データベースの既定の設定をカスタマイズする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ファイルをクリックして、Access デスクトップ データベースのさまざまな設定をカスタマイズする >オプション>クライアントの設定します。このカテゴリから行った設定は、お使いのコンピューターにあるすべてのAccessデスクトップ データベースのファイルに適用されます。

注: Access 2007 を使っている場合は、 Microsoft Office ボタンをクリックします。 > Access のオプション>詳細設定をこれらのオプションと設定を確認します。

注: この記事は Access Web アプリ (Access で設計してオンラインで公開するデータベースの一種) には適用されません。

目的に合ったトピックをクリックしてください

カーソルおよびキーの動作をカスタマイズする

機能の表示オプションを設定する

印刷のオプションを変更する

データベースの一般的なオプションを設定する

アプリケーションの詳細なオプションをカスタマイズする

言語固有の表示に関するオプションを設定する

カーソルおよびキーの動作をカスタマイズする

特定のキーを使用すると、カーソルの動作を設定するのにには、次のオプションを使用します。言語固有のカーソルの動作を設定する方法については、この記事の後半で言語固有の表示に関するオプションを設定するカーソルの移動] セクションを参照してください。

Enter キーを押した場合のカーソルの動作を設定するには、次のオプションを使用します。

オプション

説明

[移動しない]

カーソルは現在のフィールドに置かれたままになります。

[次のフィールド]

カーソルが次のフィールドに移動します。既定では、次のフィールドは、文字の方向の設定に応じて、現在のフィールドの右または左になります。既定ではこの設定がオンになっています。

[次のレコード]

カーソルが次のレコードの現在のフィールドに移動します。複数のレコードを表示している場合、次のレコードは現在のレコードのすぐ下のレコードになります。

フォームおよびデータシートで、Enter キー、Tab キー、および方向キーを押した場合のカーソルの動作を設定するには、[フィールド移動時の動作] セクションの次のオプションを使用します。

オプション

説明

[フィールド全体を選択]

カーソルをフィールド内に配置すると、そのフィールド全体が選択されます。

[フィールドの先頭に移動]

カーソルをフィールド内に配置すると、カーソルはそのフィールドの先頭に移動します。

[フィールドの最後に移動]

カーソルをフィールド内に配置すると、カーソルはそのフィールドの末尾に移動します。

方向キーを押した場合のカーソルの動作をカスタマイズするには、[方向キーの動作] の次のオプションを使用します。

方向キーの動作オプションの拡大図

オプション

説明

[次のフィールド]

言語の設定に応じて、→キーまたは←キーを押すと、カーソルが次のフィールドまたは前のフィールドに移動します。

[次の文字]

→キーまたは←キーを押すと、カーソルがフィールド内の次の文字または前の文字に移動します。

[先頭/最後のフィールドでカーソルを止める]

→キーまたは←キーを押したときに、先頭のフィールドまたは最後のフィールドから前のレコードまたは次のレコードにカーソルが移動しないようにします。

ページの先頭へ

機能の表示オプションを設定する

[表示] のオプションで次の設定をカスタマイズすると、アニメーションやステータス バーなどの便利な機能を表示できます。

オプション

説明

最近使用したデータベースの数を表示します。

[最近使用したデータベース] ウィンドウに表示する、最近使用したファイルの数を設定または変更します。

多くの最近使用したデータベースを簡単にアクセスします。

設定または [backstageオプション] で表示される最近使ったファイルの数を変更します。このオプションは Access 2013 と以降のバージョンの使用に注意してください。

固定されていない最近使用したフォルダーの数を表示します。

設定または最近使用したデータベースウィンドウに表示される固定されていないの最近使用したフォルダーの数を変更します。このオプションは Access 2013 と以降のバージョンの使用に注意してください。

Backstage を開くまたはファイルを保存するときに表示しません。

Backstage ビューを開くときに、ファイルの保存を非表示にします。このオプションは Access 2013 と以降のバージョンの使用に注意してください。

[ステータス バー]

