データベースをバックアップする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

アクティブなデータベースは、定期的にバックアップを行って、データの損失を防ぐと共に、データベース デザインに費した時間と労力を無駄にしないことが必要です。バックアップを作成しておくと、データベース全体や特定のデータベース オブジェクトを簡単に復元できます。

データベースのレコード数が恒常的に増加していく場合には、古いデータをアーカイブすることもできます。アーカイブとは、アクティブなデータベースのテーブルからアーカイブ データベースのテーブルに、古いレコードを定期的に移動する処理です。この記事では、古いデータをアーカイブする方法については説明しません。

データベース ファイルのバックアップの作成を自動化するには、ファイル サーバー バックアップ ソフトウェアや USB 外部バックアップ デバイスなど、ファイル システムの自動バックアップを実行する製品の使用をお勧めします。この記事では、Microsoft Office Access のバックアップの作成を自動化する方法については説明しません。

データベースのバックアップがあるデータまたはオブジェクトを復元する場合は、データベースを復元する記事を参照してください。

この記事の内容

概要

データベースをバックアップします。

分割データベースをバックアップします。

概要

バックアップを作成しておくと、システム障害からデータベースを守ったり、[元に戻す] コマンドで修復できないミスに対処したりするのに役立ちます。

Microsoft Office Access 2007 では、[元に戻す] コマンドを最大 20 回まで使用して、データベース ファイルを前回保存したとき以降に加えた変更を元に戻すことができます。

しかし、アクション クエリを使用してレコードの削除やデータの変更を行った場合、[元に戻す] コマンドで変更を元に戻すことはできません。たとえば、更新クエリを実行して更新した古い値を [元に戻す] で復元することはできません。

ヒント: アクション クエリ (特に、大量のデータを変更または削除するクエリ) を実行する場合、その直前にバックアップを作成することをお勧めします。

元に戻せないデータベースの変更

Access には、誤って加えた変更を元に戻す手段が用意されていますが、処理によってはその機能を使用できない場合があります。元に戻せない変更をした後でデータベースを復元できるよう、バックアップを作成する必要があります。

定期的なバックアップの必要性

バックアップを行う頻度は、データベースに変更を加える頻度に応じて、次のように判断します。

  • データベースがアーカイブや参照用で、めったに変更しない場合は、データを変更するたびにバックアップを作成します。

  • アクティブなデータベースで、データを頻繁に変更する場合は、スケジュールに従ってデータベースをバックアップします。

  • データベースにデータが含まれていない代わりにリンク テーブルを使用する場合は、デザインを変更する前に、データベースをバックアップする必要があります。

    注: リンク テーブルを含むプログラムで使用できるすべてのバックアップ機能を使用して、リンク テーブルのデータをバックアップする必要があります。リンク テーブルを含むデータベースを Access データベースがある場合は、そのデータベースをバックアップする分割データベースをバックアップする] セクションで、手順を使います。

ページの先頭へ

データベースをバックアップする

Access でデータベースをバックアップする場合は、デザイン ビューで開いているオブジェクトが保存されて閉じられます。次に、データベースの最適化と修復が行われ、データベース ファイルのコピーが指定の名前と場所で保存されます。その後で、閉じられたオブジェクトが再度開かれます。

注: オブジェクトが再度開かれるときには、オブジェクトの "既定のビュー" プロパティで指定された値に従います。

  1. バックアップする対象のデータベースを開きます。

  2. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[管理] をポイントします。次に、[このデータベースの管理] の [データベースのバックアップ] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスで、データベース バックアップの名前を確認します。

    名前は必要に応じて変更できますが、既定の名前には、元のデータベース ファイルの名前とバックアップを作成した日付の両方が含まれています。

    ヒント: バックアップからデータまたはオブジェクトを復元するときには、バックアップ元のデータベースと、バックアップの作成時期を確認する必要があります。したがって、通常は既定のファイル名を使用することをお勧めします。

  4. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスでバックアップの保存場所を選択し、[保存] をクリックします。

ページの先頭へ

分割データベースをバックアップする

通常、分割データベースは、2 つのデータベース ファイルで構成されます。1 つはバックエンド データベースで、テーブル内のデータのみを格納します。もう 1 つはフロントエンド データベースで、バックエンド データベースのテーブルへのリンクと、クエリ、フォーム、レポートなどのデータベース オブジェクトを格納します。データはすべてバックエンド データベースに保存され、クエリ、フォーム、レポートなどのユーザー インターフェイス オブジェクトはすべてフロントエンド データベースに保存されます。

分割データベースをバックアップするときには、フロントエンド データベースとバックエンド データベースをそれぞれ別個にバックアップします。バックエンド データベースにはデータが保存されているため、定期的にバックアップすることが重要です。フロントエンド データベースは、デザインに変更を加えるたびにバックアップできます。ただし、フロントエンド データベースはユーザーごとにデータベースのコピーのデザインを独自に変更できるため、各ユーザーが必ずフロントエンド データベースをバックアップするよう指導します。

バックエンド データベースをバックアップする

バックアップを実行するには、データベース ファイルへの排他的アクセスが必要なため、ユーザーがバックエンド データベースを一時的に使用できなくなる場合があります。バックアップ処理を開始する前にユーザーに通知することをお勧めします。

  1. バックエンド データベースを排他モードで開きます。

    データベースを排他モードで開く方法

    1. Access を起動します。データベースは開きません。

    2. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして、[開く] をクリックします。

    3. [ファイルを開く] ダイアログ ボックスで、バックエンド データベース ファイルを選択します。データベース ファイルを参照して見つける場合は、[ファイルの場所] の一覧を使用します。

    4. [開く] ボタンの矢印をクリックし、[排他モードで開く] をクリックします。

  2. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[管理] をポイントします。次に、[このデータベースの管理] の [データベースのバックアップ] をクリックします。

  3. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスで、データベース バックアップの既定の名前を確認します。名前は必要に応じて変更できますが、既定の名前には、元のデータベース ファイルの名前とバックアップを作成した日付の両方が含まれています。

    ヒント: バックアップからデータまたはオブジェクトを復元するときには、バックアップ元のデータベースとバックアップの作成時期を確認する必要があるため、通常は既定のファイル名を使用することをお勧めします。

  4. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスでバックアップの保存先を選択し、[保存] をクリックします。

フロントエンド データベースをバックアップする

フロントエンド データベースのデザインに費した時間と労力を無駄にしないために、デザインを変更するたびにバックアップします。ユーザーごとにフロントエンド データベースのコピーのデザインを独自にカスタマイズできる場合は、カスタマイズしたコピーを各ユーザーが必ずバックアップするよう指導します。

フロント エンド データベースをバックアップするには、データベースを開いたまま、デザインを変更した後すぐにします。次のデータベースをバックアップ手順 2 を開始するセクションの手順を実行します。

フロントエンド データベースのバックアップ操作を完了した後で、新しいデザインをユーザーが使用できるようになります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×