データ接続の概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データ接続は、Microsoft Office InfoPath フォームと保存またはそのフォームのデータを提供する外部データ ソースの間に動的なリンクです。データ ソースを定義し、フォームのデータを格納するフィールドとグループのコレクションです。コントロールでは、フィールドとデータ ソース内のグループにバインドされ、ユーザーへのデータを表示します。

フォームが、メインのデータ接続と呼ばれる、1 つのプライマリ データ接続を設定して、1 つまたは複数のセカンダリ データ接続を必要に応じて、します。フォームの目標をによってデータ接続はクエリ、フォーム データを Microsoft SQL Server データベースや Web サービスなどの外部データ ソースを送信します。

この記事の内容

データ接続の概要

メイン データ接続を操作します。

セカンダリ データ接続を操作します。

オフラインで使用するデータを保存します。

外部データ ソースへの接続に関する考慮事項

データ接続の概要

データ接続は、動的なフォームと保存またはそのフォームのデータを提供しているデータ ソースのリンクです。フォームが、メインのデータ接続と呼ばれる、1 つのプライマリ データ接続を設定して、1 つまたは複数のセカンダリ データ接続を必要に応じて、します。メイン データ接続は、フォームのメインのデータ ソースを定義します。XML スキーマには、フォームのメインのデータ ソースでデータを保存する方法について説明します。フォームのメイン データへの接続を 1 つだけが発生することがあると、外部データ ソースを基にしたフォーム テンプレートを作成するときに自動的に作成されます。フォーム テンプレートをデザインする際に必要な分だけのセカンダリ データ接続を作成することができます。

フォームの目標をによっては、Microsoft SQL Server データベースや Web サービスなど、外部データ ソースへのメインまたはセカンダリ データ接続を作成できます。外部データ ソースは、データ ストアにデータを送信またはフォーム テンプレートに基づくフォームからデータを受信することができます。InfoPath では、次の外部データ ソースで動作します。

  • Microsoft Office Access データベース

  • Microsoft SQL Server データベース

  • Web サービス

  • Microsoft Windows SharePoint Services を実行しているサーバー上のドキュメント ライブラリまたはリスト

  • XML ファイル

3 種類の外部データ ソースへのデータ接続を作成することができます: データのクエリのデータのみを送信のみ、または両方のクエリし、データを送信します。クエリのデータ接続は、データ ソースからデータを受信し、フォームで、そのデータを格納します。送信データ接続は、Microsoft Windows SharePoint Services を実行しているサーバーまたは電子メール メッセージ内のドキュメント ライブラリに、Web サーバー上のアプリケーションに、データ ソースにフォームからデータを送信します。クエリし、データ接続両方からデータを受信し、データをデータ ソースに送信を送信します。データ接続を作成するときに、目的のデータ接続の種類を指定します。たとえばは、次のいずれかのデータ接続を作成できます。

  • データベースからデータをクエリします。

  • フォーム データを電子メールで送信します。

  • フォーム データを Web サーバー上のアプリケーションに送信します。

  • フォーム データ XmlFormView コントロールを使用するカスタム アプリケーションを送信します。

  • クエリを実行または c#、Microsoft Visual Basic .NET、または Microsoft JScript などの独自のプログラミング コードを使用してデータを送信します。

  • Microsoft Office SharePoint Server 2007を実行するサーバー上のデータ接続ライブラリに格納されている接続設定を使用します。

  • クエリを実行または Microsoft 業者または BizTalk Server 2006 ヒューマン ワークフロー サービスにデータを送信します。

使用する接続の種類は、フォームとフォームを接続する外部データ ソースの種類の目的によって異なります。

クエリのデータ接続

クエリのデータ接続は、外部データ ソースからデータを取得し、フォームのメインまたはセカンダリ データ ソース内のフィールドにそのデータを格納します。[フォームで、そのデータを表示するには、そのフィールドにバインドコントロールできます。次の方法では、クエリのデータ接続を作成できます。

  • データベース、Web サービス、または接続ライブラリに格納されている設定に基づくフォーム テンプレートをデザインします。外部データ ソースの構造は、[フォームのメインのデータ ソースを定義します。

  • 既存のフォーム テンプレートを変更するには、データベース、Web サービス、SharePoint リストまたはライブラリ、または XML ファイルのクエリを実行するセカンダリ データ接続を追加します。

