データシートの既定の書式オプションを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

特定の書式設定オプションで自動的に表示するようにMicrosoft Access 2010データベースですべてのデータシートをする場合は、データシートのオプション] ダイアログ ボックスから既定の書式設定を変更できます。

注: 開いているデータシートの既定の設定を変更する場合は、データシートを閉じて再度開き、変更が適用されたかどうかを確認します。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。

    [Access のオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [データシート] をクリックして、変更するオプションを選択します。

方法、データが保存されているか表示の設定の詳細については、データが表示され、データベースに格納されている方法の設定を選択するを参照してください。

セルの外観を変更する

枠線の表示と非表示を切り替える

既定の枠線の設定を使用すると、データシートの各セルに水平方向および垂直方向の枠線が表示されます。ただし、オプションを変更して、枠線が表示されないようにしたり、水平方向と垂直方向のいずれかの枠線のみが表示されるようにするには、次の手順に従います。

  • [枠線の表示] で、水平方向の枠線を非表示にするには [水平] チェック ボックスをオフにし、垂直方向の枠線を非表示にするには [垂直] チェック ボックスをオフにします。両方のチェック ボックスをオフにすると、データシートには枠線が表示されません。

注: 既存のデータベースの枠線の書式を変更するには、テーブルをデータシート ビューで開き、[ホーム] タブの [テキストの書式設定] で [枠線] をクリックします。

既定のセルの立体表示を設定する

セルの立体表示は、個々のセルのスタイルを表します。既定では [立体表示しない] が設定されていますが、[浮き出し] または [くぼみ] に変更できます。

既定の列幅を設定する

Access データベースのすべてのデータシートに対して既定の列幅を設定します。Windows の設定で指定されている単位に応じて、インチまたはセンチメートルの値を入力します。

フォント外観を設定する

このセクションの設定を使用すると、データシート内のテキストのポイント サイズ、太さ、およびスタイルをカスタマイズできます。

  • [サイズ]: データシート内のテキストに適したポイント サイズを設定します。

  • [太さ]: 表示するテキストの太さを一覧から選択します。たとえば、[極細]、[細字]、[中細]、[普通]、[中字]、[中太]、[太字]、[超極太] などのフォント表示を選択できます。

    すべてのデータシート内のすべてのテキストに自動的に下線を引く場合は、[下線] をクリックして設定することもできます。また、[斜体] も同様に設定できます。

    注: 斜体のテキストはコンピューターの画面では読みづらいことに注意してください。

現在使用しているデータベースのオプションを設定する方法については、「一元的な場所からカレント データベースのユーザー オプションを設定する」を参照してください。

次のステップ

オブジェクトの表示方法をカスタマイズするのには、次の記事を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×