データシートの既定の書式オプションを設定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

特定の書式を使用し、Access デスクトップ データベース内のすべてのデータシートが自動的に表示されることは、既定の書式設定を変更できます。

  1. [ファイル] をクリックし、[オプション] をクリックします。Access 2007 を使っている場合は、 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ Access のオプション] をクリックします。

    [Access のオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [データシート] をクリックし、変更するオプションを選択します。必ず、変更を適用するのには、データシートを閉じて再び開くしてください。

注: この記事は、Access web アプリ: アクセス権を持つを設計して、オンラインに配置して、データベースの種類に適用されません。

既定の色

メモは、このセクションでは、Access 2007 にのみ適用されます。

  • フォントの色   既定のフォントの色を変更または設定します。

  • 背景色   データシートとクエリの結果セットの既定の背景色を変更または設定します。

  • 代替の背景色   代替の背景色を変更または設定: データシートで 1 行おきに影の色。データシートで 1 行おきの網掛けを適用する場合は、色を選択します。

  • 枠線の色   枠線の既定の色を設定します。

枠線とセルの立体表示を変更する

既定の枠線の表示

データシートの各セルは、既定では水平方向および垂直方向の罫線または枠線で表示されますが、オプションを変更して枠線を非表示にしたり、水平または垂直方向の枠線のみを表示したりできます。

  • [既定の線の表示、水平方向の枠線を非表示にする、または垂直方向の枠線を非表示に垂直方向のチェック ボックスをオフに横方向] のチェック ボックスをオフにします。両方のオプションがオフにした場合、枠線のないデータシートが表示されます。

注: 変更するのには、既存のデータベースを開いたデータシート ビューでテーブルを選択し、[ホーム] のテキストの書式設定のグループ化で表のグリッド線の書式は、枠線をクリックします。Access 2007 を使っている場合、このコマンドは、[フォント] グループはします。

既定のセルの立体表示を設定する

セルの立体表示は、個々のセルのスタイルを表します。既定の設定は、[フラット] ですが、[浮き出し] または [くぼみ] の表示に変更できます。

既定の列幅を設定する

Access データベース内のすべてのデータシートに対して既定の列幅を選択します。Windows の設定で指定されている単位に応じて、値をインチまたはセンチメートルで入力します。

既定のフォントを設定する

このセクションの設定を使用すると、データシート内のテキストのサイズ、太さ、およびスタイルをカスタマイズできます。

  • [サイズ]: データシート内のテキストに適したサイズを設定します。

  • [太さ]: テキストの表示の細さまたは太さをリストから選択します。たとえば、[極細]、[細字]、[中細]、[標準]、[中字]、[中太]、[太字]、または [ヘビーウェイト] など、フォント表示を選択します。

    すべてのデータシート内のすべてのテキストに対して、自動的に下線を付けたり、斜体にしたりする場合は、テキスト オプションを [下線] または [斜体] に設定できます。

カレント データベースのオプションを設定する方法の詳細については、現在のデータベースのユーザー オプションを設定するを参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×