データベース モデル (エンティティ関係図とも呼ぶ) を作成する

データベース モデル (エンティティ関係図とも呼ぶ) を作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データベース モデル図テンプレートを使用することができますモデルを作成する新しいを使って、リレーショナル モデルへのリバース エンジニア リング既存のデータベースまたはオブジェクト リレーショナル モデリング概念します。データベースの SQL92 と以前の基準に基づいてエンティティ関係ステンシルを使用します。SQL99 と後の基準に基づいてモデル データベースへの種類を操作するための他の図形には、オブジェクト リレーショナル] ステンシルを使用します。

データベース モデルの例

データベース モデル図テンプレートを使用することができますモデルを作成する新しいを使って、リレーショナル モデルへのリバース エンジニア リング既存のデータベースまたはオブジェクト リレーショナル モデリング概念します。データベースの SQL92 と以前の基準に基づいてエンティティ関係ステンシルを使用します。SQL99 と後の基準に基づいてモデル データベースへの種類を操作するための他の図形には、オブジェクト リレーショナル] ステンシルを使用します。

この記事では、データベース モデルを作成する方法と、何ができる、モデルを作成したについて説明します。

データベース モデルの機能が見つかりませんか。

Microsoft Visio のすべてのエディションでは、データベース モデル機能を持ちます。この記事の手順で説明する機能が見つからない場合は、最も可能性が高いである場合に含まれていない Visio のエディションします。

  • Microsoft Visio の標準には、データベース モデル図テンプレートは含まれません。

  • Microsoft Visio Professional、Premium エディション (を Visio でモデルを作成するのには、既存のデータベースを使用して、)、データベース モデル図テンプレートのリバース エンジニア リングの機能のサポートは (つまり、Visio を使用して、転送エンジニア リングはサポートされていませんデータベース モデル SQL コードを生成する)。

  1. データベース モデル図を開始するには、次のいずれかの操作を行います。

    ゼロから、新しいモデル図を作成します。

    出発点として使用する既存のデータベースを持っていない場合は、空のデータベース モデルを開始して、独自のテーブルとのリレーションシップを追加します。

    1. [ファイル] タブをクリックします。

    2. [新規作成] をクリックして、[ソフトウェアおよびデータベース] をクリックし、[データベース モデル図をダブルクリックします。

    3. [データベース] タブの [管理] グループで、表示オプション] をクリックします。

    4. データベースのドキュメントのオプション] ダイアログ ボックスで、[記号と特殊文字セットを使用してその他のテーブルとリレーションシップのオプションを選択し、[し、[ OK] をクリックします。

    開始点として既存のデータベースを使用します。

    モデルを改善について理解するか、新しいモデルの出発点として使用するデータベースを使っている場合は、スキーマ、またはデータベースの構造を抽出し、新しいモデルを構築するリバース エンジニア リング ウィザードを使用することができます。

    ウィザードを開始する前に。

    1. 逆にする場合は、ウィザードを開始する前に、Microsoft Excel ブックをエンジニア リングする必要がブックを開き、列見出しが含まれるセルのグループ (または範囲) の名前を付けます。1 つ以上のワークシートを使用する場合は、各ワークシートの列のセルのグループを名だけです。これらの範囲は、ウィザードではテーブルとして扱われます。セルの範囲の名前を付ける方法の詳細については、セル参照またはセル範囲の名前を定義する」というタイトルの Excel のヘルプのトピックを参照してください。

    2. 最適な結果を得るには、通常のドライバーをリバース エンジニア リングをリバース エンジニア リング ウィザードを実行する前にする対象のデータベースに設定します。この手順は、ウィザードが正しくネイティブ データ型をマップして、ウィザードによって抽出されたすべてのコードがコード ウィンドウで、正しく表示されるようにします。

