データベース モデル図でカテゴリを定義する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

カテゴリは親テーブルの子テーブルです。たとえば、従業員レコード (親) にジョブの種類を表す列がある場合、その列のカテゴリ テーブルには、エンジニア、技術者、管理者が含まれます。カテゴリを定義するには、親テーブルに主キーを設定し、子テーブルに外部キーを設定して、2 つのキーをリンクします。

データベース モデル図でカテゴリを定義する

  1. Visio で、[ファイル] メニューの [新規] > [ソフトウェア] をクリックし、[IDEF1X データベース表記法] をクリックします。

  2. メートル法または米国単位のどちらかを選択し、[作成] をクリックします。

  3. [IDEF1X データベース表記法] のステンシルから、[エンティティ] の図形を図面ページにドラッグして親エンティティを作成します。

  4. 別の [エンティティ] 図形を図面ページにドラッグして子エンティティを作成します。

  5. 親エンティティで、PK が示されている属性をクリックし、属性名を入力します。

    親エンティティで、PK に属性名を入力します。

  6. 親のエンティティを完了します。

  7. 子エンティティの最初の属性を右クリックし、['属性' を前に挿入] を選択します。

    [属性を前に挿入する] を選択します。

  8. 子エンティティの新しく作成した属性をクリックし、さきほど親エンティティの主キーとして入力した属性名を入力します。

  9. 属性を右クリックし、[外部キーの設定] をクリックします。

    [外部キーの設定] をクリックします。

  10. [リレーションシップ] 図形を図面ページにドラッグします。

  11. エンティティ図形の周囲に緑色のボックスが表示されるまで、リレーションシップ図形の一方の端を親エンティティの中央にドラッグします。

  12. 同様にして、リレーションシップ図形のもう一方の端を子エンティティと接続します。

  13. この手順を子テーブルごとに繰り返します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×