データベースを開いたときに実行されるマクロを作成する

Access データベースを起動するたびに特定の一連のアクションを実行するには、AutoExec マクロを作成できます。たとえば、アプリケーション ウィンドウを自動的に最大化し、ナビゲーション ウィンドウをロックして、特定のレポートを開く場合があります。

AutoExec マクロは、単に AutoExec という名前が付けられたマクロです。データベースの起動時、Access で他のマクロや VBA コードが実行される前に、AutoExec マクロが実行されます。

注: この記事は、Access Web データベースまたは Access Web アプリには適用されません。

AutoExec マクロを作成する

データベースを起動したときに実行するアクションを含むマクロを既に作成している場合、マクロの名前を AutoExec に変更するだけで、マクロは次にデータベースを開いたときに実行されます。それ以外の場合は、次の手順に従ってマクロを作成します。

  1. [作成] タブの [その他] グループで、[マクロ] をクリックします。

    Access の [マクロ/コード] グループのリボン イメージ

    注: Access 2007 を使用している場合は、[作成] タブの [その他] グループで [マクロ] をクリックします。このコマンドを使用できない場合は、[モジュール] または [クラス モジュール] ボタンの下にある矢印をクリックして、[マクロ] をクリックします。

  2. マクロ ビルダーの最上部にあるドロップダウン リストで、実行するアクションを選びます。該当する場合は、引数ボックスに適切な値を入力します。

    注: Access 2007 を使用している場合は、マクロ ビルダーの最初の空の [アクション] セルで、実行するアクションを選択します。該当する場合は、[アクションの引数] の下で、引数ボックスに適切な値を入力します。

    • 目的のアクションを見つけることができない場合は、[デザイン] タブの [表示/非表示] グループで、使用する、[すべてのアクションを表示] が選択されていることを確認します。 これにより使用できるアクションのリストが展開されますが、リストにはデータベースが信頼されている場合にだけ実行されるアクションも含まれます。 詳細については、「データベースを信頼するかどうか決定する」を参照してください。

  3. 実行するアクションを追加するたびに手順 2 を繰り返します。

  4. [保存] をクリックし、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで「AutoExec」と入力します。

  5. [OK] をクリックし、マクロ ビルダーを閉じます。新しいマクロは、次にデータベースを開いたときに実行されます。

マクロの作成方法の詳細については、「ユーザー インターフェイス (UI) マクロを作成する」を参照してください。

注:

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×