データベース ウィザードについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Visio データベース ウィザードを使用して、図面内の図形とデータベース テーブル内のレコードとの間に一方向リンクまたは両方向リンクを作成できます。図形をレコードにリンクすることにより、視覚的フォーム (図面) と表形式フォーム (データベース テーブル) の両方にデータを表示できます。

図形とレコードの接続を確立したら、図面とテーブルの同期化を維持できるため、どちらか一方に対して行った変更を両方に反映させることができます。

データベース ウィザードを使用してリンク図面を作成するには、以下のような 4 とおりの方法があります。

既存の図面で図形をデータベース テーブルにリンクします。

既存の図面 (たとえば、オフィス レイアウト) を、データベース情報 (たとえば、装置一覧) にリンクすることができます。既存のデータベース テーブルにリンクすることも、あるいはウィザード内部からデータベース テーブルを作成して後でデータを設定することもできます。

注: Microsoft Office Excel スプレッドシートにリンクしている場合、ウィザードを開始する前にデータを取り込めるようにワークブックをセットアップする必要があります。ワークシートで、データを取り込むセル範囲を指定します。セル範囲の指定方法の詳細については、Excel のマニュアルを参照してください。

まず、ウィザードの 2 ページ目で [データベース レコードに図形をリンクする] を選択し、3 ページ目で [図面上の図形] を選択します。以降のウィザード ページでは、手順に従って、既存の図形をデータベース テーブル内のレコードに接続できます。ウィザードでの操作中にヘルプを参照するには、ウィザード ページが開いている状態で、F1 キーを押します。

データベースのテーブル内の任意のレコードにリンクする 1 つのマスター シェイプを作成します。

マスタ シェイプ (たとえば、コンピュータや人物の図形) は、データベース情報 (装置一覧や人事レコード) にリンクできます。さらに、図形の各インスタンスを表すデータベース レコードを選択したり、マスタ シェイプを図面ページ上にドラッグしたりなどして操作を進めることができます。既存のデータベース テーブルにリンクすることも、あるいはウィザード内部からデータベース テーブルを作成して後でデータを設定することもできます。

注: Excel スプレッドシートにリンクしている場合は、ワークブックにデータを取り込めるようにしておく必要があります。ワークシートで、データを取り込むセル範囲を指定します。セル範囲の指定方法の詳細については、Excel のマニュアルを参照してください。

まず、ウィザードの 2 ページ目で、[データベース レコードに図形をリンクする] を選択し、3 ページ目で [図面ステンシル上のマスタ シェイプ] または [Visio ステンシル上のマスタシェイプ] のどちらかを選択します。以降のウィザード ページでは、手順に従って、データベース テーブルにマスタ シェイプを接続できます。ウィザードでの操作中にヘルプを参照するには、ウィザード ページが開いている状態で、F1 キーを押します。

ウィザード完了後には必ず、修正済みの Visio ステンシル、またはリンクされたマスタ シェイプが含まれる新規のステンシルに変更内容を保存して保存先をメモしておいてください。

既存のデータベース テーブルで各レコードの別のマスター シェイプを作成します。

図面内の同一レコードについて多数のインスタンスを表現する場合、既存のデータベース テーブル内の各レコード用にそれぞれ別個のマスタ シェイプを含めたステンシルを作成できます。たとえば、オフィス用の椅子に関するデータベース テーブルがあって、データベース テーブル内のレコード (または行) でそれぞれ異なるモデルを表現している場合、オフィス レイアウト内に各モデル用のインスタンスを数多く含めることができます。

注: Excel スプレッドシートにリンクしている場合は、ワークブックにデータを取り込めるようにしておく必要があります。ワークシートで、データを取り込むセル範囲を指定します。セル範囲の指定方法の詳細については、Excel のマニュアルを参照してください。

まず、ウィザードの 2 ページ目で、[データベースから新しいマスタ シェイプを作成する] を選択します。以降のウィザード ページでは、手順に従って、データベース テーブルからマスタ シェイプのステンシルを作成できます。ウィザードでの操作中にヘルプを参照するには、ウィザード ページが開いている状態で、F1 キーを押します。

ウィザード完了後には必ず、リンクされたマスタ シェイプが含まれる新規のステンシルに変更内容を保存して、再び容易に見つけられるようにわかり易い名前と場所を指定してください。マスタ シェイプがすべて同じ外観でも、各マスタ シェイプにリンク先のレコードに応じたラベルを付けます。

既存のデータベース テーブルを表す図面を作成します。

既存のデータベース テーブル内の各レコード用にそれぞれ別個の図形が含まれる図面を作成できます。

開始前の準備として、データベース テーブルにマスタ シェイプをリンクしておく必要があります。まだリンクしていない場合は、まず前述の「データベース テーブルにあるレコードにリンクできるマスタ シェイプを作成する」操作を行ってから、この操作を再度実行してください。

注: Excel スプレッドシートにリンクしている場合は、ワークブックにデータを取り込めるようにしておく必要があります。ワークシートで、データを取り込むセル範囲を指定します。セル範囲の指定方法の詳細については、Excel のマニュアルを参照してください。

まず、ウィザードの 2 ページ目で、[リンク図面を作成するか既存の図面を修正する] を選択します。以降のウィザード ページでの手順に従って、データベース テーブルから図面を作成します。図形がすべて同じ外観でも、図形の図形データ フィールドにはリンク先のレコードに応じたデータが設定されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×