データベース、Web サービス、または接続ライブラリの設定に基づく新しいフォーム テンプレートをデザインする際に、フォーム テンプレートに基づくフォームのメイン データ接続になるクエリ データ接続を作成します。フォーム テンプレートのメイン データ接続としては、1 つだけクエリ データ接続を定義できます。他のデータ ソースから、データのクエリに必要な場合は、これらのデータ ソースからセカンダリ データ接続クエリ データを作成できます。この記事の後半のセカンダリ データ接続の詳細を学習します。

フォーム テンプレートにデータのクエリを実行するためのセカンダリ データ接続を追加するときに指定できます InfoPath はたびのデータ接続を使う必要があるユーザーがフォームを開くかどうか、または特定のイベントが発生したときになどをクリックすると、フォームのユーザーの入力とはオプションの一覧を表示する] ボタン。特定のイベントが発生したときに、データ接続を使用するには、次のいずれかを使用します。

  • フォーム内のデータを更新するボタン コントロールを挿入します。

  • フォームのデータ接続と条件を使用するためのルールが存在するかを追加します。

  • 特定のイベント用のカスタム コードを記述します。

データ接続を送信します。

フォームを送信すると、外部データ ソースへの送信データ接続をそのフォームのデータが送信されます。ユーザーが、次の種類の外部データ ソースにデータを送信できるようにするのには、そのフォーム テンプレートを構成できます。

  • Microsoft Office Access データベース

  • Microsoft SQL Server データベース

  • Web サービス

次の方法でデータを送信するセカンダリ データ接続を追加することもできます。

  • Microsoft Windows SharePoint Services を実行しているサーバー上のドキュメント ライブラリにフォーム データを送信します。

  • 電子メール メッセージ内のフォーム データを送信します。

  • Web サーバー上のアプリケーションにフォーム データを送信します。

次の方法では、送信データ接続を作成します。

  • データベース、Web サービス、またはOffice SharePoint Server 2007を実行しているサーバーで接続ライブラリに格納されている設定に基づく新しいフォーム テンプレートをデザインします。外部データ ソースの構造は、[フォームのメインのデータ ソースを定義します。

  • セカンダリ データ接続を追加して既存のフォーム テンプレートを変更し、次に、このセカンダリ データ接続を介してフォームを送信するためのフォーム テンプレートを構成します。

    ヒント: Office Access または SQL Server データベースに基づくフォーム テンプレートをデザインする際にデータベースは、特定の要件を満たしている場合、InfoPath がその送信データ接続を自動的に構成します。「参照」セクションの詳細については、このような要件へのリンクを検索します。ユーザーが入力したを送信する場合は、送信機能を無効にすることもできますフォームの別の種類を使用してデータ接続を送信します。

ほとんどの場合は 1 つ設定したメイン フォーム テンプレートのアクションを送信するときに、データ接続を送信します。ただし、ユーザーは、ルールまたはカスタム コードを使用して複数の場所に完成したフォームを送信できるように、フォーム テンプレートをデザインできます。たとえば、ユーザーが Web サービスへの他に、電子メール メッセージが完成したフォームを送信できるようにするのにフォーム テンプレートを構成することができます。一般的に、すべてのフォームのデータを送信するフォーム テンプレートを構成します。ただし、カスタム コードを使用してフォームのデータを送信する、または Web サービスにデータを送信するフォームを許可するフォーム テンプレートを構成して、フォームのデータの一部を送信することができます。

クエリし、データ接続を送信します。

データベースや Web サービスに基づくフォーム テンプレートをデザインする際にからデータを取得してデータベースや Web サービスにデータを送信できるデータ接続を作成できます。データベースに基づくフォーム テンプレートをデザインする場合、データ接続を取得したり、データを送信できます。ただし、このフォーム テンプレートに基づくフォームで、データベースにデータを送信するには、次の要件を満たす必要があります。

  • ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインしていません。

  • すべてのテーブルにメイン データ接続は、主キー、一意の制約、または固有インデックスに含める必要があります。

  • 単純な階層のリレーションシップをすべてのクエリにテーブルが必要です。

  • 大きなバイナリ データ型をフォームのメインのデータ ソースのデータ フィールドのいずれも保存できます。

この記事の後半で外部データ ソースへの接続に関する考慮事項でこれらの要件の詳細を学びます。

データの取得元または Web サービスにデータを送信できるデータ接続がクエリのデータ接続と送信データ接続のと同じように結合を 1 つのデータ接続。

ページの先頭へ

メイン データ接続を操作します。

メイン データ接続は、フォームのメインのデータ ソースへの接続を確立します。XML スキーマ構造をフォームのメインのデータ ソースのデータを保存する方法を説明します。データ ソースをデザインするには、[データ ソース] 作業ウィンドウを使用して、または、InfoPath フォーム テンプレートにコントロールを追加すると、自動的にデータ ソースを作成することができます。メイン データ ソースの構造を定義する、外部データ ソースを基にフォーム テンプレートをデザインすることもできます。フォーム テンプレートには、メイン データ接続を 1 つだけを持つことができます。

