データベース パスワードの設定と解除

Microsoft Office Access 2007 では、[データベース パスワードの設定] および [データベース パスワードの解除] ダイアログ ボックスを使用して、データベース パスワードの設定と解除を行うことができます。これらのダイアログ ボックスは、[データベース ツール] タブの [データベース ツール] グループの中の、[パスワードを使用して暗号化] コマンドまたは、[データベース パスワードと暗号化の解除] コマンドをそれぞれクリックすると表示されます。この図は、コマンドが含まれるグループを示しています。

Access のリボンの画像

グループ内に表示されるコマンドは、データベースが暗号化されているかどうかにより変わります。データベースが暗号化されていると、グループには、[データベース パスワードと暗号化の解除] コマンドが表示されます。

[データベース パスワードの設定] ダイアログ ボックス

  • [パスワード]    このフィールドにパスワードを入力します。

  • [パスワードの確認]    再度、このフィールドにパスワードを入力します。[パスワード] ボックスで入力したパスワードを正確に入力し、Enter キーを押します。

[データベース パスワードの解除] ダイアログ ボックス

  • [パスワード]    パスワードをこのボックスに入力し、Enter キーを押します。パスワードが解除されます。

    注記: 

    • パスワードには、大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた複雑なものを使用してください。これらの文字を混在させたものになっていないパスワードは強固とはいえません。たとえば、House27 は Y6dh!et5 に比べ、推測されやすいパスワードといえます。長さは 8 文字以上にする必要があり、理想は 14 文字以上のパス フレーズです。詳細については、「強力なパスワード : その作り方と使い方」を参照してください。

    • パスワードは必ず覚えておいてください。パスワードを忘れてしまった場合も、マイクロソフト側でお調べすることはできません。紙片などに書き留めたパスワードは、そのパスワードで保護する情報から離れた安全な場所に保管してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×