Access ウィンドウの下部にステータス バーを表示します。

[行や列をスライド表示する]

新規列をデータシートにアニメーション効果付きで挿入するなどのアニメーション機能を有効にします。

データシートで操作タグを表示します。

データシートで操作タグが表示されます。

フォームやレポートの操作タグを表示します。

フォームやレポートでは、操作タグを示しています。

マクロのデザイン - 名] 列に表示します。

Access 2007 の場合のみです。マクロ デザイナーの [マクロ名] 列が表示されます。表示したり、[デザイン] タブの [表示/非表示] で、マクロの名前をクリックしてこの列を非表示にする] このオプションをオフにするマクロの名前が格納されているデザイン ビューでマクロを開く場合は、非表示の列がされることに注意してください。表示されます。この設定は、すべてのデータベースに適用されますが、マクロ名] を使用するには、現在のマクロには、この設定をオフにします。

マクロのデザインの条件] 列に表示します。

Access 2007 の場合のみです。マクロ デザイナーの条件] コマンドが表示されます。表示したり、メモの場合は、このオプションをオフにしてから、デザイン ビューでマクロを開く、1 つまたは複数の条件を非表示の列を含む [デザイン] タブの [表示/非表示] で、条件をクリックしてこの列を非表示にします。表示されます。この設定は、すべてのデータベースに適用されますが、条件] を使用するには、現在のマクロには、この設定をオフにします。

ページの先頭へ

印刷のオプションを変更する

[印刷] のオプションを使用すると、既定の余白を設定できます。レポートやデータシートを印刷する前に、ページ設定と印刷のオプションをカスタマイズすることもできます。

オプション

説明

[左余白]

データシート、モジュール、および新しいフォームおよびレポートの既定の左の余白を変更します。0 ~、印刷ページの高さまたは幅の値を使用することができます。既存のフォームとレポートの余白を変更するには、[ファイル] タブをクリックして、印刷] をクリックして、もう一度、[印刷] をクリックし、[印刷] ダイアログ ボックスでオプションを設定します。

[右余白]

データシート、モジュール、および新しいフォームおよびレポートの既定の右の余白を変更します。0 ~、印刷ページの高さまたは幅の値を使用することができます。既存のフォームとレポートの余白を変更するには、[ファイル] タブをクリックして、印刷] をクリックして、もう一度 [印刷] をクリックし、[印刷] ダイアログ ボックスで、 [ページ設定] をクリックします。

[上余白]

データシート、モジュール、および新しいフォームおよびレポートの既定の上余白を変更します。0 ~、印刷ページの高さまたは幅の値を使用することができます。既存のフォームとレポート] をクリックして余白を変更するのには、[ファイル] タブ印刷] をクリックして、もう一度 [印刷] をクリックし、[印刷] ダイアログ ボックスで、 [ページ設定] をクリックします。

[下余白]

データシート、モジュール、および新しいフォームおよびレポートの既定の余白を変更します。0 ~、印刷ページの高さまたは幅の値を使用することができます。既存のフォームとレポート] をクリックして余白を変更するのには、[ファイル] タブ印刷] をクリックして、もう一度 [印刷] をクリックし、[印刷] ダイアログ ボックスで、 [ページ設定] をクリックします。

注: 既存のフォームとレポートを Access 2007 を使用して余白を変更するには、 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ページ設定] コマンドを使用します。

ページの先頭へ

データベースの一般的なオプションを設定する

特定の一般的なタスクを実行した場合の Access の動作をカスタマイズするには、次のいずれかのオプションを使用します。

オプション

説明

[アドイン ユーザー インターフェイスのエラーを表示する]

[全般] セクションの下に表示される開発者向けのオプションです。オンにすると、Access にユーザー インターフェイスのカスタマイズ コードのエラーが表示されます。

[操作の結果を音で知らせる]