    3. [ファイル] タブをクリックします。

    4. [新規作成] をクリックして、[ソフトウェアおよびデータベース] をクリックし、[データベース モデル図をダブルクリックします。

    5. [データベース] タブの [モデル] で[リバース エンジニア リング] をクリックします。

    6. リバース エンジニアリング ウィザードの最初の画面で、次の操作を行います。

      1. データベースの管理システム (データベース管理システム) のデータベース ドライバーを選択します。特定の ODBC データ ソースと Visio データベース ドライバーを関連付けてがない場合は、設定をクリックします。

        注: Excel ワークシートをリバース エンジニアリングしている場合、ODBC 汎用ドライバーを選択します。

      2. 更新しているデータベースのデータ ソースを選択します。既存のデータベースのデータ ソースを作成していない場合は、ここでは、新規をクリックします。

        新しいソースを作成すると、その名前が [データ ソース] リストに追加されます。

      3. 設定に問題がなければ、[次へ] をクリックします。

    7. すべてのドライバー固有のダイアログ ボックスの指示に従います。

      たとえば、データ ソースの接続] ダイアログ ボックスでは、ユーザー名とパスワードを入力し、[し、[ OK] をクリックします。

      注: 汎用 ODBC ドライバーを使用している場合、リバース エンジニア リング情報が完全である可能性を示すエラー メッセージが表示される可能性があります。ほとんどの場合、この問題はありません: だけ[ok]をクリックし、ウィザードを続行します。

    8. 抽出する情報の種類を選択し (チェック ボックスにチェックを入れる)、[次へ] をクリックします。

      注: 一部のアイテムが利用できない場合があります (淡色表示) すべてのデータベースの管理システムのウィザードが抽出できる要素のすべての種類をサポートするためです。

    9. 抽出するテーブル (とビュー) のチェック ボックスを選択するか、すべて抽出する場合は [すべて選択] をクリックし、[次へ] をクリックします。

      注: リバース エンジニア リングの Excel ワークシートが、この一覧に何も表示されない、し、ワークシート内の列見出しが含まれるセルの範囲に名前を付ける必要があることを可能性があります。

    10. ストアド プロシージャ] チェック ボックスをオンにする場合、データを抽出する手順を選択するか[すべて選択]を展開する] をクリックしてすべて]、[次へ] をクリックします。

    11. リバース エンジニア リングされたアイテムを現在のページに自動的に追加するかどうかを選択します。

      注: ウィザードが自動的に作成する、図面をさらにテーブルとビューのウィンドウでリバース エンジニア リングされたアイテムを表示することができます。図面を自動的に作成しない場合は、テーブルとビュー] ウィンドウからデータベース モデルを手動で作成、図面ページにアイテムをドラッグできます。

    12. 選択し、[完了] をクリックして、目的の情報を抽出することを確認します。

      ウィザードは選択した情報を抽出し、抽出プロセスに関する注意を [出力] ウィンドウに表示します。

    インポートして、既存のモデルを調整します。

    既存の VisioModeler またはプラチナ ERwin モデルを使っている場合は、Visio データベース モデル図を作成するのには、インポートすることができます。この機能は、VisioModeler 2.0 またはそれ以降辞書モデル (*.imd) ファイルとプラチナ ERwin 2.6、3.0、および 3.52 などです .erx ファイルだけに限定されます。

    1. [ファイル] タブをクリックします。

    2. [新規作成] をクリックして、[ソフトウェアおよびデータベース] をクリックし、[データベース モデル図をダブルクリックします。

    3. データベース] タブの [モデル] で、[インポート] をクリックし、[モデルの種類] をクリックします。

    4. インポート、またはモデル ファイルを検索するには、[参照] をクリックするモデルのパスとファイルの名前を入力し、[開く] をクリックします。

    5. [インポート] ダイアログ ボックスでは、[ OKを] をクリックします。

      Visio では、ファイルをインポートし、出力ウィンドウに、その進捗を表示します。テーブルとビューのウィンドウで、インポートされたテーブルが表示されます。

    6. テーブルとビューのウィンドウで、モデル、するテーブルを選択し、図面ページにドラッグします。

  2. データベース モデル図を作成した後、図面を絞り込むの作業を開始します。追加してテーブルとビューをカスタマイズすると、リレーションシップを作成するか、および列とデータ型をカスタマイズすることができます。

