データベース ファイルを最適化/修復する

ネットワーク上で共有される Access デスクトップ データベース ファイルは、破損する場合があります。ファイルが破損しても、影響を受けるのはデザインで、一般的にはデータには影響ありません。データが失われた場合でも、一般的には 1 人のユーザーが最後に実行したアクションだけが影響を受けます。Access デスクトップ データベース ファイルが破損した場合は、最適化/修復プロセスを実行して、部分的に修正することができます。最適化プロセスではデータは圧縮されず、不要な領域が削除され、データベース ファイルのサイズが小さくなります。[データベースの最適化/修復] コマンドを使い、データベースのパフォーマンスを改善することもできます。

注: この記事は Access Web アプリ (Access で設計してオンラインで公開するデータベースの一種) には適用されません。詳細については、「Access アプリを作成する」を参照してください。

破損したデータベース ファイルを開こうとすると、自動ファイル修正プロセスに関するプロンプトが出されます。このプロセスで部分的な修復しか実行できなかった場合、修復されなかったオブジェクトは MSysCompactErrors というテーブルに記録されます。データベースが破損する前のバックアップがある場合は、この MSysCompactErrors テーブルを使って、修正済みのデータベースにどのオブジェクトをインポートするかを特定できます。

データベースを分割すると、ユーザーが直接アクセスしない別個のファイルにデータが保存されるため、データベース ファイルの破損を防ぎ、データ損失の範囲を抑えるうえで有効です。

注: 既に発行されている Access Web データベースに対して最適化/修復プロセスを実行する場合は、このプロセスを完了した後で必ずデータベースをサーバーと同期してください。

方法の詳細については、「バックアップと復元によってデータを保護する」を参照してください。

最適化/修復プロセスを実行する前の準備

  • データベースのバックアップを作成します。

  • [ファイル] タブで [保存] をクリックします。

  • [ファイルの種類] の [データベースに名前を付けて保存] をクリックします。

  • [詳細設定] の [データベースのバックアップ] をクリックします。

    注: データベースのユーザーが複数いる場合は、最適化/修復プロセスの実行中に他のユーザーがデータベースを使わないように、あらかじめ知らせておく必要があります。

  • 最適化/修復プロセスを実行するためのアクセス許可を取得する:    古いバージョンのデータベース ファイルをワークグループのメンバーとして使っている場合は、自分ではデータベースを最適化/修復できないことがあります。十分な権限がないのにデータベースの最適化/修復を実行する必要がある場合は、所属しているワークグループの管理者に問い合わせてください。

データベースを閉じるときに最適化/修復を自動的に実行するように設定する

データベースを閉じるたびに最適化/修復プロセスを自動的に実行するように設定することもできます。この場合、データベースが一時的に使えなくなることから、複数のユーザーが使うデータベースでは、このオプションを設定しないことをお勧めします。このプロセスの影響を受けるのは、現在開いているデータベースだけです。

注:  このオプションは Access Web アプリでは使用できません。

  1. [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。

  2. [Access のオプション] ボックスで、[カレント データベース] をクリックします。

  3. [アプリケーション オプション] の [閉じるときに最適化する] をオンにします。

開いているデータベースを手動で最適化/修復する

重要: 最適化/修復プロセスを実行する前に、だれもデータベース ファイルを使っていないことを確認します。

  • [ファイル] タブの [情報]、[データベースの最適化/修復] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×