データ収集メッセージを再送信する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

既存のデータ収集電子メール メッセージを他のユーザーにも送りたい場合、または、送信したメッセージが届かなかったユーザーがいる場合、そのメッセージを再送信する必要があります。この場合、メッセージの転送は機能しません。

  1. 元のメッセージが含まれるデータベースを開きます。

  2. 外部データ] タブの [データの収集] で、[返信の管理] をクリックします。 ボタン イメージ

  3. [データ収集メッセージの管理] ダイアログ ボックスで、再送信するメッセージをクリックします。

    [データ収集メッセージの管理] ダイアログ ボックス

  4. [この電子メール メッセージを再送信] をクリックします。

    再送信] ボタンは利用できません (淡色表示) の場合

    このボタンが選択不可の場合、メッセージの設定を Outlook と同期します。

    [メッセージの詳細] の下の警告ボックスをクリックして設定を同期します。処理に成功すると、"同期が完了しました。" と表示されます。エラー メッセージが表示された場合は、ダイアログ ボックスを一度閉じてから再び開いてみます。

  5. Access は、登録先のテーブルやクエリが存在しているか、また、それらにフォーム フィールドがすべて含まれているかを検証するなど、特定のチェックを行います。チェックが問題なく終了すると、返信をどのように処理するかを指定するウィザードが開始されます。チェックに問題があった場合は、メッセージの再送信が必要であることを示すメッセージが表示されます。

  6. ウィザードを続ける前に、元のメッセージとは違う設定を指定することが可能です。また、他のユーザーにそのメッセージを送信することもできます。アドレスの指定を求めるメッセージが表示されたら、次のいずれかの操作を行います。

    • 電子メール アドレスをマニュアルで指定する (このオプションは新規レコードを追加するためにデータ収集を行っている場合のみ使用可能です)。

    • 別の電子メール アドレス フィールドを選択する。

    • 同じ電子メール アドレス フィールドを選択する。ただし、最後のステップで使用するアドレスのみを選択する必要があります。

      ウィザードの手順について、電子メール メッセージを使用してデータを収集する記事の「データを処理する方法を指定する」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×