    テーブル

    図面でテーブルを作成するのにには、エンティティ] 図形を使用します。

    1. エンティティ関係] または [オブジェクト リレーショナル] ステンシルから、エンティティ] 図形を図面にドラッグします。

    2. 図形をダブルクリックして、データベースのプロパティ] ウィンドウを開きます。

    3. [カテゴリ] の [定義] をクリックし、[テーブルの名前を入力します。

    4. [カテゴリ] の [] をクリックし、[名前を入力データ型を選択します。

    5. Null 値を持つことができない列の場合は、[必須では] チェック ボックスを選択します。

    6. データベースのテーブル内の各行を一意に識別する列のチェック ボックスを主キー (主キー) を選択します。

    7. [カテゴリ] で、インデックストリガー確認、または拡張これらのオプションの要素を作成するのにをクリックします。

    追加またはデータ型と主キーを含む列のプロパティを変更するには、データベースのプロパティウィンドウを使用します。

    1. 図面内のテーブルをダブルクリックします。

    2. データベースのプロパティウィンドウで、[カテゴリ] の [] をクリックします。

    3. 最初の空の物理名セルをクリックし、[名前を入力します。

    4. 列のデータ型を変更するには、列のデータ型] フィールドをクリックして、[リストからデータ型を選択か、一覧に入力します。たとえば、 decimal(8,2)またはchar (30)を入力できます。

    5. Null 値を防ぐためには、必須にする] チェック ボックスを選択します。

    6. 列が主キーを指定するには、主キーのチェック ボックスを選択します。

    7. [] カテゴリをクリックしたときに表示されるほか、その他の列プロパティを表示するには、列を選択し、[編集] をクリックします。

    リレーションシップ

    リレーションシップでは、主キーと外部キーを使用して、関連テーブル内の行を 1 つのテーブルの行に一致するデータベースを許可します。図面には、これらの関係を表示できます。さらに、その基数 (たとえば、1 対多) を設定して、クロウズ フット、リレーショナル、または idef1x 表記法を使用カーディナリティ表記法。データベース モデル図テンプレートには、これらを指数形式のいずれかの多対多のリレーションシップを表示することはできません。

    1. テーブル間のリレーションシップを作成します。

      1. 両方のテーブルが図面に表示されていることを確認します。リバース エンジニア リング モデルを既存のデータベースから] の場合は、いずれかまたは両方のテーブルとビューのウィンドウから図面ページにドラッグする必要があります。

      2. リレーションシップの主キー側のテーブルをダブルクリックします。

      3. データベースのプロパティウィンドウで、[カテゴリ] の [] をクリックします。

      4. グリッドで、使用、テーブル内の各行を一意に識別列をクリックし、[主キーとして設定するには、[主キー ] チェック ボックスを選択します。

      5. オブジェクト リレーショナル] または [エンティティ関係図] ステンシルから、図形をドラッグし、ページ上の空白の領域にドロップします。

      6. 上端を親テーブルとテーブルに接続します。

      7. その他の端を子テーブルに接続します。

        2 番目のテーブル、主キーと同じ名前の列に含まれていない、モデル追加 2 番目のテーブルに外部キーとしてされます。

        注: タブのデータベースのリレーションシップ ラインが表示されない場合は、[管理] グループで、表示オプションをクリックします。[リレーションシップ] タブの [表示]、[リレーションシップ] チェック ボックスを選択します。

