データベース モデル図で参照整合性を保持する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

何をしたいですか?

参照整合性ルールを理解する

参照整合性のアクションを設定する

列の既定値を設定する

表記法を使用して参照整合性を表示する

参照整合性ルールを理解する

参照整合性ルールによって、データベースユーザーは、関連する列間のマッピングを誤って破壊することを防ぐことができます。

たとえば、Titles と Authors という2つのテーブルを持つ本というデータベースがあるとします。この例では、各タイトルには1つの作成者だけが含まれていますが、各作成者は複数のタイトルを持つことができます。一対多リレーションシップと呼ばれるものが作成されます。リレーションシップの "一" 側のテーブルは、親テーブルと呼ばれます。"多" 側のテーブルは、子テーブルと呼ばれます。

各ブックとその作成者についての情報を収集するために、クエリでは、Titles テーブル内の各ブックを Authors テーブルの作成者に一致させるためにキーを使用します。親テーブル (作成者) は、各行を一意に識別する主キーを持っている必要があります。Titles テーブルには、各タイトルの著者を保持する列が含まれている必要があります。この列は外部キーと呼ばれます。主キーは各作成者を識別し、外部キーは作成者によって書かれた本を識別します。

ユーザーが親テーブルで作成者の著者を変更した場合、titles テーブルで著者を更新しなくても、titles テーブルのブックに有効な作成者が含まれなくなります。

両方のテーブルで著者を変更する代わりに、必要な操作を実行するために参照整合性ルールを設定できます。親テーブルでキーが変更または削除されたときに、データベースモデルに特定の操作を実行させることができます。

注: 「親と子」という用語は、カテゴリ、カテゴリ、カテゴリ、およびの図形に分類されたと共に作成された、分類によってまったく異なることを意味します。カテゴリの詳細については、「データベースモデル図でカテゴリを定義する」を参照してください。

ページの先頭へ

参照整合性のアクションを設定する

  1. 参照アクションを設定するリレーションシップをダブルクリックします。

  2. [データベースのプロパティ] ウィンドウの [カテゴリ] で、[参照アクション] をクリックします。

  3. 子テーブルの対応する値をデータベースで実行するアクションをクリックします。次の操作から選ぶことができます。

    • 操作不可    親テーブルの主キーの値が変更または削除されると、子テーブルの外部キーの対応する値は変更されません。

    • カスケード    親テーブルの主キーの値が変更または削除されると、子テーブルの外部キーの対応する値が主キーと一致するように変更または削除されます。

    • NULL を設定    する親テーブルの主キーの値が変更または削除されると、子テーブルの外部キーの対応する値が NULL に設定されます。

    • 既定値を設定    する親テーブルの主キーの値が変更または削除されると、子テーブルの外部キーの対応する値が、選択した既定に設定されます。

    • 強制しない    この操作により、このリレーションシップの参照整合性ルールは無効になります。

注: [ NULL の設定] と [既定の設定] オプションが無効になっている場合は、リレーションシップの [データベースのプロパティ] ウィンドウの [その他] タブでリレーションシップが [オプション] に設定されている可能性があります。

ページの先頭へ

列の既定値を設定する

[既定の設定] アクションを使用するには、列の既定値を指定する必要があります。

  1. ダイアグラムでテーブルをダブルクリックして、[データベースのプロパティ] ウィンドウを開きます。

  2. [カテゴリ] の [] をクリックし、既定の設定を作成する列をクリックして、[編集] をクリックします。

  3. [列のプロパティ] ダイアログボックスの [定義] タブで、既定の値を入力します。

ページの先頭へ

表記法を使用して参照整合性を表示する

文書のオプションを設定すると、モデル内のリレーションシップ行の横にある参照整合性表記を非表示にしたり、表示したりすることができます。

参照整合性表記の文字は何を意味しますか?

参照整合性の表記法では、2つの文字がコロンで区切られ、[親テーブルで実行されたアクション] という形式で、[子テーブルの結果] が表示されます。たとえば、d:C は、親テーブルで何かが削除されると、その変更は子テーブルにカスケードされることを意味します。

親テーブルのアクションは、小文字で示されます。

  • 親テーブルのu   データが更新されます。

  • 親テーブルのd   データは削除されます。

子テーブルの結果は大文字で示されます。

  • R アクションはありません   子テーブルは変更しないでください。

  • C カスケード    子テーブルの変更をレプリケートします。

  • D 既定値を設定   する以前にその列に設定した既定値を子テーブルに挿入します。

  • N Null を設定   する 子テーブルを NULL に設定します。

  • (空白)    このリレーションシップには、参照整合性を適用しないでください。

注: これらの設定は、モデルではなく実際のデータベースでの動作に影響します。既存のデータベースからリバースエンジニアリングするモデルでは、参照整合性についてデータベースがどのように設計されているかを確認できます。最初から作成するモデルでは、これらの設定を使用して、モデリングの対象となるデータベースの動作を文書化することができます。

参照整合性を表示する

  1. [データベース] メニューで [オプション] をポイントし、[ドキュメント] をクリックします。

  2. [リレーションシップ] タブの [表示] で、[参照整合性] チェックボックスをオンにします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×