データベース モデル図でチェック句を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

チェック句を使用すると、テーブルやカラムに対して制約を設定できます。

注: データベースをリバース エンジニアリングすると、データベースから抽出されたすべてのチェック句が、[コード] ウィンドウにローカル コードとして一覧表示されます。

カラム用のチェック句を作成する

  1. テーブルをダブルクリックして、[データベース プロパティ] ウィンドウを開きます。

  2. [カテゴリ] の [カラム] をクリックし、チェック句を追加するカラムをクリックします。

  3. [編集] をクリックします。

  4. ['%s' のカラム プロパティ] ダイアログ ボックスの [チェック] タブで、必要な制約を入力します。

    選択項目についてのヘルプを参照するには、F1 キーを押すか、[ヘルプ] ボタンをクリックしてヘルプを参照してください。

    注: [コード] ウィンドウの [ローカル コード] の一覧にチェック句が追加されます。

テーブル用のチェック句を作成する

テーブル用に新しいチェック句を作成すると、そのコードはデータベース プラットフォームに固有なコードとなります。データベースを指定するには、モデルで使用するデータベース ドライバを選択します。

  1. テーブルをダブルクリックして、[データベース プロパティ] ウィンドウを開きます。

  2. [カテゴリ] で [チェック] をクリックし、[追加] をクリックします。

  3. [プロパティ] タブでチェック句の名前を入力します。

  4. [本体] タブでコードを入力し、[OK] をクリックします。

    注: [コード] ウィンドウの [ローカル コード] の一覧にチェック句が追加されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×