データベース内のオブジェクトのデザイン設定をカスタマイズする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ファイルオプション、およびオブジェクト デザイナー] をクリックしてAccessデスクトップ データベース オブジェクトのデザインを変更するために使用できるデータベースのオプションを設定することができます。 レイアウト ビュー、テーブル データシートでほとんどの設定は無視されますが、この一元的なAccessオプションの場所からテーブル、フォーム、レポート、およびクエリ デザインのデザイン オプションを設定できます。 選択したエラー チェックこのカテゴリからの設定をカスタマイズすることもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

テーブル デザイン設定をカスタマイズします。

クエリ デザインの設定をカスタマイズします。

フォームおよびレポートのデザインの設定を選択します。

[エラー チェック オプションを変更します。

テーブル デザイン設定をカスタマイズします。

テーブルのデザイン ビューが既定のテーブルの詳細設定を作成するためのオプションを設定するテキストのフォントの種類やサイズなどのフィールドの設定略語の名前を付ける and、or 十分フィールド インデックスを可能にするには、 Accessの自動的に設定します。

Access のオプションのテーブル デザイン設定

設定

説明

既定のデータ型

設定または新しいテーブルのフィールドと既存のテーブルに追加するフィールドの既定のデータ型を変更します。 既定のデータ型は、テキストです。

テキスト型のフィールド サイズ

選択した既定のフィールドの種類を入力できる文字の最大数を設定します。 既定の最大 255 文字を超えることはできません。

数値型のフィールド サイズ

設定またはの整数の数値データ型に設定されているフィールドの種類を変更します。

インデックスを自動作成するフィールド

先頭または末尾のフィールド名の文字を入力します。 外部ファイルからフィールドをインポートするか、テーブルにフィールドを追加する、自動的にインデックスAccessがここに入力した文字と一致する名前を持つフィールド。 別の文字列には、セミコロンを使用します。 たとえば、名前を入力すると、 Accessフィールドのインデックスという名前の「単価」と「得意先名」と表示されます。

プロパティの更新オプション] を表示します。

選択した場合、[プロパティの更新オプション] ボタンを示します。 このボタンは、テーブル内のフィールドのプロパティを変更するときに表示され、テーブルのデザインで特定のフィールド プロパティを変更する前に、関連するクエリ、フォームおよびレポートのプロパティを更新するかどうかたずねます。

ページの先頭へ

クエリ デザインの設定をカスタマイズします。

クエリ デザイン領域からオプションを選択すると、新しいクエリにデザイン要素を自動的に追加します。

クエリ デザイン設定の表示

設定

説明

テーブル名を表示します。

複数のテーブルに基づくクエリ内のフィールドのデータ ソースを追跡する必要がある場合は、このオプションを選択します。 選択した場合、 Accessクエリ デザイン グリッドでの行が表示されます。 既存のクエリの行を非表示には、このオプションをオフにします。

注: 以前に [テーブル名が表示されていた既存のクエリを開くと、 Accessは、このオプションを上書きします。

すべてのフィールドを表示します。

Accessの追加は、このオプションを選択したらを選択 *ステートメント クエリを実行します。 このステートメントの基になるテーブルまたはクエリの指定されたすべてのフィールドを取得します。 クエリ デザイナーを使用しているときに追加するフィールドのみを表示したい場合は、このチェック ボックスをオフにします。

注: このオプションは、 Accessの現在のインスタンスで作成した新しいクエリにのみ適用されます。

自動結合を有効にします。

クエリ デザイナーを使用する場合は、2 つのテーブル間の内部結合を自動的に作成するには、このオプションを選択します。 自分でリレーションシップを定義するには、このオプションをオフにします。

注: このオプションは、テーブルは、同じ名前およびデータ型のフィールドを共有する必要があり、それらのフィールドのいずれかの主キーである必要があります。

クエリ デザインのフォント

フォント: クエリ デザイナーで使用される既定のフォントを設定します。

サイズ: クエリのデザインで使用される既定のフォントのサイズを設定します。

SQL サーバー互換構文 (ANSI 92)

