データ接続の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ接続とは、Microsoft InfoPath フォームと、そのフォームの外部 (SharePoint サーバー、Web サービス、データベースなど) に保存されるデータとの間でデータを送受信するために使用される動的なリンクです。たとえば、製品のリストを含む注文フォームでは、製品名の静的なリストをフォームに保存することもできますが、その場合は、製品が追加されたり削除されたりするたびにフォームの製品リストを更新しなければなりません。

フォームが常に最新の状態に保たれるようにするには、製品情報をフォームの外部で保存および管理し、ユーザーがフォームの入力を行うときにその情報をフォームに追加するためのデータ接続を作成します。このようにデータ接続を使用して製品情報を取得すると、その情報を 1 か所に保存して、そこに複数のフォームをリンクすることができます。また、ユーザーがフォームの入力を行うときに常に最新の情報が使用されることが保証されます。

データ接続は、データの受信だけでなく送信にも使用できます。ユーザーは、フォームの入力が完了したら、そのフォームを送信する必要があります。フォームに送信データ接続を追加すると、フォーム データの送信先を指定できます。たとえば、フォームをドキュメントとして SharePoint ドキュメント ライブラリに送信したり、電子メール メッセージで送信したりすることができます。

内容

外部データと地域

外部データ接続の種類

データ接続を送信します。

データ接続が表示されます。

オフラインで使用するデータを保存します。

外部データのソースでのフォーム

ローカル データと外部データ

すべての InfoPath フォームでは、ユーザーが入力したデータが保存されます。データは、コントロールを使用してユーザーに表示されます。ユーザーがフォームを送信すると、フォームのローカル データが 1 つ以上の外部の場所に送信されます。

フォームの外部にあるデータのクエリを実行したり、ユーザーがデータを複数の場所に送信できるようにしたりする場合は、データ接続を使用できます。作成できるデータ接続の数に制限はありません。

データのクエリを実行するデータ接続を作成した場合、既定では、フォームが開くと、このデータ接続のクエリが実行されます。フォームを次のように構成して、このデータ接続を使用することもできます。

  • ユーザーが外部データのクエリを実行するためにクリックする更新ボタンを追加する

  • このデータ接続を使用して外部データのクエリを実行する規則を追加する

  • その他のイベントに基づいて外部データのクエリを実行するカスタム コードを追加する

ページの先頭へ

外部データ接続の種類

送信データ接続または受信データ接続を作成して、フォームの外部にあるデータ ソースとデータを交換できます。

送信データ接続

SharePoint リストまたはデータベースに基づくフォームをユーザーが送信すると、そのリストまたはデータベースが、ユーザーがフォームを送信するときに加えた変更で更新されます。ユーザーがデータを別の場所に送信できるようにフォームを構成することもできます。使用できる外部データの場所を以下に示します。

  • Web サービス

  • SharePoint サイトのドキュメント ライブラリ

  • 電子メール メッセージ

  • ホスティング環境 (ASP.NET ページ、ホストするアプリケーションなど)

フォームは、1 つの送信データ接続を使用して送信するのが一般的ですが、規則やカスタム コードを使用して複数の場所に送信することもできます。たとえば、フォームを Web サービスに送信すると同時に電子メール メッセージで送信することもできます。また、通常は、すべてのデータを送信するようにフォームを構成しますが、カスタム コードを使用してフォーム データを送信したり、データを Web サービスに送信するようにフォームを構成したりする場合は、フォーム データの一部のみを送信することもできます。

受信データ接続

受信データ接続では、フォームのフィールドに設定するデータを外部ソースから取得できます。それらのフィールドにコントロールをバインドすると、外部ソースのデータをフォームに表示できます。たとえば、受信データ接続はドロップダウン リスト ボックスを設定するためによく使用されます。使用できるソースを以下に示します。

  • SOAP Web サービス

  • REST Web サービス

  • SharePoint ライブラリまたはリスト

  • データベース (Microsoft SQL Server のみ)

  • XML ドキュメント

ページの先頭へ

オフラインで使用するデータを保存する

ユーザーがネットワークに接続していないときにも InfoPath フォームの入力を行えるようにすることができます。これはオフラインの作業と呼ばれます。そのためには、データのクエリを実行するデータ接続を追加して、クエリの結果をユーザーのコンピューターに保存するように構成します。これにより、コンピューターがオフラインの場合にもユーザーがフォームの入力を行えるようになります。

このようにデータ接続を構成すると、クエリは、ユーザーがフォームへの入力を行っている間、ユーザーのコンピューターがネットワークに接続されているときに、データ接続を通じて送信されます。クエリの結果はユーザーのハード ディスクのフォームに保存され、ユーザーがフォームに入力するときに表示されます。データは、できるだけ最新の状態に保つため、ユーザーが新しいクエリを実行するごとにキャッシュされます。

データ接続の作成時に、外部データ接続が利用できない場合に既定の保存済みデータ セットをフォームに表示するかどうかを選択できます。クエリのデータがすべてのユーザーに適しているか、またはユーザー固有のデータをフォームに表示するかを検討する必要があります。たとえば、クエリで返されたデータがユーザーの ID またはロールに基づいている場合、クエリ結果を使用する代わりにデザイン時に構成された既定のデータ セットを使用すると、そのユーザーのデータが正しくないことがあります。

ページの先頭へ

外部ソースのデータに基づくフォームを使用する

SharePoint リスト、データベース、または Web サービスを使用して、受信データ接続に基づくフォーム テンプレートをデザインすることができます。この場合、外部データ リポジトリのフィールドやグループに対応するフィールドやグループがローカルのフォームに作成されます。つまり、フォームに外部データを読み込むときにデータの整合性の問題が起こらないように、外部データのデータ構造のローカル ミラーが作成されます。

重要: データベースまたは Web サービスからのフィールドに基づくフォームのローカル フィールドを変更することはできません。この制限は、データの整合性を確保するのに役立ちます。ただし、マイフィールド] グループで、フォームにフィールドまたはグループを追加することができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×