データベースまたはオブジェクトを別の形式で保存する

作業内容を Access にする方法は、他の Office アプリで保存する方法とは少し異なります。ほとんどのアプリケーションでは、作業を保存する主な理由はデータへの変更を保存することですが、Access ではデータへの変更は自動的に保存されます。

Access での保存の目的は、データの変更内容を保存することではなく、データベースのデザインの変更を保存することや、データその他を含むデータベース全体を、バックアップとして新しいファイル名で保存する、または以前の Access ファイル形式、データベース テンプレート、またはコンパイルしたデータベース (デザインを変更できないデータベース) などの異なる形式で保存することです。また、個々のデータベース オブジェクトを新しいオブジェクトとして保存することもできます。

このトピックでは、Access で作業内容を保存する各種の方法を説明し、さらに詳しい情報を記載したトピックへのリンクを提供します。

データベースのデザイン要素を保存して再利用する

データベースやデータベース オブジェクトを再利用するには、[名前を付けて保存] ダイアログを使用します。

  1. データベースまたはデータベース オブジェクトを開きます。

  2. [ファイル] タブの [名前を付けて保存] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • データベースを別の形式で保存するには、[データベースに​​名前を付けて保存] をクリックします。

    • データベース オブジェクトを別の形式で保存するには、[オブジェクトに​​名前を付けて保存] をクリックします。

      注: [クライアント オブジェクトとして保存] オプションは、Web データベースでのみ使用できます。

  4. 新しいコピーに適用する形式をクリックします。

    利用できる形式とそれぞれの用途について詳しくは、「データベースのデザイン要素を保存して再利用する」と「使用が推奨される Access ファイル形式」を参照してください。

    バックアップの作成の詳細については、「バックアップと復元によってデータを保護する」を参照してください。

データベースやオブジェクトのコピーを保存することはデスクトップのデータを共有する 1 つの方法ですが、他の方法もあります。詳細については、「Access デスクトップ データベースを共有する方法」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×