ファイルを開く、保存する、印刷する、エラー メッセージを表示するなどの Microsoft Office プログラム イベントに関連付けられたサウンドを再生します。Windows のコントロール パネルの [サウンドのプロパティ] ダイアログ ボックスを使用すると、さまざまなイベントに関連付けられているサウンドを変更できます。1 つの Office プログラムの [操作の結果を音で知らせる] チェック ボックスをオンまたはオフにすると、他の Office プログラムもすべてオンまたはオフになります。個別のイベントに関連付けられているサウンドを変更するには、Windows のコントロール パネルで、[サウンド] を開きます。通常、サウンドを再生するには、コンピューターにサウンド カードがインストールされている必要があります。

[4 桁での年表示]

[このデータベース]: 現在開いているデータベースの既定の年表示を 4 桁表示 (yyyy) に設定します。

注:  この設定は、現在開いているデータベースの [すべてのデータベース] の設定よりも優先されます。

[すべてのデータベース]: すべてのデータベースの既定の年表示を 4 桁表示 (yyyy) に設定します。

[Access の起動時に、前回使用したデータベースを開く]

このオプションは、[詳細設定] セクションにあります。これが選択されているAccessは、 Microsoft Accessページを表示するのではなく、最後に使用するデータベースを開きます。最後に使用するデータベースを開くための 2 つのモード: 最後に使用されたデータベースの共有が使用を共有します。これは、既定の設定です。1 人のユーザーを排他モードで使用するために使用される最後のデータベースを排他的に開きます。

[既定のレコード ロック]

これらのオプションは、[詳細設定] セクションにあります。

[ロックしない]: レコードは編集できる状態になります。

[すべてのレコード]: 開いているフォームまたはデータシートのすべてのレコードをロックし、基になるテーブルのレコードもロックします。オブジェクトを閉じない限り、レコードはロックされたままです。

[編集済みレコード]: 編集中のレコードのみをロックします。

ページの先頭へ

検索および置換操作のオプションを設定する

[編集] セクションで、次のオプションを使用して、検索および検索/置換の動作を設定します。

オプション

説明

[高速検索]

現在のフィールドを対象として検索を実行し、検索文字列とフィールドが完全に一致するものが検索結果として示されます。

[標準検索]

すべてのフィールドを対象として検索を実行し、検索文字列とフィールドの一部が一致するものが検索結果として示されます。

[フィールド検索の開始]

現在のフィールドを対象として検索を実行し、検索文字列とフィールドの開始文字列が一致するものが検索結果として示されます。

ページの先頭へ

確認メッセージの表示に関するオプションを設定する

特定のユーザー操作が完了したときに、どのようなメッセージが表示されるかを設定するのにには、次のオプションを使用します。

オプション

説明

[レコードの変更]

レコードを変更する前に確認メッセージを表示します。

[オブジェクトの削除]

データベース オブジェクトを削除する前に確認メッセージを表示します。

[アクション クエリ]

Access のデータベースに対して、挿入、更新、削除、またはテーブル作成のアクション クエリを実行する前に確認メッセージを表示します。

ページの先頭へ

アプリケーションの詳細なオプションをカスタマイズする

オプション

説明

[レコード レベルでロックして開く]

現在開いているデータベースが既定でレコード レベルでロックされるようにします。このチェック ボックスをオフにすると、現在開いているデータベースは既定でページ レベルでロックされます。このオプションの設定は、レコードのループ処理にレコードセット オブジェクトを使用するフォーム、データシート、およびコードのデータに適用されます。SQL ステートメントを使用して一括操作を実行するアクション クエリまたはコードには適用されません。

OLE/DDE タイムアウト (秒)

Accessの再試行失敗 OLE または DDE した後の間隔を制御します。有効な値: 0 ~ 300 します。既定値: 30 します。

更新間隔 (秒)

Accessがデータシートまたはフォーム ビューでレコードを自動的に更新する秒数。有効な値: 0 ~ 32、766 します。既定値: 60 します。0 の値には、更新ができなくなります。

更新回数

レコード変更の保存しようとするAccess回数は、他のユーザーがロックされています。有効な値: 0 ~ 10 です。既定値: 2 します。

ODBC 更新間隔 (秒)

