データベース モデル図でリレーションシップを定義します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データのコレクションを作成するには 1 つ以上のテーブルからキーと外部キーを使用してVisioでリレーションシップを定義します。

注: Visio Pro for Office 365を使用しているしてデータベース モデルへの既存のデータベースを設計する方法の詳細を知りたい場合は、リバース エンジニア リング既存のデータベース、トピックを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

データベース モデル図でリレーションシップを作成します。

データベース モデルからリレーションシップを削除します。

一対一と一対多リレーションシップを定義します。

図でリレーションシップとそのプロパティを表示します。

データベース モデリング機能が見つかりません

最も一般的なVisioのエディションに探している機能が含まれていないことはできます。Visioのエディションがあるかを検索するには、[ヘルプ] メニューについては、Microsoft Office Visioをクリックします。エディションの名前が] ダイアログ ボックスのテキストの上部にある行であります。

Microsoft Office Visio Standard には、データベース モデル図テンプレートはありません。

Microsoft Office Visio Professional ( Visioでモデルを作成するのには、既存のデータベースを使用して、) をデータベース モデル図テンプレートのリバース エンジニア リングの機能をサポートしていますが、転送のエンジニア リング (つまり、SQL コードを生成するVisioデータベース モデルを使用) はサポートされていません。

注: データベースのスイートは、エンタープライズ設計者には、Visio でリバース エンジニア リングと転送のエンジニア リングの両方を含む、モデリング機能を検索できます。エンタープライズ設計者には、Visio は、Visual Studio Professional および Visual Studio チーム システムの役割ベースのエディションで提供されるMSDN Premium サブスクリプションに含まれています。

データベース モデル図でリレーションシップを作成する

  1. テーブルが両方とも図面内に表示されていることを確認します。既存のデータベースからモデルをリバース エンジニアリングする場合は、いずれか片方または両方を [テーブルとビュー] ウィンドウから図面にドラッグする必要がある可能性があります。

  2. リレーションシップの主キー側となるテーブルをダブルクリックします。

  3. [データベース プロパティ] ウィンドウの [カテゴリ] で、[カラム] をクリックします。

  4. グリッドで、テーブルの各行を一意に識別するために使用するカラムをクリックし、[PK] チェック ボックスをオンにして、このカラムを主キーに設定します。

  5. [オブジェクト リレーショナル] または [エンティティ関係図] ステンシルから図面ページの空白スペースに [リレーションシップ] 図形をドラッグ アンド ドロップします。

  6. テーブルの上端を親テーブルに接続します。

  7. もう一方の端を子テーブルに接続します。

    2 つめのテーブルに主キーと同じ名前のカラムが含まれていない場合は、この名前のカラムが外部キーとして 2 つめのテーブルに追加されます。

注: リレーションシップ線が非表示になった場合は、[データベース] メニューの [オプション] をポイントし、[図面] をクリックします。[リレーションシップ] タブで、[表示] の [リレーションシップ] チェック ボックスをオンにします。

ページの先頭へ

データベース モデルからリレーションシップを削除する

  1. モデルでリレーションシップをクリックし、Del キーを押します。

  2. [オブジェクトの削除] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 図面および基本モデルの両方からリレーションシップを削除する場合は、[はい] をクリックします。

    • 図面のリレーションシップ線のみを削除する場合は、[いいえ] をクリックします。

      注: [いいえ] をクリックした場合、リレーションシップが設定されているテーブルのいずれか 1 つを選択して、[データベース] メニューの [関連するテーブルの表示] をクリックすると、後でリンクを図面に戻すことができます。

ヒント: 削除したリレーションシップを基本モデルから常に削除することも、必ず残すようにすることもできます。[データベース] メニューの [オプション] をポイントし、[モデリング] をクリックして、[論理図] タブをクリックします。

ページの先頭へ

一対一または一対多としてリレーションシップを定義する

リレーションシップのカーディナリティは、テーブルどうしを関連付ける場合、関連付けることができる各テーブルの行数を表します。たとえば、ある部署には多数の従業員が所属していますが、ある従業員が所属できるのは 1 つの部署だけです。カーディナリティは通常、一対一、一対多、多対一、多対多などのように表現されます。

  1. リレーションシップをダブルクリックします。

  2. [データベース プロパティ] ウィンドウで [カテゴリ] の [その他] をクリックします。

  3. [カーディナリティ] から、リレーションシップに最も適したカーディナリティを選択します。1 対多のリレーションシップには、[0 またはそれ以上] または [1 またはそれ以上] が最適です。一対多のリレーションシップには、[0 または 1] または [1] が最適です。

ページの先頭へ

図面にリレーションシップおよびそのプロパティを表示する

図面にリレーションシップについての情報を表示または非表示にするかを指定できます。

  1. [データベース] メニューの [オプション] をポイントし、[図面] をクリックします。

  2. [リレーションシップ] タブで、図面に表示する情報のチェック ボックスをオンにします。

    次の情報を表示または非表示にすることができます。

    • リレーションシップ

    • カーディナリティ

    • クロウズ フット表記法

    • 動詞句

    • 参照操作

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×