

データ接続ライブラリの設定に基づいたフォーム テンプレートをデザインするためには、データ接続ライブラリ管理者またはデータ接続ファイルを作成した開発者から、次の情報を取得する必要があります。

  • 接続ライブラリを持った Office SharePoint Server 2007 サイトの場所。

  • データ接続ライブラリ内の、使用するデータ接続ファイルの名前。

ページの先頭へ

クエリ データ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインする

クエリ データ接続用の設定を持つデータ接続ファイルに基づくフォーム テンプレートをデザインするためには、以下の操作を行う必要があります。

  1. データ接続ファイルに基づくフォーム テンプレートをデザインします。    この手順では、データ接続ファイルの設定に基づく適切なフィールドとグループを持った、フォーム テンプレート用のメイン データ ソースが作成されます。

  2. クエリの実行結果を表示するコントロールをフォーム テンプレートに追加します。    メイン データ ソース内のフィールドとグループに保存されたデータをユーザーに表示するには、コントロールをフォーム テンプレートに追加し、そのコントロールをメイン データ ソース内のクエリ フィールドまたはデータ フィールドにバインドする必要があります。

手順 1: データ接続ファイルに基づくフォーム テンプレートをデザインする

  1. [ファイル] メニューで [フォーム テンプレートのデザイン] をクリックします。

  2. [フォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスの [新しくデザイン] で、[フォーム テンプレート] をクリックします。

  3. [種類] ボックスの一覧の [接続ライブラリ] をクリックします。

  4. ブラウザ互換のフォーム テンプレートをデザインしている場合は、[ブラウザ互換の機能のみを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

  5. [OK] をクリックします。

  6. データ接続ウィザードの [サイト] ボックスの一覧で、データ接続ライブラリが含まれている Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバーのサイト名をクリックします。

    サイトを一覧に追加します。

    1. [サイトの管理] をクリックします。

    2. [サイトの管理] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

    3. [URL] ボックスに、データ接続ライブラリの場所を入力します。

    4. [表示名] ボックスにデータ接続ライブラリの名前を入力します。この名前は、データ接続ウィザードの [サイト] 一覧に表示されます。

    5. [OK] をクリックします。

    6. [閉じる] をクリックします。

  7. データ接続ライブラリの名前をクリックしてデータ接続ファイルの一覧を表示し、このデータ接続に使用するデータ接続ファイルの名前をクリックします。次に、[次へ] をクリックします。

  8. Web サービスへの接続設定を持ったデータ接続ファイルを選択した場合は、ウィザードの次のページに、セカンダリ データ ソースに追加するフィールドまたはグループを判断するために、各パラメータにサンプルの値を指定するように求めるメッセージが表示されます。

    方法

    1. [パラメーター] テーブルのパラメーターを選び、[サンプル値の設定] をクリックします。

    2. [サンプル値] ボックスに、このフィールドにユーザーが使うような値を入力し、[OK] をクリックします。

    3. [パラメーター] テーブルのパラメーターごとにこれらの手順を繰り返し、[次へ] をクリックします。

    詳細な技術情報

    データ接続ウィザードで Web サービスに対するデータ接続を構成すると、Microsoft Office InfoPath は Web サービスに接続し、Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルを要求します。WSDL ファイルには、Web サービスに使用されるスキーマが含まれています。Web サービスは、このファイルを InfoPath に送信することで要求に応答します。InfoPath は、このファイルの情報を使い、適切なフィールドとグループをフォーム テンプレートのセカンダリ データ ソースに追加します。InfoPath は WSDL ファイルに不明な要素の種類を検出すると、サンプル データを使い、不明な要素の種類の定義を判断し、適切なフィールドとグループをセカンダリ データ ソースに追加します。

  9. 設定で参照される外部データ ソースが Microsoft ADO.NET DataSet を返す場合、ウィザードの次のページに、ユーザーがフォーム データを送信したときに変更情報を含めるかどうかをたずねるメッセージが表示されます。ほとんどの場合は、[データを送信するときに変更情報を含める] チェック ボックスをオンのままにし、[次へ] をクリックします。変更情報を含めない場合は、[データを送信するときに変更情報を含める] チェック ボックスをオフにして、[次へ] をクリックします。