メイン データ接続は、外部データ ソースに接続する場合は、メインのデータ接続を使用する方法、接続するデータ ソースの種類によって異なります。

データベース   データベースに基づくフォーム テンプレートをデザインする際に、クエリを実行し、必要に応じてそのデータベースにデータを送信するメイン データ接続が作成されます。InfoPath を使用した場合のみ、フォームに入力されるデータベースは、[外部データ ソースへの接続に関する考慮事項] セクションに記載されている要件を満たしている場合は、InfoPath を自動的に送信データ接続を作成およびフォームの構成ユーザーがフォームを送信できるようにするテンプレートです。ブラウザーを使って、フォームに入力するが場合、InfoPath はデータベースへの送信データ接続を作成できません。データベースにデータを送信するデータ接続は、ブラウザー互換フォーム テンプレートではサポートされません。

ヒント: ブラウザーを使って、フォームに入力は、データベースにデータを送信する場合は、これを行うフォームをデータベースにデータを送信する Web サービスに接続します。

Web サービス   Web サービスを基にフォーム テンプレートをデザインする際に、両方クエリしデータを送信する、データのクエリのみまたはのみを送信するデータ メイン データ接続を作成することができます。データを送信する場合は、InfoPath フォームを送信するためのフォーム テンプレートを自動的に構成します。フォーム データの一部またはすべてのフォーム データを送信するかどうかを指定できます。一部のデータを送信すると、だけの場合は、特定グループのどのフィールドには、Web サービスの要件に応じて、送信するデータが含まれてを指定できます。

データベースや Web サービスを基にフォーム テンプレートをデザインする際に、クエリ フィールド、データ フィールド、およびデータベースまたは Web サービスのデータが保存されていることに対応するグループのメインのデータ ソースが作成されます。クエリのフィールドには、クエリでクエリのデータ接続を使用してデータベースからデータを取得するために使用する値が含まれています。データのフィールドは、ユーザーがフォームを開いたときに編集するのには、クエリの結果が入ります。ユーザーがフォームを送信するときに、送信データ接続を使用してデータ フィールドのデータが送信されます。外部データ ソースのデータを格納する方法は、フィールドとメインのデータ ソース内のグループが一致しているために、これらのフィールドおよびグループを変更することはできません。ただし、メインのデータ ソースのルート フィールドにフィールドまたはグループを追加することができます。

表示、選択、編集、またはデータ フィールドのデータを送信するユーザーを有効にするには、チェック ボックス、テキスト ボックスなどのコントロールをフォーム内のフィールドにバインドできます。クエリを実行し、ユーザーは選択肢として選択できるその他の値を表示する場合は、クエリのフィールドにコントロールをリスト ボックスなどバインドできます。ユーザーをリストから値を選択する場合は、コントロールをリスト ボックスなどのデータ フィールドにバインドし、メインのデータ ソースの繰り返しフィールド、セカンダリ データ ソースからの値を表示するコントロールのプロパティを設定できます。

ページの先頭へ

セカンダリ データ接続を操作します。

セカンダリ データ接続は、フォームを外部データ ソースに接続します。セカンダリ データ接続は、クエリまたはメイン データ接続での外部データ ソース以外の外部データ ソースのフォーム データを送信する必要がある場合、または複数の外部データ ソースにデータを送信する場合に役立ちます。必要な分だけのセカンダリ データ接続を作成することができます。

セカンダリ データ接続は、クエリまたは、次の種類の外部データ ソースにデータを送信できます。

  • Office Access データベース

  • SQL Server データベース

  • Web サービス

  • Windows SharePoint Services を実行しているサーバー上のドキュメント ライブラリまたはリスト

  • XML ファイル

セカンダリ データ接続を使用しても、Windows SharePoint Services を実行しているサーバーまたは電子メール メッセージでのドキュメント ライブラリに、Web サーバー上のアプリケーションにフォーム データを送信するユーザーを有効にできます。

