データベースを開いたときに起動オプションを省略する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[Access のオプション] ダイアログ ボックスから、AutoExec マクロの作成、または Open イベント プロシージャにより、カレント データベースの新しい起動オプションを設定できます。ただし、Microsoft Access 2013 データベースを開いたときに、それらの設定を省略する場合があります。

すべての起動オプションを省略するには、次の手順を実行します。

  • Shift キーを押しながらデータベースを開きます。

データベースのマクロのセキュリティ設定に基づき、起動時に 1 つ以上のセキュリティ メッセージが表示される場合があります。

注: これらすべてのセキュリティ メッセージを閉じる間、Shift キーを押し続けている必要があります。そうしないと、起動オプションは省略されません。

他のユーザーが起動オプションを省略できないようにする

その他のユーザーは、起動オプションを省略できないようにすることができます。Visual Basic for Applications (VBA) コードを使用してAllowBypassKeyプロパティをFalseに設定して、使用しない (shift キーを押し) キーを無効にします。

AllowBypassKey プロパティの設定が使用されます。

設定

説明

True

ユーザーが Shift キーを使用して、スタートアップ プロパティおよび AutoExec マクロの読み込みを回避できるようにします。

False

ユーザーが Shift キーを使用して、スタートアップ プロパティおよび AutoExec マクロの読み込みを回避することを禁止します。

マクロを使用して AllowBypassKey プロパティを設定するには、次の方法でプロパティを作成する必要があります。

  • Microsoft Access データベース (.mdb または .accdb)] で、 CreatePropertyメソッドを使用してデータベースオブジェクトのPropertiesコレクションに追加し、プロパティを追加できます。

  • Microsoft Access プロジェクト (.adp) で、Add メソッドを使用することで、CurrentProject オブジェクトの AccessObjectProperties コレクションにプロパティを追加できます。

AllowBypassKey プロパティの設定は、次にアプリケーション データベースを開くときまで有効になりません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×