    2. リレーションシップのカーディナリティを設定します。

      1. リレーションシップをダブルクリックします。

      2. データベースのプロパティウィンドウで、[カテゴリ] の [その他] をクリックします。

      3. [基数リレーションシップに最も適したカーディナリティを選択します。一対多のリレーションシップの最適な選択肢は0 以上1 つまたは複数です。一対一リレーションシップに最適ですが0 または 1が 1 つだけです。

  3. (インデックス、チェック句、およびトリガーを作成する) などの図にその他の修正するには、次の操作を行います。

    インデックスを作成します。

    インデックスは、パフォーマンス、またはクエリを実行するときに、データベースの速度を向上します。

    1. データベース モデル図を開きます。

    2. インデックスを追加するテーブルをダブルクリックし、[データベースのプロパティウィンドウで、[分類] リストで、[インデックス] をクリックします。

    3. [新規作成] をクリックします。

    4. インデックスの作成] ダイアログ ボックスでは、インデックスの名前を入力し、[ OK] をクリックします。

    5. インデックスの種類] ボックスの一覧で一意であるか、または非固有インデックスを作成するオプションを選択します。

    6. 使用可能な列] ボックスの一覧で、インデックスに追加し、をクリックする各列の名前を選択追加 >します。

    7. 列のインデックス付きのリストで、昇順の並べ替え順序のインデックスを作成するのには、[昇順] チェック ボックスをオンまたは降順の並べ替え順序のインデックスを作成する] チェック ボックスをオフにします。

      データベース モデル図が更新されます。

    ビューを作成する

    ビューの保存済みクエリと考えることができます。ビューは、繰り返し複数のテーブルから同じ情報にアクセスする必要がある場合、または実際のテーブルを変更できないようにして、ユーザーにデータを公開する場合は、特に便利です。

    エンティティ関係図またはオブジェクト リレーショナル] ステンシルから図面ページに、[ビュー ] 図形をドラッグします。

    テーブルとビューの拡張されたプロパティを設定します。

    によっては、データベース管理システム (データベース管理システム) が保存されている場所を決定するテーブルまたはビューの拡張されたプロパティを設定することができます。

    テーブルをダブルクリックするのには、目的の拡張されたプロパティの表示や、データベースのプロパティウィンドウで、 [分類] ボックスの [拡張] をクリックします。

    チェック句を作成します。

    特定の値の範囲内の列に入力されたデータがあることを確認するのにには、チェック句を使用します。たとえば、65 以上にするには、「年齢」と呼ばれる列のデータが必要なチェック句を作成できます。

    1. テーブルをダブルクリックして、データベースのプロパティ] ウィンドウを開きます。

    2. [カテゴリ] の [] をクリックし、チェック句を追加する列をクリックします。

    3. [編集] をクリックします。

    4. [チェック] タブの [列のプロパティ] ダイアログ ボックスの目的の制約を入力します。

      チェック句は、[ローカル コードのコード ウィンドウに追加されます。

    ストアド プロシージャおよびユーザー定義関数を作成します。

    繰り返し同じ操作を実行して再利用できるコードのパケットを作成するのには、ストアド プロシージャおよびユーザー定義関数を使用します。2 つの主な違いがユーザー定義関数が値を返すストアド プロシージャでは、値を返すにコードを実行します。

    1. [データベース] タブの [表示/非表示] グループで、コードウィンドウを開く [コード] チェック ボックスを選択します。

    2. グローバル コード] をクリックし、[新規作成] をクリックします。

    3. コード エディターの [プロパティ] タブで、作成するコードの種類をクリックし、[コードの名前を入力します。

    4. [本文] タブのコードを入力し、[ OK] をクリックします。

    トリガーを作成します。

    トリガーは、データベースの特定のイベントが発生したときに実行するトリガーに指定した SQL コードです。

    1. テーブルをダブルクリックして、データベースのプロパティ] ウィンドウを開きます。

    2. [カテゴリ] の [トリガー] をクリックし、[追加] をクリックします。

    3. [プロパティ] タブのトリガーの名前を入力します。

    4. [本文] タブのコードを入力し、[ OK] をクリックします。

      トリガーは、[ローカル コードのコード ウィンドウに追加されます。

この記事では、データベース モデルを作成する方法と、何ができる、モデルを作成したについて説明します。[ファイル] メニューのクイック スタート]、[新規作成およびソフトウェアおよびデータベース] をポイントデータベース モデル図] をクリックします。