データのクエリを実行するセカンダリ データ接続を作成する場合は、既定でフォームを使用してこのデータ接続フォームを開くときにします。次のように、フォーム テンプレートを構成することでこのデータ接続を使用することもできます。

  • クエリを送信するユーザーがクリックして、フォーム テンプレートに、[更新] ボタンを追加します。

  • このデータ接続を使用してデータ ソースのクエリをフォーム テンプレートには、ルールを追加します。

  • クエリを送信するフォーム テンプレートには、ユーザー設定コードを追加します。

フォームにセカンダリ データ接続を追加するときに外部データ ソースのデータを保存する方法と一致するデータ フィールドとグループのセカンダリ データ ソースを自動的に作成します。これにより、データの整合性を維持できます。フィールドとセカンダリ データ ソース内のグループを変更することはできません。

ページの先頭へ

オフラインで使用するデータを保存します。

外部データ ソースからセカンダリ データ接続をそのクエリのデータを追加すると、ユーザーのコンピューターに、クエリの結果を格納する接続を構成することができます。これにより、ユーザーは、自分のコンピューターがネットワークに接続していない場合は、フォームに入力できます。オフラインで作業して呼び出されます。

この方法でセカンダリ データ接続を構成する場合は、ユーザーのコンピューターがネットワークに接続されているときに、外部データ ソースにクエリが送信されます。クエリの結果は、[フォームのセカンダリ データ ソースの保存されているし、ユーザーがフォームに入力するときに、フォームに表示されます。データが、ユーザーが、新しいクエリを実行するたびにキャッシュ、最新の状態の日付にできるだけできるようにします。

保存されているデータが指定されたクエリの該当するかどうかを決定するときに、InfoPath はクエリ パラメーターを考慮します。データ接続を作成するとできますフォームで、既定の保存されているデータのセットを表示するかどうか場合に、データ ソースは使用できません。クエリのデータがすべてのユーザーまたはフォームには、各ユーザーに固有のデータを表示するかどうかに該当するかどうかを検討してください。たとえば場合は、クエリによって返されたデータは、ユーザーの id またはロールに基づいて、既定のクエリの結果を使用するのではなく、デザイン時に構成されているデータのセットを使用する可能性がありますそのユーザーのデータが正しくないです。

ページの先頭へ

外部データ ソースへの接続に関する考慮事項

InfoPath では、次の種類の外部データ ソースへのデータ接続がサポートしています。

  • Office Access データベース

  • SQL Server データベース

  • Web サービス

  • Microsoft Windows SharePoint Services を実行しているサーバー上のドキュメント ライブラリまたはリスト

  • XML ファイル

次のセクションでは、情報、およびそれぞれの外部データ ソースへの接続に関する考慮事項を説明します。

Microsoft Office Access または SQL Server データベース

InfoPath では、Access データベースと SQL Server データベースへのデータ接続をサポートします。他の種類のデータベースに接続するには、そのデータベースと連携する Web サービスを使用することができます。

フォームをメインか、セカンダリ データ接続を使用してデータベースからデータ クエリを実行できの接続のデータベースのテーブルの任意の数を選択することができます。選択した最初のテーブルは、主テーブルです。選択した後で任意のテーブルには、プライマリ テーブルに関連するフィールドを含める必要があります。InfoPath では、そのリレーションシップを設定するには、2 つのテーブルのフィールド名と一致するしようとしています。このリレーションシップを使用して、データ接続を作成するときに、独自のテーブルのリレーションシップを追加することができます。

フォームはことができますが、フォームの基にしたフォーム テンプレートとデータベースは、次の要件を満たしている場合フォームのメイン データ接続を使用してデータベースにデータを送信します。

  • フォーム テンプレートにはブラウザー互換フォーム テンプレートではなく   ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインする場合は、InfoPath はメイン データ接続のない送信データ接続を作成します。ブラウザー互換フォーム テンプレートに基づくフォームのデータを送信するユーザーを許可するには、データベースと連携する Web サービスを使用します。

  • メインのデータ ソース内の関連テーブルのペアごとの左側のテーブルには、主キーが含まれています。   左側のテーブルから主キーを 1 つ以上の関連テーブルのペアごとの参照関係の必要があります。

  • フォーム ストア大きいバイナリ データ型の主なデータ ソース内のデータ フィールドの [なし]   クエリには、画像、画像、OLE オブジェクト、添付ファイル、Office Access メモ データ型、または SQL データ型など、大きなバイナリ データ型に格納できるフィールドが含まれている場合は、InfoPath が送信データ接続を無効になります。

