データベースを信頼するかどうか決定する

データベースを信頼するかどうか決定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事には、Access での信頼の動作の概要が含まれています。 と Access デスクトップ データベースを信頼するかどうかを決定するときに考慮すべき事項します。

この記事の内容

概要

データベースを信頼するかどうかに決定するときに考慮する事項

データベースを信頼する方法

概要

既定では、Access には、安全でない可能性のすべてのコードやバージョンの Access データベースを作成するために使用するのに関係なく、データベース内の他のコンポーネントが無効になります。

Access を使用するデータベースを信頼する方法

Access には、コンテンツが無効に、通知アクションのメッセージ バーに表示します。

メッセージ バー

メッセージ バーを表示する場合は、データベースで無効になっているコンテンツを信頼するかどうかを選択できます。 無効なコンテンツを信頼できる場合は、これを行うには、2 つの方法。

  • メッセージ バーを使用します。    メッセージ バー上のコンテンツを有効にするをクリックします。 このオプションを選択するときに、データベースが変更された場合に、手順を繰り返す必要があります。 

  • データベースを永久に信頼します。    信頼できる場所にデータベースを配置する-ドライブまたは信頼済みとしてマークするネットワーク上のフォルダー。 このオプションを選択して、メッセージ バーが表示されなくなったデータベースが信頼できる場所に残っている限り、データベース コンテンツを有効にする必要があることはありません。

データベースを信頼したくない場合は無視されるか、メッセージ バーを閉じる。 無視するメッセージ バーを閉じるときに、データベースにデータを表示し、アクセスが無効になっていないデータベース内のすべてのコンポーネントを使用してもできます。

ページの先頭へ

データベースを信頼するかどうかに決定するときに考慮する事項

データベースを信頼するかどうかを決定する前に、次の点を考慮してください。

  • 独自のセキュリティ ポリシー    あなた、または会社は、セキュリティ ポリシーを Access データベースのファイルを処理する方法を指定するがあります。 たとえば、か所で非常に堅牢なバックアップ システムがあるし、ことができるほとんどのデータベース ファイルを信頼する特別な理由がない限りを決める可能性があります。 逆に、バックアップ システムを適切ながない可能性がありますをため可能性がありますにデータベースを信頼するかどうかを決定するときに非常に注意する必要があります。

  • 目的    Access には、信頼していないデータベースのコンテンツが無効に、そのデータベースのデータへのアクセスはブロックしません。 データベース内のデータを参考にしてアクション クエリを実行して、特定のマクロ アクションを使うなど、安全でない可能性のある操作を実行したくない場合は、データベースを信頼する必要はありません。 動作するかどうかを確認していない場合は、安全でない、するため、データベースのコンテンツを無効モードによってブロックされているときに、操作を実行すると見なされます。 アクションが安全でない場合は、このような状況でブロックされます。

  • データベース ソース    データベースを作成した場合、または信頼できる発行元になることがわかっている場合は、データベースを信頼することもできます。 信頼性のソースから入手したデータベースを場合は、そのコンテンツが信頼できることを確認するまで、信頼されていないデータベースのままにします。

  • データベース ファイルの内容    その他の情報に基づく信頼性に関する判断できない場合は、十分に、データベースが含まれる起こす可能性があるコンテンツを表示するデータベースの内容を調べる必要があります。 完了チェックを行うし、コンテンツが信頼できることを確認すると、データベースを信頼することもできます。

  • データベースが保存されている場所のセキュリティ    わかっているデータベース ファイルの内容が完全に安全でない場所に保存されている場合は、信頼できる場合でも、データベースに安全でないコンテンツを紹介他のユーザー可能性があります。 セキュリティで保護されたことができない可能性がある場所に保存されているデータベース ファイルを信頼する決定する際に注意する必要があります。

ページの先頭へ

データベースを信頼する方法

データベースを信頼することにした後、信頼できる、または信頼できる場所にデータベース ファイルを配置して、メッセージ バーを使用しています。

メッセージ バーを使用してコンテンツを有効にします。

リボンのすぐ下に、メッセージ バーが表示されます。

メッセージ バー

  • メッセージ バーでコンテンツの有効化] をクリックします。

メッセージ バーが表示されないコンテンツが無効になっている場合は、メッセージ バーが有効になっていることを確認します。

メッセージ バーを有効にします。

  1. [ファイル] メニューの [オプション] をクリックします。 

  2. [Access のオプション] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、[セキュリティ センター] をクリックします。

  3. 右側のウィンドウの [Microsoft Office Access セキュリティ センター] で、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  4. [セキュリティ センター] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで、[メッセージ バー] をクリックします。

  5. 右側のウィンドウで、ActiveX コントロールやマクロなどのアクティブ コンテンツがブロックされた場合、すべてのアプリケーションでメッセージ バーを表示をクリックし、[ OK] をクリックします。

  6. 変更した設定を適用するデータベースを閉じてから。

メッセージ バーが表示され、有効になっているはコンテンツを有効に使用することができます。

データベース ファイルを信頼できる場所に移動します。

指定されたデータベースが信頼できるしを既定で有効にする必要がありますを指定するには、データベース ファイルが信頼できる場所にあることを確認します。 信頼できる場所は、フォルダーまたはコンピューター上のファイル パスまたは元と見なされます。 安全にコードを実行しているイントラネット上の場所です。 既定の場所は、テンプレート、アドインを起動が信頼済みフォルダー。 独自の信頼できる場所を指定することもできます。

ヒント: 現在のデータベースのパスを知っている場合は、Backstage ビューを開く [ファイル] タブをクリックします。 カレント データベースの場所の完全なパスは、[情報] タブに表示されます。

  • データベース ファイルが置かれているフォルダーを開き、希望する信頼できる場所にデータベース ファイルをコピーします。

信頼できる場所を指定します。

  1. [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。 

  2. Access のオプション] ダイアログ ボックスで、左側の [セキュリティ センター] をクリックします。

  3. 右側で、[ Microsoft Office Access セキュリティ センター] で [セキュリティ センターの設定] をクリックします。

  4. [セキュリティ センター ] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウでは、信頼できる場所をクリックします。

  5. ネットワーク上の場所を追加するには、右側のウィンドウで、ネットワークの信頼できる場所を許可する] チェック ボックスを選択します。

  6. [新しい場所の追加] をクリックします。

  7. Microsoft Office の信頼できる場所] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの手順に従います。

    • [パス] ボックスで、追加する場所の完全なパスを入力します。

    • 場所を参照する参照をクリックします。

  8. 信頼できる新しいサブフォルダーに場所も信頼できる場所として指定するには次の場所のサブフォルダーのも信頼する] チェック ボックスを選択します。

  9. 必要に応じて、 [説明] ボックスでは、信頼できる場所の説明を入力します。

ページの先頭へ

関連項目

Office ドキュメントのマクロを有効または無効にする

Office ファイルで ActiveX 設定を有効または無効にする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×