データ入力やデザイン変更を元に戻すまたはやり直す

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Access では、最新の入力やデザイン アクションを 20 回まで元に戻したり、やり直したりすることができます。アクションを元に戻すには、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します アクションをやり直すには、Ctrl キーを押しながら Y キーを押します。

元に戻す機能とやり直し機能により、1 つ以上の入力アクションを削除したり繰り返したりすることができますが、すべてのアクションは操作した順番で元に戻すまたはやり直す必要があります。アクションをスキップすることはできません。たとえば、レコード内の 3 つのフィールドの値を変更し、最初に行った変更を元に戻すには、3 つの変更をすべて元に戻す必要があります。

同様に、レポートにコントロールを追加したり、クエリ フィールドに並べ替え順序を追加したりするなど、データベース オブジェクトに行うほとんどのデザイン上の変更を元に戻すことができます。デザインの変更は、順序どおり元に戻す必要があります。

この記事の内容

データ入力を元に戻す

デザインの変更内容を元に戻す

取り消した操作をもう一度行う

作業が失われないようにする

データ入力を元に戻す

  • 最新のデータ入力を元に戻すには、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。

  • 複数のアクションを元に戻すには、次のいずれかの操作を行います。

    • クイック アクセス ツール バーの ボタンの画像 (元に戻す - 入力) の横の矢印をクリックし、元に戻すアクションを選択します。

      選択したすべての入力アクションが実行されたときと逆の順序で取り消されます。ただし、元に戻すことができるアクションは最新のアクションから始まり、発生した順番でのみアクションを元に戻すことができます。たとえば、2 番目に入力した変更だけを元に戻すことはできません。2 番目の入力変更を元に戻すには、それに先行するアクションも元に戻すである必要があります。

    • クイック アクセス ツール バーにアクセスできない場合は (モーダル フォームを使用しているためなど)、元に戻そうとしているアクションが元に戻るまで Ctrl キーを押しながら Z キーを繰り返し押します。

重要: [ファイル] タブのコマンドをクリックしたなど、一部のアクションは元に戻すことはできません。アクションを元に戻すことができない場合、[元に戻す - 入力] コマンドが [元に戻せません] に変化します。

ページの先頭へ

デザインの変更内容を元に戻す

データ入力を元に戻す方法と同じ方法でデータベース オブジェクトへのデザイン変更を元に戻すことができます。

  • 最新のデザインの変更を元に戻すには、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。

  • 複数のアクションを元に戻すには、次のいずれかの操作を行います。

    • 元に戻そうとしているアクションが元に戻るまで Ctrl キーを押しながら Z キーを繰り返し押します。

    • クイック アクセス ツール バーの ボタンの画像 (元に戻す) の横の矢印をクリックし、元に戻すアクションを選択します。

      選択したすべての入力アクションが実行されたときと逆の順序で取り消されます。ただし、元に戻すことができるアクションは最新のアクションから始まり、発生した順番でのみアクションを元に戻すことができます。たとえば、2 番目に入力した変更だけを元に戻すことはできません。2 番目の入力変更を元に戻すには、それに先行するアクションも元に戻すである必要があります。

重要: [ファイル] タブのコマンドをクリックしたなど、一部のアクションは元に戻すことはできません。アクションを元に戻すことができない場合、[元に戻す] コマンドが [元に戻せません] に変化します。

ページの先頭へ

取り消した操作をもう一度行う

  • 元に戻した直前のアクションをやり直すには、Ctrl キーを押しながら Y キーを押します。

  • 複数のアクションをやり直すには、次のいずれかの操作を行います。

    • アクションがやり直しされるまで、Ctrl キーを押しながら Y キーを繰り返し押します。

    • クイック アクセス ツール バーの ボタンの画像 (やり直し) の横の矢印をクリックし、やり直すアクションを選択します。

      アクションは一覧に表示されている順番にやり直します。発生した順番でのみアクションをやり直すことができます。たとえば、元に戻した 2 番目のアクションのみをやり直すことはできません。2 番目のアクションをやり直すには、それに先行する操作もやり直す必要があります。

重要: [元に戻す] コマンドと [やり直し] コマンドを使用できない場合、それまでの操作を繰り返すことはできません。

ページの先頭へ

作業が失われないようにする

元に戻すは本当に急場をしのぐことができますが、作業の定期的な保存に代わるものはありません。バックアップと復元を使用して、またはアプリケーション パーツ (テンプレートの一種) を使用して、エラーやクラッシュなどによる作業の損失を防ぐことができます。

バックアップと復元

メジャー設計リビジョンで作業を開始する前に、データベースのバックアップを作成します。次に、一連のデザインを変更し、それらすべてを元に戻すことができない場合、バックアップから必要なだけ復元できます。詳細については、「バックアップと復元によってデータを保護する」を参照してください。

アプリケーション パーツ

ほとんどまたはすべてのデータベースで使用する標準コンポーネントがある場合、アプリケーション パーツを作成することを検討してください。アプリケーション パーツは、既存のデータベースに追加することのでき一種のテンプレートで、1 つ以上のデータベース オブジェクトで構成されます。データはある場合、ない場合があります。

アプリケーション パーツを追加した後は、必要に応じて変更できます。デザインで間違いを犯した場合、または単に行った変更に満足しない場合は、更したオブジェクトを削除し、アプリケーション パーツをもう一度追加できます。詳細については、「データベースのデザイン要素を保存して再利用する」を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×