ODBC 接続経由Accessがデータを自動的に更新する間隔を収集します。この設定は、ネットワークでデータベースを共有する場合にのみ有効です。有効な値: 0 ~ 32、766 します。既定値: 1500 します。ゼロの値には、更新ができなくなります。

更新の間隔 (ミリ秒)

位置の前にAccessが別のユーザーがロックされているレコードを保存しよう (ミリ秒) の数。有効な値: 0 ~ 1, 000 です。既定値: 250 です。

[DDE 操作]

[DDE 要求を無視]: Access が他のアプリケーションからの DDE 要求を無視します。

[DDE 更新を有効にする]: [再表示の間隔 (秒)] ボックスで指定されている間隔で Access が DDE リンクを更新します。

[コマンド ライン引数]

Access を起動したとき、または Access のデータベースを開いたときに実行される引数を入力します。

暗号化の方法

これら 2 つのオプションは、Access 2010 とそれ以降のバージョンでは使用できます。

レガシ暗号化を使用 (下位互換性とマルチ ユーザー データベースに最適): Access 2007 で見つかったレガシ暗号化方式を使用します。

既定の暗号化 (高度なセキュリティ) を使用: Access 2010 とそれ以降のバージョンの暗号化ツールは、結合し、次の 2 つの古いツールの向上: エンコードとデータベースのパスワードです。データベースを暗号化するデータベースのパスワードを使用して、その他のツールですべてのデータを解読できないようにするデータベースを使用するためのパスワードを入力するようにします。Access 2010 以降のバージョンで適用される暗号化では、以前のバージョンの Access で使用したよりも強力なアルゴリズムを使用します。

[既定のテーマ]

[参照] をクリックして、データベースの既定のテーマ、フォントのテーマ、または色を設定できるようにします。

ページの先頭へ

言語固有の表示に関するオプションを設定する

[編集] セクションでは、これらのオプションがあります。

オプション

説明

[既定の方向]

[左から右]: 英語やヨーロッパ言語を使用するユーザー向けに、新しいオブジェクトの表示を左から右方向に設定します。たとえば、この設定をオンにすると、テーブルの最初のフィールドが一番左の列に表示され、その右側に新しいフィールドが追加されるほか、データシート ビューのレコード番号ボックスと移動ボタンが左下隅に配置されます。

[右から左]: 中東言語を使用するユーザー向けに、新しいオブジェクトの表示を右から左方向に設定します。たとえば、この設定をオンにすると、テーブルの最初のフィールドが一番右の列に表示され、その左側に新しいフィールドが追加されるほか、テーブルのデータシート ビューのレコード番号ボックスと移動ボタンが右下隅に配置されます。

[カーソルの動き]

[論理的]: 左から右方向の言語と右から左方向の言語の両方を含むテキストにおいて、カーソルの進行方向を、移動先の言語の方向に合わせて設定します。たとえば、アラビア語と英語の両方が含まれる同じ文章において、方向キーを使用して、まずアラビア語のテキスト内で移動し、次に英語のテキスト内で移動する場合、アラビア語のテキスト内では挿入ポイントが右から左方向へ移動し、次に英語の単語の一番左にある文字に移動してから、左から右方向へ移動します。

[視覚的]: 左から右方向の言語と右から左方向の言語の両方を含むテキストにおいて、視覚的に隣接している文字へカーソルが移動するよう設定します。たとえば、アラビア語と英語の両方が含まれる同じ文章において、方向キーを使用して、まずアラビア語のテキスト内で右から左へ移動し、次に英語のテキスト内で移動する場合、アラビア語のテキストでは挿入ポイントが右から左方向へ移動し、次に英語の単語の一番右にある文字に移動してから、引き続き右から左方向へ移動します。

[イスラム暦を使用する]

このオプションが使用できる場合は、データ参照の基準として太陰暦を使用できます。このオプションをオフにすると、データベースでは西暦が使用されます。

注: Access では、使用する暦は最初にデータベースを作成する時点で選択し、その設定を変更しないことをお勧めします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×