データシートを操作します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

テーブルを開くまたはクエリの結果を表示する場合はと、 Accessでは、データシート ビューでのテーブルまたはクエリの結果が表示されます。 データシート ビューで表示されているテーブルまたはクエリ結果は、データシートとも呼ばれます。 単純なレポートとして使用する特定のデータを表示するデータシートの外観をカスタマイズすることができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

データシートの詳細についてください。

変更する列または行に移動してデータを整理します。

枠線のスタイルと背景の色を変更します。

テキスト形式を変更します。

[集計] 行を追加してデータを集計します。

並べ替えとフィルター処理を適用します。

レイアウトの変更内容を保存します。

データシートの詳細についてください。

データシートとは、またはクエリによって返される結果のテーブルに含まれるデータの視覚的に表現です。 次に示すよう表 (行と列) の形式でテーブル、フォーム、またはクエリの結果から、各レコードのフィールドを表示します。

データシート ビューの [従業員] テーブル

既定では、テーブルおよびクエリをデータシート ビューで開きます。 ナビゲーション ウィンドウでは、テーブルまたはクエリを右クリックし、テーブルまたはクエリをデータシートとして開くショートカット メニューの [開く] をクリックします。

行と列に特定の形式を適用した場合、または [集計] 行を追加するときに、データシートは単純なレポートとしても使用できます。

変更する列または行に移動してデータを整理します。

データシートを表示するか、特定の時間に必要なデータのみを表示するのには、簡単にデータを整理することができます。 ここでは、これを行う方法はいくつかを示します。

列または行のサイズを変更します。

場合によっては、画面または印刷イメージ] のすべてのデータシートの列に収まるかの個別の列の内容に必要なスペースを占めることがあります。 さらに、新しい行に収まらない列にテキストを続ける、行の高さを変更する可能性があります。

データシート ビューでテーブル、クエリ、またはフォームを開いた後の個別の列のサイズを手動で変更するか、自動的にその内容に合わせて列のサイズを変更します。

列のサイズを手動で変更します。

  1. サイズを変更する列の端にポインターを置きます。

  2. 双方向の矢印に変わったら、目的のサイズになるまで、列の端をドラッグします。

    データシートの列のサイズ変更

列のサイズを自動的に変更します。

  1. 最適な内容に合わせて列のサイズを変更するには、サイズを変更する列の端にポインターを置きます。

  2. ポインターが双方向の矢印になったときに、列の境界線をダブルクリックします。

    テキストに合わせて列幅を調整する

複数の列のサイズを変更します。

  • 同時に複数の列のサイズを変更するには、SHIFT キーを押しながら、複数の隣接する列を選択し、選択した列のサイズを変更します。 データシート全体を選択し、すべての列のサイズを変更できます。

行のサイズを変更する

  • 行のサイズを変更するには、データシートで、次の 2 つのレコード セレクターの間にポインターを置くし、行が目的のサイズになるまでドラッグします。

各行を個別にサイズ変更できない: 行のサイズを変更するときにすべての行のサイズが変更されます。

データシートの行のサイズ変更

既定の高さを行のサイズを変更します。

  1. 既定の高さを行のサイズを変更するには、レコード セレクターを右クリックし、ショートカット メニューの [行の高さ] をクリックします。

    レコード セレクターを右クリックする

    ショートカット メニューで [行の高さ] をクリック

  2. 行の高さ] ダイアログ ボックスで、[標準の高さ] チェック ボックスを選択し、[し、[ OK] をクリックします。

注: クイック アクセス ツールバーの [元に戻す] をクリックして、列の幅または行の高さの変更を元に戻すことはできません。 変更を元に戻す、データシートを閉じて、データシートのレイアウトに変更を保存するメッセージが表示されたら、[いいえ] をクリックします。 いいえ] をクリックすると、加えたその他のレイアウト変更も取り消されます。

列を移動します。

データシート内の別の場所に列をドラッグして、データシートの列の順序をすばやく変更できます。 など、特定の列を常にビューに確実にこれを行うことがあります。

  • 列] を選ぶか、複数の隣接する列を選択する SHIFT キーを押しながら、列見出しをクリックし、新しい場所に列をドラッグします。

    名前列を左端に移動する

列の名前を変更する

よくが含まれているデータを表すことができるように、列の名前を変更するときの状況がある可能性があります。 たとえば、電子メール アドレスが含まれる列の名前が EMAdd で場合、列の見出しを簡単に電子メール アドレスに変更することを理解していることをします。 これを行うには、列の見出しを右クリックし、[、ショートカット メニューの [列名の変更] をクリックし、新しい名前を入力します。 たとえば、電子メール アドレスを入力します。

列の名前変更

列を表示または非表示にする

表示したり、データシートの特定の列のみを印刷する場合は、表示が不要な列を非表示にすることができます。 たとえば、連絡先情報のデータベースを使用している場合は完全のみを表示する各連絡先の名前と電子メール アドレスです。 このビューを作成するには、その他のすべての列を非表示にします。

