データソースを選択または作成する (データベースウィザード)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

利用可能なすべてのオープンデータベース接続 (ODBC) に準拠したデータソース (dsn) を一覧表示します。dsn には、データベースが格納されている場所と使用するドライバーに関する情報が含まれており、後で使用するために簡単に見つけることができるように一意の名前が付いています。

データソースリスト

リストからデータソースを選びます。

ファイル DSN を参照する

データソースが既定の場所以外に保存されている場合は、[ファイル DSN の参照] をクリックしてファイルを検索します。

データソースを作成する

新しいデータソースを作るには、[データソースの作成] をクリックします。[新しいデータソースの作成] ウィザードを実行します。[完了] をクリックすると、[ ODBC セットアップ] ダイアログボックスが表示されます。そこから既存のデータベースを選択するか、または新規作成することができます。このテーブルは後でデータベースに作成されます。

ヒント: 

  • Excel をデータソースとして使用している場合は、既存のブックを選ぶことはできますが、ウィザードから作成することは出来ません。

  • Excel ブックを選ぶ場合は、 [ブックの選択] ダイアログボックスの [読み取り専用] チェックボックスをオフにしてください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×