データベースを開いたときに起動オプションを省略する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft Access データベースを開いたときの動作を指定する設定を使用する場合は、データベースへのフル アクセスを回復するには、この設定を回避できます。たとえば、 Access のオプション] ダイアログ ボックスで、または、AutoExec マクロを作成して、オープンのイベント プロシージャでは、カレント データベースのオプションを設定できます。データベースにスタートアップのオプションの設定がある場合は、この記事は、回避する方法について説明します。

すべての起動オプションを省略するには、次の手順を実行します。

  • Shift キーを押しながらデータベースを開きます。

データベースのマクロのセキュリティ設定に基づき、起動時に 1 つ以上のセキュリティ メッセージが表示される場合があります。

注: SHIFT キーを押しながら、すべてのセキュリティ メッセージを閉じるか、起動オプションを省略されませんを続行する必要があります。

SHIFT キーを押しながらデータベースを開くと、[ Access のオプション] ダイアログ ボックスの [現在のデータベース] ページで設定されているオプションの多くは無視されます。これらのオプションを変更するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。[ Access のオプション] をクリックして Access 2007 をクリックして、[ Microsoft Office ボタンを使用している場合に注意します。

    Access のオプションボックスが開きます。

  2. カレント データベース] をクリックし、現在のデータベースの設定を変更します。

注: 変更を有効にするため、データベースを閉じて再び開くする必要があります。

次の表は、各設定については、[カレント データベース] ページとデータベースを開くには、SHIFT キーを押しながらするときの動作を一覧表示します。

オプション グループ

設定

スタートアップのオプションは省略されないときの動作

アプリケーションのオプション

[アプリケーション タイトル]

カスタム アプリケーション タイトルは表示されません。

[アプリケーション アイコン]

ユーザー設定のアプリケーション アイコンは表示されません。

[フォームの表示]

指定されたフォームが表示されていないと、のフォームのイベント プロシージャを実行します。

Web 表示フォーム

指定された Web フォームがある場合にのみです。使用可能な場合、指定された Web フォームが表示されていないとのフォームのイベント プロシージャを実行します。

ナビゲーション

[ナビゲーション ウィンドウを表示する]

このオプションが選択されていない場合でも、ナビゲーション ウィンドウが表示されます。

リボンとツールバーのオプション

[リボン名

指定したユーザー設定のリボンは表示されません。

[すべてのメニューを表示する]

設定に関係なく、すべての既定のリボン タブが表示されます。

[既定のショートカット メニュー]

設定に関係なく、すべての既定のショートカット メニューが表示されます。

カレント データベースのオプションを設定する方法の詳細については、「一元的な場所からカレント データベースのユーザー オプションを設定する」を参照してください。

Access データベースに autoexec マクロを追加すると、マクロは通常、データベースを開くたびを実行します。スタートアップのオプションを省略した場合、AutoExec マクロは実行されません。

複数のユーザーがデータベースについては、起動オプションを使用してユーザーを防止できます。Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用してAllowBypassKeyプロパティをFalseに設定して、使用しない (shift キーを押し) キーを無効にします。

AllowBypassKey プロパティでは、次の設定が使用されます。

設定

説明

True

ユーザーが Shift キーを使用して、スタートアップ プロパティおよび AutoExec マクロの読み込みを回避できるようにします。

False

ユーザーが Shift キーを使用して、スタートアップ プロパティおよび AutoExec マクロの読み込みを回避することを禁止します。

マクロまたは VBA コードを使用して、このプロパティを設定することができます。

マクロを使用して AllowBypassKey プロパティを設定するには、次の方法でプロパティを作成する必要があります。

  • Microsoft Access データベース (.mdb または .accdb) で、CreateProperty メソッドを使用してプロパティを作成し、Database オブジェクトの Properties コレクションにその作成したプロパティを追加することで、プロパティを追加できます。

  • Microsoft Access プロジェクト (.adp) で、Add メソッドを使用することで、CurrentProject オブジェクトの AccessObjectProperties コレクションにプロパティを追加できます。

AllowBypassKey プロパティの設定は、次にアプリケーション データベースを開くときまで有効になりません。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×