フォーム テンプレートとデータベースは、すべてのこれらの要件を満たしている場合、InfoPath は送信データ接続を作成し、フォームを送信するためのフォーム テンプレートを構成します。ユーザーが別のデータ接続を使用してフォーム データを送信する場合は、メインのデータ接続の送信データ接続を無効にできます。

データベースを基にしたフォーム テンプレートをデザインする際に、クエリのフィールドとデータベースにデータを保存する方法に一致するデータ フィールドを含むメイン データ ソースが作成されます。InfoPath では、フォーム テンプレートの既定のビューにクエリの実行し、新規レコードのボタンも追加されます。ユーザーは、クエリの実行] をクリックすると、クエリ フィールドのデータがあるクエリがデータベースに送信されます。新しいレコード] ボタンは、現在フォームにデータをすべてクリアし、データ フィールドの既定値にデータ フィールドにバインドされているコントロールを設定します。ユーザーは、データベースにデータを送信するときにデータ フィールドのデータへの変更は、データベース内の対応するレコードを変更します。ユーザーは、データ フィールドからデータを削除した場合は、対応するレコードが、データベースから削除されます。最後に、データ フィールドに追加されたすべてのデータは、対応するフィールドを更新またはデータベースに対応するレコードを追加します。

フォームをデータベースに接続する場合は、フォームのメイン データ接続は既に作成されて、データベースのクエリを実行するためのセカンダリ データ接続を追加できます。セカンダリ データ接続を追加すると、クエリ フィールド、データ フィールド、およびデータベースのテーブルのフィールドが一致するグループを持つセカンダリ データ ソースが作成されます。複数のデータベース テーブルを選択し、メイン データ接続のと同様に、テーブルのリレーションシップを確立することができます。

クエリのデータがセカンダリ データ接続を作成するときにクエリを送信するには、ユーザーがフォームを開くたびに、接続を構成することができますか、クエリを送信するのには、次のいずれかを行うことができます。

  • データ接続からデータを更新するユーザーをクリックするボタンを追加します。

  • データ接続を使用してクエリを送信するルールを作成します。

  • 実行時にクエリを送信するユーザー設定コードを記述します。

Web サービス

フォームでは、クエリを実行したり、メインまたはセカンダリ データ接続経由で Web サービスにデータを送信することができます。InfoPath では、Web サービスへの接続の次の標準に準拠します。

  • 簡易オブジェクト アクセス プロトコル (SOAP)   SOAP とは、Web サービスとの通信に使われる XML メッセージを定義する通信プロトコルです。

  • Web サービスの記述言語 (WSDL)   WSDL は、場所、通信プロトコル、および Web サービス インターフェイスを記述するための XML スキーマ標準です。InfoPath では、ドキュメント リテラル スタイル Web サービスのみを使用できます。

  • どこからでも説明検出/(UDDI) の統合   UDDI は、企業から提供される Web サービスについて説明するディレクトリ サービスです。

新しい Web サービスを基にしたフォーム テンプレートをデザインする際に、InfoPath は Web サービスへのメインのデータ接続を作成し、クエリ フィールド、データ フィールド、および Web サービスの XML スキーマに一致するグループを含むメイン データ ソースを作成します。

同じ Web サービスで他の操作を使用するフォーム テンプレートを構成する、または完全に別の Web サービスを使用する、フォーム テンプレートにセカンダリ データ接続を追加することができます。クエリのデータがセカンダリ データ接続を追加すると、Web サービスのスキーマと一致するフィールドとグループのセカンダリ データ ソースが作成されます。データを送信するためのセカンダリ データ接続を追加する場合に、Web サービスの係数の値に応じて、フォームのすべての送信への接続またはデータの一部のみを構成できます。

Web サービスにメインまたはセカンダリ データ接続を作成すると、接続にデータのクエリのみし、データのみ、または両方のクエリを送信して、データを送信するかどうかを指定できます。データ接続のクエリ、フォーム テンプレートにクエリの実行] ボタンが追加されます。ユーザーは、クエリの実行] をクリックすると、クエリ フィールドのデータがあるクエリが Web サービスに送信されます。接続では、データを送信する場合は、InfoPath フォームの送信機能を有効にします。データの送信接続を構成すると、InfoPath は Web サービスで必要なデータを決定します。その情報に基づいて、指定できますフォームのフィールド テンプレートは、Web サービスにデータを送信する必要があります。

