データベース モデル図にテーブルと列を追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データベース モデル図のテーブルは、テーブル名、カラム名、主キー、データ型など、データベースに含まれるテーブルの構造を表します。[データベース モデル図] テンプレートを使用すると、新しいテーブルの作成や既存のテーブルの変更、既存のデータベースからのテーブルのリバース エンジニアリングを行うことができます。

データベース モデリング機能が見つかりませんか。

使用しているエディションの Microsoft Office Visio には、お探しの機能が含まれていないことが考えられます。Visio のエディションを確認するには、[ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックします。エディション名がダイアログ ボックスの一番上の行に表示されます。

Microsoft Office Visio Standard には、データベース モデル図テンプレートはありません。

Microsoft Office Visio Professional は、データベース モデル図テンプレートのリバース エンジニアリング機能 (既存のデータベースを使用して Visio のモデルを作成すること) はサポートしていますが、フォワード エンジニアリング (Visio データベース モデルを使用して SQL コードを生成すること) はサポートしていません。

注: リバース エンジニアリングおよびフォワード エンジニアリングを含む完全なデータベース モデリング機能は、Visio for Enterprise Architects に搭載されています。Visio for Enterprise Architects は、Visual Studio Professional および Visual Studio Team System の業務別各エディションで提供される MSDN プレミアム サブスクリプションのもとで提供されています。

目的に合ったトピックをクリックしてください

データベース モデル図でテーブルを作成します。

テーブルに列を追加します。

主キーを設定します。

テーブルを削除します。

テーブルに関する情報を表示します。

データベース モデル図にテーブルを作成する

  1. 作業するデータベース モデル図を開きます。

  2. [エンティティ関係図] または [オブジェクト リレーショナル] ステンシルから図面に [エンティティ] 図形をドラッグします。

  3. この図形をダブルクリックして、[データベース プロパティ] ウィンドウを開きます。

  4. [カテゴリ] の [定義] をクリックし、テーブルの名前を入力します。

  5. [カテゴリ] の [カラム] をクリックし、名前を入力して、データ型を指定します。

  6. NULL 値の格納を禁止するカラムに対しては、[必須] を指定します。

  7. データベース テーブルの各行を一意に識別するカラムに対しては、[PK] (主キー) チェック ボックスをオンにします。

  8. [カテゴリ] の [インデックス]、[トリガ]、[チェック]、[拡張] をクリックすると、これらのオプションの要素を作成できます。

ヒント: エンティティ図形を図面にドラッグすると、図形には既定の名前が付けられます。この既定の名前を変更するには、[データベース] メニューの [オプション] をポイントし、[モデリング] をクリックして、[その他の論理] タブをクリックします。

ページの先頭へ

テーブルにカラムを追加する

テーブルを作成したら、カラムを追加し、データ型や主キーなどのカラムのプロパティを定義する必要があります。

  1. 図面のテーブルをダブルクリックします。

  2. [データベース プロパティ] ウィンドウの [カテゴリ] で、[カラム] をクリックします。

  3. 最初の空白の [物理名] セルをクリックし、名前を入力します。

  4. カラムのデータ型を変更するには、カラムの [データ型] フィールドをクリックして一覧の任意のデータ型をクリックするか、一覧に目的のデータ型を入力します。たとえば、「decimal(8,2)」や「char(30)」と入力します。

  5. NULL 値を許可しない場合は、[必須] チェック ボックスをオンにします。

  6. カラムを主キーにする場合は、[PK] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

主キーを設定する

リレーションシップでは、主キーおよび外部キーを使用して、あるテーブルの行とこれに対応する別のテーブルの行をマップします。リレーションシップを確立するには、リレーションシップを構成するテーブルの少なくとも 1 つに、主キーが設定されている必要があります。

  1. 図面のテーブルをダブルクリックします。

  2. [データベース プロパティ] ウィンドウの [カテゴリ] で、[カラム] をクリックします。

  3. 主キーにするカラムの [PK] チェック ボックスをオンにします。複合キーを作成する場合は、複数のチェック ボックスをオンにすることができます。

注: 型は、主キーには使用できません。

ページの先頭へ

テーブルを削除する

データベース モデル図からテーブルを削除する場合、その図面からのみテーブルを削除するか、図面と基本モデルの両方からテーブルを削除することができます。いくつかのシナリオを試す間は、図面からのみテーブルを削除するようにすると便利です。

  1. モデル内でテーブルをクリックし、Del キーを押します。

  2. [オブジェクトの削除] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 図面と基本モデルの両方からテーブルを削除する場合は、[はい] をクリックします。

    • 図面からのみテーブルを削除する場合は、[いいえ] をクリックします。

      注: [いいえ] をクリックした場合、[テーブルとビュー] ウィンドウからテーブルを図面にドラッグすると、後でテーブルを図面に戻すことができます。

ヒント: リレーションシップを削除する場合、基本テーブルから常にこれを削除するか、または決して削除しないようにすることができます。[データベース] メニューの [オプション] をポイントし、[モデリング] をクリックして [論理図] タブをクリックし、目的のオプションを選択します。

ページの先頭へ

テーブルの情報を表示する

主キー (PK)、外部キー (FKn)、代替キー (AKn)、一意 (UN)、インデックス (In)、データ型など、図面のテーブルについての情報を表示できます。

  1. [データベース] メニューの [オプション] をポイントして、[図面] をクリックします。

  2. [テーブル] タブで、表示する図面のアイテムを選択します。

    表記法をリレーショナルに設定している場合は、左側の列にカラムの注釈が表示されます。IDEF1X 表記法を使用している場合は、カラム名の横にかっこで囲まれて注釈が表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×