データベースのエクスポート ウィザードについて

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

図形、図形データがある場合は、そのデータを含むデータベース テーブルを作成するのには、データベースのエクスポート ウィザードを実行できます。

注: データベースのエクスポート ウィザードと、データベースにエクスポート] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー) の違いは、ウィザードのステップ バイ ステップのプロセスです。ウィザードのガイダンスなしでの作業をする場合がありますデータベースにエクスポート] ダイアログ ボックスより洗練されました。

データベース内の図形、レコード、テーブル、[フィールドの関係

図面内の各図形は、データベースのテーブルにレコード (または行) を表し、各シェイプ シート セルが、フィールド (列) で表されます。シェイプ シート セル内のデータは、対応するデータベース テーブルのフィールドの値として表示されます。

データベース テーブルで表示されている図形のカスタム プロパティとセル

ODBC、データベースのエクスポート ウィザード

データベースのエクスポート ウィザードでは、開いているデータベース Connectivity (ODBC) は、データベース プログラムで作成されたデータベースのテーブルに Microsoft Office Visio のデータをエクスポートの Microsoft Office Access、Microsoft SQL Server など、準拠します。

ODBC は、業界標準のアクセス、表示するには、データベースからデータを変更する Microsoft プログラムを使用できることです。

データベース プログラムが ODBC 準拠しているかどうかを確認するのには、[プログラムのドキュメントを確認します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×