データベースのウィンドウについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コード ウィンドウ

リバース エンジニアリングによってデータベースから抽出したコードなど、モデルに関連する特定のデータベース プラットフォームのすべてのコードが表示されます。[コード] ウィンドウから、コード エディタを起動することもできます。コード エディタでは、既存のコードを修正したり、新しいコードを記述できます。

テーブルとビューのウィンドウ

リバース エンジニアリング ウィザードを実行すると [テーブルとビュー] ウィンドウが自動的に開き、データベースから抽出したテーブルとビューの名前が表示されます。[テーブルとビュー] ウィンドウから図表にテーブル名やビュー名をドラッグすると、そのテーブルやビューと共に、関連するリレーションシップも表示できます。

注: モデル図全体を表示しなくても、特定のテーブルに関連したテーブルを表示できます。

[型] ウィンドウ

定義した複合型、ターゲット データベースの組み込み論理データ型、および [ユーザー定義型] ダイアログ ボックスで作成したポータブル データ型が表示されます。モデルの特定のカラムにデータ型を割り当てるには、データベース管理システムでの論理データ型の要件を確認してください。

[出力] ウィンドウ

リバース エンジニアリング ウィザードを実行したとき、処理の進捗状況と状態に関する情報が表示されます。たとえば、データベースから抽出されたテーブルについての情報などを確認できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×