データベース モデルの機能が見つかりませんか。

ほとんどの場合のエディション Microsoft Office Visio にはには、探している機能が含まれていません。Visio のエディションがあるかを検索するには、[ヘルプ] メニューについては、Microsoft Office Visioをクリックします。エディションの名前が] ダイアログ ボックスのテキストの上部にある行であります。

  • Microsoft Office Visio Standard にはデータベース モデル図テンプレートがありません。

  • Microsoft Office Visio Professional (を Visio でモデルを作成するのには、既存のデータベースを使用して、)、データベース モデル図テンプレートのリバース エンジニア リングの機能をサポートしていますが、転送エンジニア リング (Visio データベースを使用して、サポートされていませんモデル SQL コードを生成する)。

  • Visio for Enterprise Architects の場合、完全なデータベース モデリング機能をご利用いただけます。リバース エンジニアリングとフォワード エンジニアリングの両方が含まれています。Visio for Enterprise Architects は MSDN Premium Subscription に含まれています。このサブスクリプションは Visual Studio Professional エディションと Visual Studio Team System ロールベース エディションでご利用いただけます。

  1. データベース モデル図を開始するには、次のいずれかの操作を行います。

    ゼロから、新しいモデル図を作成します。

    出発点として使用する既存のデータベースを持っていない場合は、空のデータベース モデルを開始して、独自のテーブルとのリレーションシップを追加します。

    1. [ファイル] メニューで、[新規作成] をポイントし、[ソフトウェアとデータベース] をポイントし、[データベース モデル図] をクリックします。

    2. データベース] メニューで、[オプション] をポイントし、[ドキュメント] をクリックします。

    3. データベースのドキュメントのオプション] ダイアログ ボックスで、[記号と特殊文字セットを使用してその他のテーブルとリレーションシップのオプションを選択し、[し、[ OK] をクリックします。

    開始点として既存のデータベースを使用します。

    モデルを改善について理解するか、新しいモデルの出発点として使用するデータベースを使っている場合は、スキーマ、またはデータベースの構造を抽出し、新しいモデルを構築するリバース エンジニア リング ウィザードを使用することができます。

    注: ウィザードを開始する前に。

    1. 逆にする場合は、ウィザードを開始する前に、Microsoft Office Excel ブックをエンジニア リングする必要がブックを開き、列見出しが含まれるセルのグループ (または範囲) の名前を付けます。1 つ以上のワークシートを使用する場合は、各ワークシートの列のセルのグループを名だけです。これらの範囲は、ウィザードではテーブルとして扱われます。セルの範囲の名前を付ける方法の詳細については、タイトル付きのセル参照またはセル範囲の名前を定義するため、Microsoft Office Excel でのトピックを参照してください。

    2. 最適な結果を得るには、通常のドライバーをリバース エンジニア リングをリバース エンジニア リング ウィザードを実行する前にする対象のデータベースに設定します。この手順は、ウィザードが正しくネイティブ データ型をマップして、ウィザードによって抽出されたすべてのコードがコード ウィンドウで、正しく表示されるようにします。

    3. [ファイル] メニューで、[新規作成] をポイントし、[ソフトウェアとデータベース] をポイントし、[データベース モデル図] をクリックします。

    4. [データベース] メニューで、[リバース エンジニアリング] をクリックします。

    5. リバース エンジニアリング ウィザードの最初の画面で、次の操作を行います。

      1. データベースの管理システム (データベース管理システム) の Microsoft Office Visio データベース ドライバーを選択します。特定の ODBC データ ソースと Visio データベース ドライバーを関連付けてがない場合は、設定をクリックします。

