データベース デザインを文書化して印刷する

データベース デザインを文書化して印刷する

Microsoft Access を使うと、オフラインでの参照や計画に使用できる、データベースのデザインによる印刷文書を準備できます。具体的には、リレーションシップ ウィンドウに示されたテーブル リレーションシップを印刷し、オブジェクト プロパティなどのデータベース オブジェクトのデザイン特性を印刷できます。

注: リレーションシップ ウィンドウは、Web データベースまたは Web アプリでは使用できません。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

印刷用にリレーションシップ ウィンドウを準備する

リレーションシップ ウィンドウを印刷する

データベース構造の解析を使用して、データベース オブジェクトのデザイン特性を印刷する

印刷用にリレーションシップ ウィンドウを準備する

リレーションシップ ウィンドウは、テーブルおよびクエリ間のリレーションシップを表示、作成、および編集するウィンドウです。ウィンドウの構成により、必ずしもデータベースのすべてのリレーションシップがリレーションシップ ウィンドウに表示されるとは限りません。どのリレーションシップを文書化する か判断する必要があります。テーブル リレーションシップを印刷する前に、それに従って リレーションシップ ウィンドウを準備します。リレーションシップ ウィンドウ内のテーブルを表示または非表示にすることができ、それらのレイアウトを並べ替えることができます。

リレーションシップ ウィンドウ内のテーブルを表示または非表示にする

  1. [データベース ツール] タブの [リレーションシップ] をクリックします。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • テーブルを表示するには、[デザイン] タブの [リレーションシップ] グループで [テーブルの表示] をクリックして、[テーブルの表示] ダイアログ ボックスで、表示するテーブルを追加します。

    • テーブルを非表示にするには、リレーションシップ ウィンドウで、非表示にするテーブルをクリックし、Del キーを押します。

  3. Ctrl キーを押しながら S キーを押して変更内容を保存します。

リレーションシップ ウィンドウ内のテーブルを並べ替える

  1. テーブルを並べ替えるには、テーブルをリレーションシップ ウィンドウの目的の位置にドラッグします。

  2. Ctrl キーを押しながら S キーを押して変更内容を保存します。

リレーションシップ ウィンドウを印刷する

リレーションシップ ウィンドウに表示されるとおり、データベースのリレーションシップを表示するレポートを作成できます。このレポートの既定の名前は、<データベース名> のリレーションシップです。既定では、レポートのヘッダー名には、レポート名とレポートを作成した日付が含まれています。

注: 印刷プレビューにはリレーションシップ レポートをうまく編集する方法がありません。リレーションシップ ウィンドウの外観が希望どおりになっていることを確認してから、レポートを生成します。

  1. 印刷するリレーションシップのある Access データベースを開きます。

  2. [データベース ツール] タブの [リレーションシップ] をクリックします。

  3. [デザイン] タブの [ツール] グループで [リレーションシップ レポート] をクリックします。

    リレーションシップ ウィンドウを表すレポートが印刷プレビューで開きます。

  4. レポートがどのように印刷されるかを調整するには、[印刷プレビュー] タブのコマンドを使用します。

  5. [印刷プレビュー] タブの [印刷] グループで [印刷] をクリックします。

データベース オブジェクトのデザイン特性を印刷する

データベース構造の解析を使用すると、データベース オブジェクトのデザイン特性を印刷できます。

  1. レポートを作成するデータベースを開きます。

  2. [データベース ツール] タブの [分析] グループで [データベース構造の解析] をクリックします。

  3. [データベース構造の解析] ダイアログ ボックスで、レポートを作成するデータベース オブジェクトの種類を表すタブをクリックします。データベース内のすべてのオブジェクトのレポートを作成するには、[すべてのオブジェクト型] タブをクリックします。

  4. タブに一覧表示される 1 つまたは複数のオブジェクトを選択します。タブのすべてのオブジェクトを選択するには、[すべて選択] をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

    データベース構造の解析で、選択したオブジェクトそれぞれの詳細データが含まれたレポートが作成され、印刷プレビューでそのレポートが開きます。たとえば、データ入力フォームに対してデータベース構造の解析を実行すると、データベース構造の解析で作成されるレポートには、フォーム全体のプロパティ、フォーム内の各セクションのプロパティ、フォーム内のボタン、ラベル、テキスト ボックス、他のコントロールのプロパティ、およびフォームに関連付けられているコード モジュールとユーザー権限の一覧が表示されます。

  6. レポートを印刷するには、[印刷プレビュー] タブの [印刷] グループで [印刷] をクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×