列を非表示にする

  1. 非表示に列の見出しをクリックします。

    隣接する列を選択するには、shift キーを押しキーを押しながら他の列見出しをクリックします。

    注: 隣接していない列を選択することはできません。 列を選択し、個別に、非表示にします。

  2. 列見出しを右クリックし、ショートカット メニューの [フィールドの非表示にする] をクリックします。

列を表示します。

  1. 任意の列見出しを右クリックし、ショートカット メニューの [フィールドの再表示] をクリックします。

  2. 列の再表示] ダイアログ ボックスを示すには、各列の横にあるチェック ボックスをオンにし、[閉じる] をクリックします。

枠線のスタイルと背景の色を変更します。

データシートを使用している場合は、背景色、または枠線スタイルなど、形式を変更するか、交互の行を別の色を作成して、データの外観を強化できます。

枠線のスタイルを設定します。

  1. [ホーム] タブの [テキストの書式設定] グループで、[枠線] ボタンの横の矢印をクリックします。

  2. 希望する枠線のスタイルをクリックします。

背景色を設定します。

  1. [ホーム] タブの [テキストの書式設定] グループで、[背景の色] ボタンの横の矢印をクリックします。

  2. 使用する背景色をクリックします。

代替行の背景色を変更します。

設定できます交互の行の背景色でデータシートの既定の背景色に関係なくします。 交互の背景色を設定することができます、簡単に隣接する行を区別します。

  1. [ホーム] タブの [テキストの書式設定] グループで、[代替行の色] ボタンの横の矢印をクリックします。

  2. [背景色を適用する] をクリックします。

テキスト形式を変更します。

データシート ビューでテーブル、クエリ、またはフォームを開いた後、テキストを書式設定を含むの外観を変更できます。 データシート全体に変更を適用することに注意してください。 次回データシートを開くことが自動的に表示される内容を設定する場合は、データシートとレイアウトに変更を保存するのには、メッセージが表示されたら [はい] をクリックしてください。

データシートのフォントを変更するのにには、[ホーム] タブで [テキストの書式設定] グループでその他のコマンドを使用します。

  1. データシート内の任意のセルをクリックします。

  2. [ホーム] タブの [テキストの書式設定] で、次のいずれかの操作を行います。

    • フォントを変更するには、入力するか、 [フォント] ボックスでフォントをクリックします。

    • フォント サイズを変更するには、入力するか、[フォント サイズ] ボックスでフォント サイズ] をクリックします。

    • フォント スタイルを変更するには、太字斜体、または[下線] ボタン (または 3 つの任意の組み合わせ) をクリックします。

    • フォントの色を変更するには、フォントの色] の横にある矢印をクリックし、色をパレットから選択します。

[集計] 行を追加してデータを集計します。

[集計] 行をデータシートに追加すると、列の集計をすばやく表示することができます。 データの列を合計するには、ほかの平均値を検索、列内のアイテムの数をカウントおよびデータの列の最小値または最大値を検索などの他の計算を実行するのに [集計] 行を使用できます。

[集計] 行を表示するには、次の操作を行います。

  1. [ホーム] タブの [レコード] グループで [集計] をクリックします。

    最初の列には、合計の word で、データシートの下部にある新しい行が表示されます。

  2. Word の合計が含まれているセルと同じ行上の任意のセルをクリックします。

  3. 、表示される矢印をクリックし、そのセルに表示する計算の種類をクリックします。

    関数または使用できる計算の種類の一覧は、列のデータ型によって異なります。 たとえば、列に通貨値が含まれている場合は、最小値最大値などの通貨の計算に適用される関数の一覧が表示されます。

    関数の選択肢を含むデータシートの合計行

[集計] 行の機能の使用に関する詳細については、「集計行を使用してデータシート列合計表示を」を参照してください。

並べ替えとフィルター処理を適用します。

データシートを表示または印刷を簡単にできることがいくつか追加クイック変更があります。 たとえば、次の図で会社名がアルファベット順に並べ替えられます。

列をアルファベット順に並べ替えたデータシート

  • 並べ替えを適用するには、列を右クリックして (または、列見出しの矢印をクリック) し、必要な並べ替えオプション] をクリックします。

  • フィルターを適用するには、列見出しの矢印をクリックし、表示する値のチェック ボックスをオンにします。 詳細なフィルターを作成するには、テキスト フィルター数値フィルターをクリックすることができます。

レイアウトの変更内容を保存します。

データシートの外観、レイアウトを変更した後は、次回データシートを開くことの変更を保存する場合は、変更を保存する必要があります。 閉じると、データシートのレイアウトに変更を行った後、それらの変更を保存する求められます。 [はい] をクリックすると、変更が保存され、次回データシートを開くことが適用します。 なし] をクリックすると、変更を破棄する、データシートが開き、既定のレイアウトの設定 (または、最後に保存されている設定) 次の時間を開きます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×