スキップしてメイン コンテンツへ

データフィードライブラリを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

重要: [ PowerPivot データフィード] をクリックして、Microsoft web サイトでこの件名に関する最新情報を表示します。

データフィードライブラリは、オンデマンドでデータフィードを生成するために使用できるデータサービスドキュメントを作成して共有するための場所です。データフィードは、Atom 1.0 web サービスによって返される XML データです。データフィードを使用して、Excel ブックの PowerPivot データソースにデータをストリーミングすることができます。

データフィードライブラリには、常にデータサービスドキュメント (.atomsvc) ファイルが含まれており、データフィード自体は保持されません。データフィードとは異なり、静的な XML データで構成されています。 data service ドキュメントは、要求に応じてフィードを生成するサービスまたはアプリケーションの URL を指定します。繰り返し可能なインポート操作のための再利用できる接続情報を提供します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

データフィードライブラリを作成するための要件について説明します。

データフィードライブラリを作成する

データフィードコンテンツタイプを任意のライブラリに追加する

データフィードライブラリを削除する

データフィードライブラリを作成するための要件について説明します。

  1. データフィードライブラリは、SQL Server PowerPivot for SharePoint の機能です。この機能は、SharePoint Web アプリケーションに対してインストールされ、有効になっている必要があります。

  2. ライブラリを作成するには、サイトの所有者である必要があります。

ページの先頭へ

データフィードライブラリを作成する

データフィードライブラリは、組み込みのテンプレートと、データサービスドキュメントのプロパティと動作を定義する構成済みのデータサービスドキュメントコンテンツタイプに基づいています。

  1. ページの左上隅にある [サイトの操作] をクリックします。

  2. [その他の作成] オプションをクリックします。

  3. [ライブラリ] の [データフィードライブラリ] をクリックします。

  4. 名前、説明、起動とバージョンの環境設定を入力します。ユーザーがこのライブラリをデータサービスドキュメントの記憶域として識別するのに役立つわかりやすい情報を含めるようにしてください。

  5. [作成] をクリックします。

ページの先頭へ

データフィードコンテンツタイプを任意のライブラリに追加する

専用のデータフィードライブラリを作成しない場合でも、SharePoint サイトからデータサービスドキュメントを作成して管理する必要がある場合は、データを共有するために使用するライブラリのデータサービスドキュメントコンテンツタイプを手動で追加して構成することができます。セルce ドキュメント (.atomsvc) ファイル。

手順 1: コンテンツタイプの管理を有効にする

  1. 複数のコンテンツタイプを有効にするドキュメントライブラリを開きます。

  2. ページの上部にあるリボンの [ライブラリツール] で、[ライブラリ] をクリックします。

  3. [設定] で [ライブラリの設定] をクリックします。

  4. [全般設定] で [詳細設定] をクリックします。

  5. [コンテンツタイプ] の [コンテンツの管理を許可する types?] セクションで、[はい] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。

手順 2: データフィードコンテンツタイプを追加する

  1. [コンテンツタイプ] セクションで、[既存のサイトコンテンツタイプから追加] をクリックします。このページが表示されない場合は、サイトに戻り、[ ライブラリツール] の [ライブラリ] をクリックし、[ライブラリの設定] をクリックします。

  2. [コンテンツタイプ] で、[既存のサイトコンテンツタイプから追加] をクリックします。

  3. [サイトコンテンツタイプを選択してください] で、[ビジネスインテリジェンス] を選びます。

  4. [使用可能なサイトコンテンツタイプ] で [データフィード] をクリックし、[追加] をクリックして、選んだコンテンツタイプを [追加するコンテンツタイプ] リストに移動します。

  5. [OK] をクリックします。

手順 3: データフィードの構成を確認する

  1. サイトのホームページを開きます。

  2. ライブラリを開きます。

  3. ページの上部にあるリボンメニューで、[ドキュメント] をクリックします。

  4. リボンメニューで、[新規文書] の下矢印をクリックし、[データフィード] を選択します。

ページの先頭へ

データフィードライブラリを削除する

ライブラリを削除するには、サイトの所有者である必要があります。ライブラリに項目が含まれている場合は、ライブラリと共に削除されます。

  1. [サイトの操作] をクリックします。

  2. [サイトの設定] をクリックします。

  3. [サイトの管理] で、[サイトライブラリとリスト] をクリックします。

  4. [データフィードのカスタマイズ] をクリックします。

  5. [権限と管理] で [このライブラリの削除] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×