データベース エクスポート ウィザードについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

図形に図形データがある場合は、データベース エクスポート ウィザードを実行して、データが格納されているデータベース テーブルを作成できます。

注: ([ツール] メニューの) データベース エクスポート ウィザード[データベースにエクスポート] ダイアログ ボックスの違いは、ウィザードでは手順に従って処理を実行する点です。ウィザードのガイダンスなしでの作業が快適に感じられる場合は、[データベースにエクスポート] ダイアログ ボックスの方が無駄な処理がないため合理的であると言えます。

データベース内の図形、レコード、テーブル、[フィールドの関係

図面内の各図形はデータベース テーブルのレコード (行) によって表され、各シェイプシート セルはフィールド (列) によって表されます。シェイプシート セル内のデータは、対応するデータベース テーブルのフィールドの値として表示されます。

データベース テーブルで表示されている図形のカスタム プロパティとセル

ODBC、データベースのエクスポート ウィザード

データベース エクスポート ウィザードでは、Microsoft Office Visio のデータが ODBC (Open Database Connectivity) 準拠のデータベース アプリケーション (Microsoft Office Access や Microsoft SQL Server) で作成されたデータベース テーブルにエクスポートされます。

ODBC は、データベース アクセスを標準化するための Microsoft プログラムです。これにより、プログラムからデータベースのデータへのアクセス、表示、および修正が可能になります。

使用しているデータベース アプリケーションが ODBC 準拠かどうかを確認するには、データベース アプリケーションのマニュアルを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×