  • このデータベース Microsoft SQL Server データベースに対してクエリを実行するには、このオプションを選択します。 このオプションを選択すると、すべてのクエリの構文を ansi-92 を使用してください。 古い ansi-89 標準 ( Accessの既定値) を使用して作成された既存のクエリが実行されない、または、予期しない結果を返すことがあります。

  • 新しいデータベースの既定値: ansi-92 Accessの現在のインスタンスで作成したすべての新規データベースの既定のクエリ構文を使用するには、このオプションを選択します。

ページの先頭へ

フォームおよびレポートのデザインの設定を選択します。

フォームまたはレポートをデザインする際に、これらのオプションは、1 つまたは複数のコントロールを選択する四角形をドラッグすると、選択範囲の動作を定義します。 設定を選択するは、開いているかどうかと、今後作成するデータベースにすべてのAccessデータベースに適用します。

フォームおよびレポートのデザイナーのオプションを表示する

設定

説明

部分的に囲まれました。

選択範囲では、コントロールのグループまたはコントロールの一部について説明します。

完全に囲む

完全に、四角形描くにはには、すべてのコントロールまたはコントロールのグループが含まれます。

フォーム テンプレート

既定の設定を変更するには、すべての新しいフォームをテンプレートとして使用する既存のフォームの名前を入力します。 テンプレートから作成したフォームは、同じセクションおよびコントロールのプロパティをテンプレートとしてがあります。

レポート テンプレート

既定の設定を変更するには、すべての新しいレポート テンプレートとして使用する既存のレポートの名前を入力します。 新しいレポートは、同じセクションおよびコントロールのプロパティをテンプレートとしてがあります。

常にイベント プロシージャを使用します。

[ビルダーの選択] ダイアログ ボックスを表示するのではなく Visual Basic Editor を起動します。 既定では、任意のイベントのプロパティ シート [ビルダー] ボタン をクリックすると、ダイアログ ボックスが表示されます。

ページの先頭へ

[エラー チェック オプションを変更します。

これらのエラー チェック設定は既定で選択されているAccessを自動的にフォームおよびレポートのデザインのさまざまなエラーの確認が不要なオプションをオフにすることができます。

オブジェクト デザイナー カテゴリに表示されるエラー チェック設定

設定

説明

エラー チェック機能を有効にします。

有効またはフォームやレポートでのエラー チェックを無効にします。 Accessは、1 つまたは複数のエラーが発生するコントロールのエラー インジケーターを配置します。 既定のテキストの方向の設定に応じて、コントロールの左上隅または右上隅にある三角形としてマークが表示されます。 既定のインジケーターの色は緑は、ニーズに合わせて変更できます。 エラー チェック機能は既定で、このチェック ボックスをオフにする、データベースのエラー チェックを無効にする.

関連付けられていないラベルとコントロールのチェック

コントロールとラベルを選択すると、選択したオブジェクトが互いに関連付けられていることを確認するAccessを判定します。 Accessには、エラーが検出されると、エラー インジケーターではなくエラーのトレース] ボタンが表示されます。 また、ラベルまたはコントロールには、別のオブジェクトに関連付けられている場合でもエラーのトレース] ボタンが表示されます。

新しい関連付けられていないラベルのチェック

この設定は、選択されているときに、フォームにのみ適用されますAccessコントロールに関連付けられていることを確認するすべての新しいラベルを確認することができます。

キーボード ショートカットのエラーをチェックします。

Accessでは、重複するキーボード ショートカットと空白文字などの無効なショートカットをチェックし、候補の一覧を示します。 この設定は、フォームにのみ適用されます。

無効なコントロールのプロパティの確認

Accessでは、コントロールに無効な式またはフィールド名などの無効なプロパティの設定を確認します。

レポートの一般的なエラーをチェックします。

Accessでは、レポートに無効な並べ替え順序または幅を選択した用紙サイズを超えるなどの一般的なエラーをチェックします。 この設定は、レポートにのみ適用されます。

エラー インジケーターの色

設定するか、フォーム、レポート、またはコントロールにエラーが発生したときに表示されるエラー インジケーターの色を変更します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×