ドキュメント ライブラリまたは SharePoint サイト上のリスト

フォームには、ドキュメント ライブラリまたは Windows SharePoint Services を実行するサーバー上のリストへのセカンダリ データ接続を使用してデータを照会できます。フォームには、サーバー上のドキュメント ライブラリにデータを送信できます。メインのデータ接続を使用してリストをライブラリに接続することはできません。

ドキュメント ライブラリまたはリストからセカンダリ データ接続をそのデータのクエリを作成する場合は、ドキュメント ライブラリまたはリスト内の列に一致するフォームのセカンダリ データ ソースが作成されます。

フォーム テンプレートの送信機能を有効にして、データを関連付ける必要がありますドキュメント ライブラリにデータを送信するセカンダリ データ接続を作成し、必要に応じてこの送信データ接続をメイン フォーム テンプレートのアクションを送信する場合送信オプション] ダイアログ ボックス ([ツール] メニューのオプションの送信] コマンド) を使用して接続します。既定では、送信データ接続をすべてのフォームのデータが送信されます。データの一部のみを送信する場合は、これを行うフォーム テンプレートのユーザー設定コードを記述します。

XML ファイル

フォームには、XML ファイルへのセカンダリ データ接続を使用してデータを照会できます。たとえば、Microsoft Office Excel のワークシートを XML ファイルとして保存でき、クエリ、フォームで、そのファイルからのデータを表示して、セカンダリ データ接続を使用できます。セカンダリ データ接続に使えるクエリのデータを XML ファイルから Microsoft ASP.NET アプリケーション、一般的なゲートウェイ インターフェイス (CGI) スクリプトを使用するアプリケーションなど、XML を返す Web サーバー上のアプリケーションからデータを取得するために、インターネット サーバー アプリケーション プログラミング インターフェイス (ISAPI)。

Web サーバー上のアプリケーション

ASP.NET アプリケーション、CGI スクリプト、ISAPI を使用するアプリケーションなど、Web サーバー上のアプリケーションにデータを送信するセカンダリ データ接続を作成することができます。Web サーバー上のアプリケーションにデータを送信するには、フォーム データを送信し、送信オプション] ダイアログ ボックス (でWeb サーバー (HTTP)を選択して、データ接続の送信オプションを構成するためのフォーム テンプレートを構成する必要があります。ツール] メニュー、オプションの送信] コマンド)。

注: フォームには、1 つのデータ接続を Web サーバー上のアプリケーションのデータを送信することができます。Web サーバー上のアプリケーションにデータを送信するルールを使用するフォームを許可するフォーム テンプレートを構成することはできません。

データ接続ライブラリ内の接続設定

複数のフォームでは、同じまたは類似したデータ接続を使用している場合は、 Office SharePoint Server 2007を実行しているサーバー上のデータ接続ライブラリのデータ接続ファイルの各データ接続の設定を保存する検討してください。データ接続ファイルは、1 つの外部データ ソースの接続情報が含まれているし、ファイル名拡張子が入ったを XML ファイルです。ユーザーは、データ接続ファイルに接続するフォームが開いたら、InfoPath 設定を使用して、そのファイルに、外部データ ソースに接続します。データ接続ファイルを使用する利点は次のとおりです。

  • 複数のフォームは、同じデータ接続ファイルを使用して、ので、同じデータ接続をフォームごとに最初から作成する必要はありません。

  • 外部データ ソースの場所または接続設定を変更する場合は、データ接続ファイルのみ、個々 のフォーム テンプレートを更新する必要があります。

  • データ接続ファイルには、ブラウザーを使って、ユーザーがフォームに入力するときに、サーバーで使用できる代替の認証情報を含めることができます。

  • フォームに入力するフォームのデータ接続のすべてのデータ接続ファイルを使用している場合、完全信頼のセキュリティ レベルせずにブラウザーは別のドメインのコンピューターに接続できます。

フォームのデータ接続ファイルに接続するには、 Office SharePoint Server 2007を実行しているサーバー上のデータ接続ライブラリにファイルを保存し、ユニバーサル データ接続 (UDC) バージョン 2.0 ファイル形式に従う必要があります。

注: UDC 2.0 ファイル形式は、バージョン 1.0 形式は、Microsoft Office で使用されるのです。InfoPath では、バージョン 1.0 形式でのデータ接続ファイルを使用できません。「参照」セクションの詳細については、データ接続ライブラリとデータ接続ファイルへリンクを検索します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×