データベースウィザードについて

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Visio では、データベースウィザードを使用して、図面内の図形とデータベーステーブル内のレコードの間に1つまたは2方向のリンクを作成できます。図形をレコードにリンクすることで、ビジュアルフォーム (図面) と表形式 (データベーステーブル) の両方でデータを見ることができます。

リンクを確立したら、図面とテーブルの同期を保持して、いずれかの変更を両方に反映させることができます。

データベースウィザードを使用して、4つの異なる方法でリンクされた図面を作成できます。

既存の図面内の図形をデータベーステーブルにリンクする

既存の図面 (office プランなど) を、機器リストなどのデータベース情報にリンクすることができます。既存のデータベーステーブルにリンクすることも、ウィザード内から作成して後で入力することもできます。

注: Excel スプレッドシートにリンクしている場合は、ウィザードを開始する前に、データを受け入れるようにブックを設定する必要があります。ワークシートで、データを含むセルの範囲に名前を付けます。セルの範囲に名前を付ける方法の詳細については、Excel のドキュメントを参照してください。

作業を開始するには、ウィザードの2番目のページで、[図形をデータベースレコードにリンクする] を選択します。3番目のページで、図面内の [図形] を選択します。ウィザードの残りの部分では、残りの手順に従って、既存の図形をデータベーステーブルのレコードに接続します。ウィザードの手順に従ってヘルプを表示するには、ウィザードページを開いたまま F1 キーを押します。

データベーステーブル内の任意のレコードにリンクできるマスターシェイプを1つ作成する

コンピューター図形や人物図形などのマスターを、機器リストや人事レコードなどのデータベース情報にリンクすることができます。次に、マスターを図面ページにドラッグして、図形の各インスタンスをどのデータベースレコードに移動するかを選択します。既存のデータベーステーブルにリンクすることも、ウィザード内から作成して後で入力することもできます。

注: Excel スプレッドシートにリンクしている場合は、データを受け入れる準備ができているブックが必要です。ワークシートで、データを含むセルの範囲に名前を付けます。セルの範囲に名前を付ける方法の詳細については、Excel のドキュメントを参照してください。

作業を開始するには、ウィザードの2番目のページで、[図形をデータベースレコードにリンクする] を選択します。3番目のページで、 Visio ステンシル上文書ステンシルまたはマスターシェイプのいずれかを選択します。ウィザードの残りの部分では、残りの手順に従ってマスターシェイプをデータベーステーブルに接続します。ウィザードの手順に従ってヘルプを表示するには、ウィザードページを開いたまま F1 キーを押します。

ウィザードが完了したら、変更内容を改訂された Visio ステンシルまたはリンクされたマスターを含む新しいステンシルに保存して、保存した場所に注意してください。

既存のデータベーステーブル内のレコードごとに別々のマスターシェイプを作成する

図面内の同じレコードの多くのインスタンスを表す場合は、既存のデータベーステーブル内のレコードごとに別々のマスターシェイプを含むステンシルを作成することをお勧めします。たとえば、各レコード (または行) が別のモデルを表す office 椅子のデータベーステーブルがある場合は、office プランに各モデルの多くのインスタンスを含める必要があります。

注: Excel スプレッドシートにリンクしている場合は、データを受け入れる準備ができているブックが必要です。ワークシートで、データを含むセルの範囲に名前を付けます。セルの範囲に名前を付ける方法の詳細については、Excel のドキュメントを参照してください。

作業を開始するには、2番目のウィザードページで [データベースから新しいマスターを生成] を選択します。ウィザードの残りの部分では、残りの手順に従って、データベーステーブルからマスターシェイプのステンシルを作成します。ウィザードの手順に従ってヘルプを表示するには、ウィザードページを開いたまま F1 キーを押します。

ウィザードが完了したら、リンクされたマスターを含む新しいステンシルを認識可能な名前と場所に保存して、簡単に見つけることができるようにしてください。すべてのマスターは同じように見えますが、リンクされているレコードに応じてラベルが付けられます。

既存のデータベーステーブルを表す図面を作成する

既存のデータベーステーブル内のレコードごとに別々の図形を含む図面を作成できます。

作業を開始する前に、データベーステーブルにリンクされているマスターシェイプが既に存在している必要があります。まだ実行していない場合は、[1 つのマスターシェイプを作成する] を選択して、最初に上のデータベーステーブルオプションの任意のレコードにリンクすることができます。このオプションをもう一度試してみてください。

注: Excel スプレッドシートにリンクしている場合は、データを受け入れる準備ができているブックが必要です。ワークシートで、データを含むセルの範囲に名前を付けます。セルの範囲に名前を付ける方法の詳細については、Excel のドキュメントを参照してください。

作業を開始するには、2番目のウィザードページで [リンクされた図面を作成する]または [既存の図形を変更] を選びます。ウィザードの残りの部分では、残りの手順に従って、データベーステーブルから図面を作成します。すべての図形は同じに見えますが、その図形データフィールドは、リンク先のレコードに応じて設定されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×