        注: Excel ワークシートをリバース エンジニアリングしている場合、ODBC 汎用ドライバーを選択します。

      2. 更新しているデータベースのデータ ソースを選択します。既存のデータベースのデータ ソースを作成していない場合は、ここでは、新規をクリックします。

        新しいソースを作成すると、その名前が [データ ソース] リストに追加されます。

      3. 設定に問題がなければ、[次へ] をクリックします。

    6. すべてのドライバー固有のダイアログ ボックスの指示に従います。

      たとえば、データ ソースの接続] ダイアログ ボックスでは、ユーザー名とパスワードを入力し、[し、[ OK] をクリックします。データ ソースがパスワードで保護されていない場合は、 [ok]をクリックします。

      注: 汎用 ODBC ドライバーを使用している場合、リバース エンジニア リング情報が完全である可能性を示すエラー メッセージが表示される可能性があります。ほとんどの場合、この問題はありません: だけ[ok]をクリックし、ウィザードを続行します。

    7. 抽出する情報の種類を選択し (チェック ボックスにチェックを入れる)、[次へ] をクリックします。

      注: 一部のアイテムが利用できない場合があります (淡色表示) すべてのデータベースの管理システムのウィザードが抽出できる要素のすべての種類をサポートするためです。

    8. 抽出するテーブル (とビュー) のチェック ボックスを選択するか、すべて抽出する場合は [すべて選択] をクリックし、[次へ] をクリックします。

      注: リバース エンジニア リングの Excel ワークシートが、この一覧に何も表示されない、し、ワークシート内の列見出しが含まれるセルの範囲に名前を付ける必要があることを可能性があります。

    9. 手順 5 で [ストアド プロシージャ] チェック ボックスを選択した場合、抽出するプロシージャを選択するか、すべて抽出する場合は [すべて選択] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    10. リバース エンジニア リングされたアイテムを現在のページに自動的に追加するかどうかを選択します。

      注: ウィザードが自動的に作成する、図面をさらにテーブルとビューのウィンドウでリバース エンジニア リングされたアイテムを表示することができます。図面を自動的に作成しない場合は、テーブルとビュー] ウィンドウからデータベース モデルを手動で作成、図面ページにアイテムをドラッグできます。

    11. 選択し、[完了] をクリックして、目的の情報を抽出することを確認します。

      ウィザードは選択した情報を抽出し、抽出プロセスに関する注意を [出力] ウィンドウに表示します。

    インポートして、既存のモデルを調整します。

    既存の VisioModeler またはプラチナ ERwin モデルを使っている場合は、Visio データベース モデル図を作成するのには、インポートすることができます。この機能は、VisioModeler 2.0 またはそれ以降辞書モデル (*.imd) ファイルとプラチナ ERwin 2.6、3.0、および 3.52 などです .erx ファイルだけに限定されます。

    1. [ファイル] メニューで、[新規作成] をポイントし、[ソフトウェアとデータベース] をポイントし、[データベース モデル図] をクリックします。

    2. データベース] メニューで、[インポート] をポイントし、[ < モデルのタイプ > のインポート] をクリックします。

    3. インポート、またはモデル ファイルを検索するには、[参照] をクリックするモデルのパスとファイルの名前を入力し、[開く] をクリックします。

    4. [インポート] ダイアログ ボックスでは、[ OKを] をクリックします。

      Visio では、ファイルをインポートし、出力ウィンドウに、その進捗を表示します。テーブルとビューのウィンドウで、インポートされたテーブルが表示されます。

    5. テーブルとビューのウィンドウで、モデル、するテーブルを選択し、図面ページにドラッグします。

  2. データベース モデル図を作成した後、図面を絞り込むの作業を開始します。追加してテーブルとビューをカスタマイズすると、リレーションシップを作成するか、および列とデータ型をカスタマイズすることができます。

