データベース テーブルで "ビットマップ イメージ" ではなく "パッケージ" と表示される際の対処方法

[データシート] ビューを使用して、GIF や JPEG などの一般的なイメージ ファイルを テーブルの OLE オブジェクト型フィールドに追加すると、"ビットマップ イメージ" という文字の代わりに "パッケージ" という言葉が表示されます。

OLE オブジェクト型フィールドは、Windows ビットマップ (.bmp) ファイルとデバイスに依存しないビットマップ (.dib) ファイルのみサポートするため、"パッケージ" という文字がフィールドに表示されます。OLE オブジェクト型フィールドに他の種類のグラフィック ファイルを保存して、Access で適切に表示するようにしたい場合は、追加のソフトウェアをインストールし、このソフトウェアを使用して、追加の画像の種類が表示されるコンポーネント (OLE サーバーと呼ばれます) を用意する必要があります。

以前のバージョンの Microsoft Office では、Microsoft Photo Editor と呼ばれる、GIF ファイルや JPEG ファイルの表示に必要な OLE サーバーを提供するプログラムが提供されていました。Office 2003 System では、Photo Editor は Microsoft Office Picture Manager に置き換わりました。このプログラムでは、GIF 画像などのファイルに必要な OLE サーバーは提供されていません。

次の操作のいずれかを使用して、この問題を回避できます。

  • 外部データベースに画像を保存し、Visual Basic® for Applications (VBA) コードを使用して表示します。詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事の「フォルダー内のイメージをフォーム、レポート、またはデータ アクセス ページに表示する方法」を参照してください。

  • GIF 画像や JPEG 画像を Windows ビットマップ (.bmp) ファイルに変換します。通常、BMP ファイルは GIF ファイルや JPEG ファイルよりも大きいのですが、Access では、サポートするために追加のデバイスに依存しないビットマップ (.dib) ファイルを作成しないため、データベースのサイズを小さくするのに役立ちます。GIF ファイルや JPEG ファイルを使用するときに Access が DIB ファイルを作成する理由についての情報は、Microsoft サポート技術情報の記事「Why OLE Objects Cause Databases to Grow (OLE オブジェクトがデータベースを拡張する理由)」を参照してください。

  • Office XP または Office 2000 のインストール CD を使用して、Photo Editor を再インストールします。

    Office XP から Photo Editor を再インストールする

    1. インストール CD のセットアップを開始します。インストール プログラムが自動的に開始されない場合は、Windows Explorer を使用して起動することができます。この操作を行うには、[スタート] をクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] の順にポイントして、[Windows Explorer] をクリックします。CD-ROM ドライブを見つけて、Setup.exe をダブルクリックします。

    2. プロダクト キー を入力し (各自のイニシャルの入力は省略可能です)、[次へ] をクリックします。

    3. 使用許諾契約書に同意して、[次へ] をクリックします。

    4. インストールの種類で [カスタム] を選び、[次へ] をクリックします。

    5. [各アプリケーションの詳細なインストール オプションを選択する] を選び、[次へ] をクリックします。

    6. [インストールする機能] で、各プログラムに [インストールしない] を設定します。この操作を行うには、各項目をクリックし、リストから [インストールしない] を選びます。各項目に赤い "X" が表示されます。

    7. [Office ツール] 機能を拡大して、[Photo Editor] をクリックし、[マイ コンピューターから実行] を選び、[次へ] をクリックします。この操作により、インストール プログラムは Photo Editor のみをインストールします。

    8. [インストール] をクリックし、インストールを完了します。

    Office 2000 から Photo Editor を再インストールします

    1. ディスク 1 を CD-ROM ドライブに挿入し、インストール プログラムを開始します。インストール プログラムが自動的に開始されない場合は、Windows Explorer を使用して起動することができます。この操作を行うには、[スタート] をクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] の順にポイントして、[Windows Explorer] をクリックします。CD-ROM ドライブを見つけて、Setup.exe をダブルクリックします。

    2. 最初の画面で、CD ケース上にあるプロダクト キーを入力します。各自のイニシャルの入力は省略可能です。完了したら、[次へ] をクリックします。

    3. 使用許諾契約書に同意して、[次へ] をクリックします。

    4. [カスタマイズ] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    5. [次へ] を 2 回押して、2 つ目の画面に移動します。

    6. [Microsoft Office 2000: 機能の選択] 画面で、各 Office プログラムを [インストールしない] に設定します。この操作を行うには、各項目をクリックし、リストから [インストールしない] を選びます。赤の "X" が各機能に表示されます。

    7. [Office ツール] 機能を拡大して、[Microsoft Photo Editor] をクリックし、リストで [マイ コンピューターから実行] を選びます。この操作により、インストール プログラムは Photo Editor をインストールします。

    8. [今すぐインストール] をクリックし、インストールを完了します。

詳細について

Access で画像を使用する詳細情報については、以下の記事を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×