スキップしてメイン コンテンツへ

データベース テーブルで "ビットマップ イメージ" ではなく "パッケージ" と表示される際の対処方法

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

データシートビューを使用して、Access テーブルの OLE オブジェクトフィールドに GIF、JPEG、およびその他の一般的な種類の画像ファイルを追加すると、"ビットマップイメージ" ではなく "パッケージ" という単語が表示されます。

フィールドに "パッケージ" と表示されるのは、OLE オブジェクトフィールドが、Windows ビットマップ (.bmp) とデバイスに依存しないビットマップ (.dib) ファイルのみをサポートしているためです。 別の種類のグラフィックファイルを OLE オブジェクトフィールドに保存して、Access で正しくレンダリングされるようにする場合は、追加のソフトウェアをインストールする必要があります。また、そのソフトウェアは、追加のソフトウェアを表示するために必要なコンポーネント (「 OLE サーバー」と呼ばれる) を提供する必要があります。画像の種類。

以前のバージョンの microsoft Office では、microsoft Photo Editor と呼ばれるプログラムが提供されています。これにより、GIF ファイルと JPEG ファイルのレンダリングに必要な OLE サーバーが提供されます。 Office 2003 システムに置き換えられた写真エディターでは、Microsoft Picture Manager を使用して、これらの種類のファイルに必要な OLE サーバーが提供されません。

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用できます。

  • 画像をデータベースの外部に保存して、Visual Basic ® for Applications (VBA) コードを使用して画像を表示します。 詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事「 フォーム、レポート、またはデータアクセスページのフォルダーから画像を表示する方法

  • GIF または JPEG 画像を Windows ビットマップ (.bmp) ファイルに変換します。 通常、BMP ファイルは GIF または JPEG ファイルよりも大きくなりますが、Access では、デバイスに依存しない追加のビットマップ (.dib) ファイルを作成してサポートするため、データベースのサイズを小さくすることができます。 GIF または JPEG イメージを使用しているときに、access によって DIB ファイルが作成される理由については、Microsoft サポート技術情報の記事「 OLE オブジェクトによってデータベースが拡張される理由」を参照してください。

詳細情報

Access で画像を使用する方法の詳細については、次の記事を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×