    テーブル

    図面でテーブルを作成するのにには、エンティティ] 図形を使用します。

    1. エンティティ関係] または [オブジェクト リレーショナル] ステンシルから、エンティティ] 図形を図面にドラッグします。

    2. 図形をダブルクリックして、データベースのプロパティ] ウィンドウを開きます。

    3. [カテゴリ] の [定義] をクリックし、[テーブルの名前を入力します。

    4. [カテゴリ] の [] をクリックし、[名前を入力データ型を選択します。

    5. Null 値を持つことができない列の場合は、[必須では] チェック ボックスを選択します。

    6. データベースのテーブル内の各行を一意に識別する列のチェック ボックスを主キー (主キー) を選択します。

    7. [カテゴリ] で、インデックストリガー確認、または拡張これらのオプションの要素を作成するのにをクリックします。

    追加またはデータ型と主キーを含む列のプロパティを変更するには、データベースのプロパティ ウィンドウを使用します。

    1. 図面内のテーブルをダブルクリックします。

    2. データベースのプロパティ ウィンドウで、[カテゴリ] の [] をクリックします。

    3. 最初の空の実際の名前をクリックして、セルし、名前を入力します。

    4. 列のデータ型を変更するには、列のデータ型] フィールドをクリックして、[リストからデータ型を選択か、一覧に入力します。たとえば、 decimal(8,2)またはchar (30)を入力できます。

    5. Null 値を防ぐためには、必須にする] チェック ボックスを選択します。

    6. 列が主キーを指定するには、主キーのチェック ボックスを選択します。

    7. [] カテゴリをクリックしたときに表示されるほか、その他の列プロパティを表示するには、列を選択し、[編集] をクリックします。

    リレーションシップ

    リレーションシップでは、主キーと外部キーを使用して、関連テーブル内の行を 1 つのテーブルの行に一致するデータベースを許可します。図面には、これらの関係を表示できます。さらに、その基数 (たとえば、1 対多) を設定して、クロウズ フット、リレーショナル、または idef1x 表記法を使用カーディナリティ表記法。データベース モデル図テンプレートには、これらを指数形式のいずれかの多対多のリレーションシップを表示することはできません。

    1. テーブル間のリレーションシップを作成します。

      1. 両方のテーブルが図面に表示されていることを確認します。リバース エンジニア リング モデルを既存のデータベースから] の場合は、いずれかまたは両方のテーブルとビューのウィンドウから図面ページにドラッグする必要があります。

      2. リレーションシップの主キー側のテーブルをダブルクリックします。

      3. データベースのプロパティ ウィンドウで、[カテゴリ] の [] をクリックします。

      4. グリッドで、使用、テーブル内の各行を一意に識別列をクリックし、[主キーとして設定するには、[主キー ] チェック ボックスを選択します。

      5. オブジェクト リレーショナル] または [エンティティ関係図] ステンシルから、図形をドラッグし、ページ上の空白の領域にドロップします。

      6. 上端を親テーブルとテーブルに接続します。

      7. その他の端を子テーブルに接続します。

        2 番目のテーブル、主キーと同じ名前の列に含まれていない、モデル追加 2 番目のテーブルに外部キーとしてされます。

        注: データベース] メニューの関係を示す線が表示されない場合は、オプション] をポイントし、[ドキュメント] をクリックします。[リレーションシップ] タブの [表示]、[リレーションシップ] チェック ボックスを選択します。

    2. リレーションシップのカーディナリティを設定します。

      1. リレーションシップをダブルクリックします。

      2. データベースのプロパティ ウィンドウで、[カテゴリ] の [その他] をクリックします。

      3. [基数リレーションシップに最も適したカーディナリティを選択します。一対多のリレーションシップの最適な選択肢は0 以上1 つまたは複数です。一対一リレーションシップに最適ですが0 または 1が 1 つだけです。

