データベース設定

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[データベース設定] ダイアログ ボックスでは、ODBC (Open Database Connectivity) について特定の動作を設定できます。Microsoft Office Visio の図形または図面を、ODBC 準拠のアプリケーションで作成したデータベースにリンクすると、これらの設定に基づいて、データベースと図面との間での変更内容の受け渡し方法が制御されます。

これらの設定はグローバルです。つまり、Visio で図面とデータベース間に設定したすべてのリンクに適用されます。

[ODBC 設定]

更新回数

データベースまたは図面の初回の更新が失敗したときの更新試行回数を入力します。

更新の間隔 (ミリ秒)

データベース更新の再試行間隔をミリ秒で入力します。

タイムアウト (秒)

データベース更新の再試行がタイムアウトになる間隔を秒数で入力します。

既定の ODBC データ ソース

データベース ウィザードまたは [データベースにリンク] コマンドで既定値を使用した場合の既定のリンク先となる ODBC データ ソースをクリックします。データベースに図形をリンクするときに、別のデータ ソースを指定することもできます。

[データベース モニタ設定]

図面ページを自動的に更新します。

モニタ対象の図面をデータベースと一致させるように [図面リフレッシュ間隔] で設定した間隔でリフレッシュする場合は、このチェック ボックスをオンにします。

図面の間隔 (秒)] を更新します。

データベースに対する変更を図面に反映させる間隔を秒数で入力します。図面のリフレッシュに要する時間が入力した時間より長い場合は、それに応じて時間が自動的に調整されます。

既定値を復元します。

クリックすると、設定値がすべて以下の既定値にリセットされます。

  • [更新試行回数] は 3 回

  • [更新の再試行間隔] は 250 (ミリ秒)

  • [タイムアウト間隔] は 30 (秒)

  • [既定の ODBC データ ソース] は Visio データベース サンプル

  • [自動的に図面ページをリフレッシュする] はオフ

  • [図面リフレッシュ間隔] は空白

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×