データ型図形

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データ型 データ型図形アイコン は、UML メタモデルで定義されているデータ型メタクラスのインスタンスです。データ型では、クラス属性のタイプを宣言しています。型が文字列として使用するモデルの他の要素の属性を定義するときに含めることができます。

たとえば、お金のタイプを宣言するのにはデータ型を使用することができます。次に、価格を追加することができます: クラス属性としてお金という注文します。UML モデル図では、Microsoft Office Visio テンプレート一般的なデータ型を含む C++、VB、IDL、c# と独自のデータ型を追加することができます。

データ型の図形の名前を指定し、その他のプロパティの値を追加します。

ツリー ビューまたは図面内の要素を表す図形内の要素を表すアイコンをダブルクリックすると、要素のUML プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。

ヒント

コントロールのプロパティに表示される値を図で図形を図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックします。UML 図形の表示オプション] ダイアログ ボックスをオンまたはオフにしてオプションのプロパティの値を表示または非表示にします。

データ型の図形の [操作] セクションを非表示にします。

図形を右クリックして、図形の表示オプション] をクリックし、[非表示操作を選択します。

プロパティ値は、データ型の図形に表示されます。

図形を右クリックして図形の表示オプション] をクリックし、選択や値の表示と非表示のオプションをオフにします。

データ型の他のビューに移動します。

図形を右クリックし、ビュー] をクリックし、[ OK] をクリックし、目的のビューを選択します。

データ型とその他の要素間の関係をビューに表示します。

図形を右クリックし、[関係を表示する] をクリックします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×