  3. (インデックス、チェック句、およびトリガーを作成する) などの図にその他の修正するには、次の操作を行います。

    インデックスを作成します。

    インデックスは、パフォーマンス、またはクエリを実行するときに、データベースの速度を向上します。

    1. データベース モデル図を開きます。

    2. インデックスを追加するテーブルをダブルクリックし、[データベースのプロパティ ウィンドウで、[分類] リストで、[インデックス] をクリックします。

    3. [新規作成] をクリックします。

    4. インデックスの作成] ダイアログ ボックスでは、インデックスの名前を入力し、[ OK] をクリックします。

    5. インデックスの種類] ボックスの一覧で一意であるか、または非固有インデックスを作成するオプションを選択します。

    6. 使用可能な列] ボックスの一覧で、インデックスに追加し、をクリックする各列の名前を選択追加 >します。

    7. 列のインデックス付きのリストで、昇順の並べ替え順序のインデックスを作成するのには、[昇順] チェック ボックスをオンまたは降順の並べ替え順序のインデックスを作成する] チェック ボックスをオフにします。

      データベース モデル図が更新されます。

    ビューを作成する

    ビューの保存済みクエリと考えることができます。ビューは、繰り返し複数のテーブルから同じ情報にアクセスする必要がある場合、または実際のテーブルを変更できないようにして、ユーザーにデータを公開する場合は、特に便利です。

    エンティティ関係図またはオブジェクト リレーショナル] ステンシルから図面ページに、[ビュー ] 図形をドラッグします。

    テーブルとビューの拡張されたプロパティを設定します。

    によっては、データベース管理システム (データベース管理システム) が保存されている場所を決定するテーブルまたはビューの拡張されたプロパティを設定することができます。

    テーブルをダブルクリックするのには、目的の拡張されたプロパティの表示や、データベースのプロパティ ウィンドウで、 [分類] ボックスの [拡張] をクリックします。

    チェック句を作成します。

    特定の値の範囲内の列に入力されたデータがあることを確認するのにには、チェック句を使用します。たとえば、65 以上にするには、「年齢」と呼ばれる列のデータが必要なチェック句を作成できます。

    1. テーブルをダブルクリックして、データベースのプロパティ] ウィンドウを開きます。

    2. [カテゴリ] の [] をクリックし、チェック句を追加する列をクリックします。

    3. [編集] をクリックします。

    4. [チェック] タブの [列のプロパティ] ダイアログ ボックスの目的の制約を入力します。選択した内容の詳細については、列とフィールド プロパティ] ダイアログ ボックス ([チェック] タブ)を参照してください。

      チェック句は、[ローカル コードのコード ウィンドウに追加されます。

    ストアド プロシージャおよびユーザー定義関数を作成します。

    繰り返し同じ操作を実行して再利用できるコードのパケットを作成するのには、ストアド プロシージャおよびユーザー定義関数を使用します。2 つの主な違いがユーザー定義関数が値を返すストアド プロシージャでは、値を返すにコードを実行します。

    1. [データベース] メニューで、ビューをポイントし、コードをコード ウィンドウを開く] をクリックします。

    2. グローバル コード] をクリックし、[新規作成] をクリックします。

    3. コード エディターの [プロパティ] タブで、作成するコードの種類をクリックし、[コードの名前を入力します。

    4. [本文] タブのコードを入力し、[ OK] をクリックします。

    トリガーを作成します。

    トリガーは、データベースの特定のイベントが発生したときに実行するトリガーに指定した SQL コードです。

    1. テーブルをダブルクリックして、データベースのプロパティ] ウィンドウを開きます。

    2. [カテゴリ] の [トリガー] をクリックし、[追加] をクリックします。

    3. [プロパティ] タブのトリガーの名前を入力します。

    4. [本文] タブのコードを入力し、[ OK] をクリックします。

      トリガーは、[ローカル コードのコード ウィンドウに追加されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×