データベースを開いたときに起動オプションを省略する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[Access のオプション] ダイアログ ボックスを使用するか、AutoExec マクロまたは Open イベント プロシージャを作成して、Microsoft Office Access データベースを開いたときの動作を指定している場合でも、それらの設定を省略してデータベースへのフル アクセスを取得する方法があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

起動オプションを省略します。

省略表示オプション

起動オプションを省略する

起動オプションを省略するには、次の操作を行います。

  • Shift キーを押しながらデータベースを開きます。

注: データベースのマクロ セキュリティ設定によっては、起動時に 1 つ以上のセキュリティ メッセージが表示される場合があります。起動オプションを省略するには、これらのセキュリティ メッセージを閉じるまで Shift キーを押し続ける必要があります。

ページの先頭へ

省略されたオプションを表示する

Shift キーを押しながらデータベースを開くと、[Access のオプション] ダイアログ ボックスの [カレント データベース] ページで設定したオプションの多くが省略されます。これらのオプションを表示するには、次の操作を行います。

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [カレント データベース] をクリックします。

次の表に、[カレント データベース] ページの各設定項目と、Shift キーを押しながらデータベースを開いたときの動作の一覧を示します。

オプション グループ

設定

起動オプション省略時の動作

アプリケーションのオプション

[アプリケーション タイトル]

カスタムのアプリケーション タイトルは表示されません。

[アプリケーション アイコン]

カスタムのアプリケーション アイコンは表示されません。

[フォームの表示]

指定されたフォームは表示されず、フォームのイベント プロシージャも実行されません。

移動

[ナビゲーション ウィンドウを表示する]

設定にかかわらず、ナビゲーション ウィンドウが表示されます。

リボンおよびツールバーのオプション

[リボン名]

指定されたカスタムのリボンは表示されません。

[すべてのメニューを表示する]

設定にかかわらず、既定のリボン タブがすべて表示されます。

[既定のショートカット メニュー]

設定にかかわらず、既定のショートカット メニューがすべて表示されます。

注: データベースに AutoExec という名前の Access マクロを追加すると、通常はこのマクロがデータベースを開くたびに実行されます。起動オプションを省略した場合、AutoExec マクロは実行されません。

ヒント: スタートアップのオプションを省略できないように、Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用してデータベースのAllowBypassKeyプロパティを設定する、バイパス (shift キーを押し) キーを無効にします。AllowBypassKeyプロパティの設定については、この記事の「参照」セクションのリンクをクリックしてします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×