データベースを復元する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データベースを復元するには、データベースのバックアップ コピーが既に作成されている必要があります。

一般にバックアップとは、データベース ファイルの "問題がないことがわかっているコピー" を指します。これは、データ整合性およびデザインに信用性があるコピーです。バックアップの作成には Microsoft Office Access の [データベースのバックアップ] コマンドを使用しますが、データベースの復元には、問題がないことがわかっている任意のコピーを使用できます。たとえば、USB 外部バックアップ デバイスに保存されているコピーからデータベースを復元できます。

データベース全体を復元したり、特定のオブジェクトだけをデータベースから選択して復元することができます。

バックアップ コピーがない場合、データが失われたり、データベースのデザインが不適切に変更または破壊される危険があります。このため、バックアップを定期的に作成する必要があります。データベース バックアップの計画と作成の詳細については、「データベースをバックアップする」を参照してください。

この記事の内容

データベース全体を復元する

データベースの一部を復元する

データベース全体を復元する

データベース全体を復元すると、破損したり、データに問題があったり、完全に失われたデータベース ファイルがデータベース全体のバックアップで置き換えられます。

  • データベース ファイルが失われている場合は、バックアップをデータベースの正しい場所にコピーします。

    重要: 復元するデータベースに含まれるオブジェクトに他のデータベースまたはプログラムからリンクが設定されている場合、データベースを正しい場所に復元することは非常に重要です。誤った場所に復元すると、データベース オブジェクトへのリンクが機能しなくなり、リンク テーブル マネージャなどを使用してリンクを再作成することが必要になります。

  • データベース ファイルが破損しているか、データに問題がある場合は、破損したファイルを削除してからバックアップで置き換えます。

ページの先頭へ

データベースの一部を復元する

特定のデータベース オブジェクトを復元するには、復元対象のオブジェクトが含まれる (または失われている) データベースにバックアップからオブジェクトをインポートします。複数のオブジェクトを一度に復元できます。

  1. オブジェクトを復元するデータベースを開きます。

  2. 誤って削除されたテーブルなどの失われたオブジェクトを復元する場合は、手順 3. にスキップします。データが不良になったり失われているオブジェクトや正常に機能しなくなったオブジェクトを置き換える場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • 復元したオブジェクトと比較するなどの目的で現在のオブジェクトを復元後も残しておく必要がある場合は、復元する前にオブジェクトの名前を変更します。たとえば、破損したフォームの名前が "Checkout" であれば、これを "Checkout_bad" に変更します。

    • 置き換えるオブジェクトを削除します。

      注: データベース オブジェクトを削除するときは、常に注意が必要です。

  3. [外部データ] タブの [インポート] で [Access] をクリックします。

  4. [外部データの取り込み] ダイアログ ボックスで、[参照] をクリックしてバックアップ データベースを選択します。

  5. [現在のデータベースにテーブル、クエリ、フォーム、レポート、マクロ、モジュールをインポートする] をクリックし、[OK] をクリックします。

  6. [オブジェクトのインポート] ダイアログ ボックスで、復元するオブジェクトの種類に対応するタブをクリックします。たとえば、テーブルを復元する場合、[テーブル] タブをクリックします。

  7. オブジェクトをクリックして選択します。

  8. 複数のオブジェクトを復元する場合は、復元するすべてのオブジェクトが選択されるまで手順 6. と手順 7. を繰り返します。

  9. 必要に応じてインポートのオプションを調整します。[オブジェクトのインポート] ダイアログ ボックスで、オブジェクトをインポートする前に [オプション] をクリックしてインポート オプションを確認します。

  10. オブジェクトの選択とオプションの設定が終わった後で、[OK] をクリックしてオブジェクトを復元します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×