    詳細な技術情報

    ウィザードのこのページは、設定が Web サービス用のものであり、Web サービスによって ADO.NET DataSet が返されることを WSDL (Web サービス記述言語) ファイルが示している場合に限り表示されます。

  10. ウィザードの次のページで、データ接続の名前を入力し、[完了] をクリックします。

手順 2: フィールド内のデータを表示するコントロールを追加する

  1. [コントロール] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[挿入] メニューの [コントロールの選択] をクリックするか、Alt キーを押しながら I キー、C キーの順に押します。

  2. コントロールをフォーム テンプレートにドラッグします。

  3. [コントロールのバインド] ダイアログ ボックスで、コントロールをバインドするフィールドを選択します。

ページの先頭へ

送信データ接続を使用するフォーム テンプレートをデザインする

データ接続ファイルに送信データ接続用の設定が含まれている場合、ユーザーがデータ接続を使用してフォーム データを送信できるようにフォーム テンプレートを構成できます。この操作を行うと、InfoPath では、[標準] ツールバーに [送信] ボタン、および [ファイル] メニューに [送信] が追加されます。[送信オプション] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー) で、フォームの送信オプションを構成できます。送信オプションを構成する方法は、データベースまたは Web サービスに基づくフォーム テンプレートをデザインする方法と同じです。データベースまたは Web サービスに基づくフォーム テンプレートのデザインの詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

  1. [ファイル] メニューで [フォーム テンプレートのデザイン] をクリックします。

  2. [新しくデザイン] の [フォーム テンプレートのデザイン] ダイアログ ボックスで、[フォーム テンプレート] をクリックします。

  3. [種類] ボックスの一覧の [接続ライブラリ] をクリックします。

  4. ブラウザ互換のフォーム テンプレートをデザインする場合は、[ブラウザ互換の機能のみを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

  5. [OK] をクリックします。

  6. データ接続ウィザードの [サイト] ボックスの一覧で、接続ライブラリが含まれている Office SharePoint Server 2007 を実行しているサーバーのサイト名をクリックします。

    サイトを一覧に追加します。

    1. [サイトの管理] をクリックします。

    2. [サイトの管理] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。

    3. [URL] ボックスに、データ接続ライブラリの場所を入力します。

    4. [表示名] ボックスにデータ接続ライブラリの名前を入力します。この名前は、データ接続ウィザードの [サイト] 一覧に表示されます。

    5. [OK] をクリックします。

    6. [閉じる] をクリックします。

  7. データ接続ライブラリの名前をクリックしてデータ接続ファイルの一覧を表示し、このデータ接続に使用するデータ接続ファイルの名前をクリックします。次に、[次へ] をクリックします。

  8. Web サービスへの接続設定を持ったデータ接続ファイルを選択した場合は、ウィザードの次のページに、セカンダリ データ ソースに追加する最善のフィールドまたはグループを判断するために、各パラメータにサンプルの値を指定するように求めるメッセージが表示されます。

    方法

    1. [パラメーター] テーブルのパラメーターを選び、[サンプル値の設定] をクリックします。

    2. [サンプル値] ボックスに、このフィールドにユーザーが使うような値を入力し、[OK] をクリックします。

    3. [パラメーター] テーブルのパラメーターごとにこれらの手順を繰り返し、[次へ] をクリックします。

    詳細な技術情報

    データ接続ウィザードで Web サービスに対するデータ接続を構成すると、Microsoft Office InfoPath は Web サービスに接続し、Web サービス記述言語 (WSDL) ファイルを要求します。WSDL ファイルには、Web サービスに使用されるスキーマが含まれています。Web サービスは、このファイルを InfoPath に送信することで要求に応答します。InfoPath は、このファイルの情報を使い、適切なフィールドとグループをフォーム テンプレートのセカンダリ データ ソースに追加します。InfoPath は WSDL ファイルに不明な要素の種類を検出すると、サンプル データを使い、不明な要素の種類の定義を判断し、適切なフィールドとグループをセカンダリ データ ソースに追加します。

  9. ウィザードの次のページに、データ接続を説明する名前を入力して、[完了] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×