データベースを SharePoint サイトに発行する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Windows SharePoint Services 3.0サイトにMicrosoft Office Access 2007データベースを発行するときに、組織の他のメンバーは、データベースを操作できます。

この記事の内容

概要

SharePoint サイトに、データベースを発行します。

SharePoint サイトにデータベースを再発行します。

概要

データベースを SharePoint サイトに発行する場合は、フォーム、レポート、およびデータベースでクエリのフロント エンドとしての Access を使用しながら、SharePoint サイトを使用している他のユーザーとデータを共有できます。

パブリッシュされたデータベースを使用する 2 つの方法があります。 データベースのデザイナーの場合は、クエリ、フォーム、および SharePoint サイトからのデータを使用しているレポートを構築できます。 データベースのユーザーの場合は、入力、表示、および SharePoint サイトからのデータを分析する Access を使うことができます。

既に作成して、または SharePoint リストまたはライブラリにリンクされている 1 つまたは複数のテーブルからデータベースを作成するデータベースを発行することができます。 Access のテーブルを SharePoint リストまたはライブラリからデータをリンクしている場合は、そのリストまたはライブラリのフォーム、クエリ、および Access でレポートに基づくビューを作成できます。 これにより、SharePoint サイト上のデータを追跡する Access アプリケーションを作成することができます。

たとえば、SharePoint サイトに顧客サービスの問題を追跡するリストが含まれ、社員情報が保存されている場合、これらのリストのフロント エンドとして Access のデータベースを作成できます。 これにより、Access クエリを作成してそれらの問題を分析したり、Access レポートを作成して、チームの進捗会議の報告書の書式設定や発行を行ったりすることができます。 ユーザーが自分のコンピューターに持って場合に、Access クエリとレポートできるようになります SharePoint リストの表示] メニューの [ [表示] メニュー にします。 SharePoint サイト上でリストを表示すると、[表示] メニューをクリックして、クエリ、レポート、およびその他の Access オブジェクトを探して開くことができます。

SharePoint サイトに、最初にデータベースを発行するときに、アクセスは、ドキュメント ライブラリなど、公開する場所に移動しやすく Web サーバーの一覧を示します。 データベースを発行した後、変更を発行するときに、サーバーをもう一度探す必要がないようにアクセス位置が記憶されます。

データベースを SharePoint サイトに公開することはOffice Access 2007形式で保存されているデータベース ファイルのみ使用できます。

SharePoint サイト上のデータを操作します。

SharePoint リストに基づくデータベースを作成する場合は、SharePoint リストから開始できます。 SharePoint リストの操作] メニューの [ メニューの画像 に [ Microsoft Access で開く] をクリックして [SharePoint サイト上のデータにリンクする] を選びます。 [フォーム、レポート、およびデータベースに追加する他のリストと同様に、データのクエリを作成できます。

SharePoint サイト上のライブラリにデータベースを発行するときは、Access で作成したオブジェクトを他のユーザーに、SharePoint リストの [表示] メニューを使用して利用できます。 ユーザーがビューを開くときに、読み取り専用で Access オブジェクトが利用できます。 ビューを更新するには、発行されているデータベースを編集して対応するオブジェクトを更新できます。

ユーザー機能を使用する発行されているデータベースとは、ローカル コピーを保存するように求められます。 変更は、ユーザーが発行されるまで、ローカルに保存します。 これは、通常、パフォーマンスが向上し、ネットワークのエラーが発生した場合に、データを回復するやすくなります。 データまたはオブジェクトを変更する場合は、変更内容が他のユーザーに対して利用可能になる前に、データベースを再発行する必要があります。

Access には、いくつかのボタンを簡単になど、SharePoint リストからデータを操作する、通知を作成して、リストの列を変更できるようにします。 発行されているデータベースでの SharePoint リストを表示されるボタンはデータシート] タブの [ SharePoint リスト] で使用可能なアクセスを使ってにリンクされているテーブルを編集します。

データベースを SharePoint サイトに発行すると、データベースがサイトを操作するアクセス許可のあるユーザーに使用可能になります。 ユーザーがドキュメント ライブラリなどのデータベースを発行する場所にあるリストを変更する権限を持つデータベースを更新することができます。 ユーザーには、SharePoint サイト上のリストに投稿する権限がある、データベースにデータを追加できます。 ユーザーの一覧を表示する権限がある、データベース内のデータを表示します。

データベースを再発行します。

データベースを SharePoint サイトに発行し、データを変更すると、最新の変更が保存されているため、データベースを再発行する必要があります。 再発行すると、次回のアクセスが開いているデータベースが利用可能なデータベースとして表示されます。

ページの先頭へ

SharePoint サイトに、データベースを発行します。

データベースを発行するときに既存のデータベースを起動または SharePoint サイトのリストを使用してデータベースを構築できます。

  1. Office ボタンのイメージMicrosoft Office ボタンをクリックし、 [発行] をポイントし、ドキュメント管理サーバー] をクリックします。

  2. データベースを発行する SharePoint サイトの URL を入力します。

    前回のアクセスを同じ場所を使用する場合は、 Web サーバーに発行] ダイアログ ボックスで、データベースが表示されます。

    注: このオプションは、データベースがOffice Access 2007形式で保存されている場合にのみ使用できます。

  3. データベースを発行する場所をドキュメント ライブラリなど、ライブラリを選択し、[開く] をクリックします。

  4. ] ボックスに、データベースのファイル名を入力します。

  5. [発行] をクリックします。

注: SharePoint サイトからデータベースを開くと、ローカル コピーを保存する求められます。

ページの先頭へ

SharePoint サイトにデータベースを再発行します。

データまたはデータベースのデザインに変更を加えた後は、SharePoint サイトに再発行する必要があります。 データベースを再発行するときにもう一度に移動する必要はありませんのでアクセス、位置が記憶します。

開くときに編集するために、データベースは、SharePoint ライブラリに公開されましたデータベースで、[ SharePoint サイトに発行] ボタンの上部にあるメッセージ バーが表示されます。 かどうか、メッセージ バーは利用できません何らかの理由: たとえば、作業中にメッセージ バーを閉じた場合- Microsoft Office ボタン[発行のコマンドを使用することができます。

  1. メッセージ バーで、 SharePoint サイトに発行] ボタンをクリックします。

    注: ]、[ SharePoint サイトに発行] ボタンとメッセージ バーが表示されない場合 Office ボタンのイメージMicrosoft Office ボタンをクリックし、[ドキュメント管理サーバー] をクリックし、[発行] をポイントします。

  2. Web サーバーに発行] ダイアログ ボックスで、表示されているライブラリに再発行する場所があることを確認します。

  3. [発行] をクリックします。

  4. サイト上のデータベースのコピーを置換するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×