データ接続を変更または削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ接続とは、Microsoft Office InfoPath フォームと、データベース、Web サービス、XML ファイル、Microsoft Windows SharePoint Services のドキュメント ライブラリまたはリストなどの、外部データ ソース間の接続のことです。データ接続はデータのクエリおよび送信に使用されます。フォーム テンプレートの外部データ ソースが変更された場合、フォーム テンプレートから対応するデータ接続を変更または削除する必要がある場合があります。

このトピックの内容

始める前に

データ接続を変更します。

データ接続を削除します。

始める前に

フォーム テンプレートのデータ接続を変更または削除することは、そのフォーム テンプレートに基づく新しいフォームまたは既存のフォームすべてのコントロールとデータ ソースに影響を及ぼします。データ接続を変更すると、InfoPath は、新しい外部データ ソースにデータが保存される方法に基づいて、新しいデータ ソースを作成します。新しい外部データ ソースが古い外部データ ソースとまったく同じ方法でデータを保存する場合は、フォーム テンプレートのデータ ソースは何も変わりません。フォーム テンプレートのすべてのコントロールがデータ ソース内の同じフィールドにバインドされます。ただし、新しい外部データ ソースが古い外部データ ソースとは異なる方法でデータを保存する場合は、InfoPath は新しいフィールドとグループを持った新しいデータ ソースを作成します。古いデータ ソース内のフィールドにバインドされていたフォーム テンプレートのコントロールは、新しいデータ ソース内のフィールドにはバインドされなくなります。これらの既存のコントロールを使用する場合は、これらのコントロールを新しいデータ ソース内の別のフィールドにバインドする必要があります。

フォーム テンプレートからはセカンダリ データ接続のみ削除することができます。フォーム テンプレートからメイン データ接続を削除することはできません。セカンダリ データ接続を削除すると、InfoPath はフォーム テンプレートから対応するセカンダリ データ ソースを削除します。削除したデータ ソースに関連付けられているコントロールは、フォーム テンプレートに残りますが、そのデータ ソース内のフィールドやグループにはバインドされなくなります。これらのコントロールを使用するには、次のいずれかの操作を行う必要があります。

  • バインドされていないコントロールをメイン データ ソースのフィールドやグループ、または既存の別のセカンダリ データ ソースにバインドします。

  • 新しいセカンダリ データ接続をフォーム テンプレートに追加し、バインドされていないコントロールを、その新しいセカンダリ データ ソース内のフィールドまたはグループにバインドします。

  • バインドされていないコントロールをフォーム テンプレートから削除します。

注: フォーム テンプレートでデータ接続を変更または削除すると、このフォーム テンプレートに基づく既存のフォームのデータが失われる場合があります。ユーザーが既存のフォームを開くと、InfoPath は新しいバージョンのフォーム テンプレートに対する発行済みの場所を確認します。最新のバージョンが存在する場合、InfoPath は最新バージョンのフォーム テンプレートを使用してフォームを表示します。ユーザーが古いバージョンのフォーム テンプレートのフィールドにバインドされていたコントロールにデータを入力したときに、データ接続が変更または削除されていると、そのフィールドはデータ ソースから削除されるので、ユーザーはデータ ソースから削除されたフィールドに保存したデータを失うことになります。

データ接続を変更または削除する前に、フォーム テンプレートに基づく既存のフォーム内のコントロールとデータ ソースに対する影響を検討してください。データ接続を変更または削除した後は、ユーザーが変更済みのフォーム テンプレートに基づくフォームに入力できるようにする前に、変更内容をテストしてください。

ページの先頭へ

データ接続を変更する

  1. [ツール] メニューの [データ接続] をクリックします。

  2. [このフォーム テンプレートのデータ接続] ボックスの一覧で、変更するデータ接続をクリックします。

  3. [変更] をクリックします。

    データ接続ウィザードが起動するので、表示される手順に従ってデータ接続を変更します。データ接続ウィザードの次のページに表示される内容は、変更するデータ接続の種類によって異なります。

  4. データ接続ウィザードの手順に従います。

    注: データ接続ウィザードを使用してフォームを特定の外部データ ソースに接続する方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

  5. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

データ接続を削除する

  1. [ツール] メニューの [データ接続] をクリックします。

  2. [このフォーム テンプレートのデータ接続] ボックスの一覧で、削除するデータ接続をクリックします。

  3. [削除] をクリックします。

    注: [削除] ボタンが使用できない場合は、フォーム テンプレートのメイン データ接続が選択されています。フォーム テンプレートのメイン データ接続は削除できません。

  4. [Microsoft Office InfoPath] ダイアログ ボックスの [はい] をクリックします。

  5. 変更内容をテストするには、[標準] ツール バーの [プレビュー] をクリックするか、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×