データを縦棒グラフで表示する

縦棒グラフは、一定期間内のデータの変化を表示する場合や、項目間の比較を表示する場合に効果的です。縦棒グラフでは通常、項目が横軸に表示され、数値が縦軸に表示されます。

集合縦棒グラフ

縦棒グラフの概要とその用途に関する詳細については、「Office で利用可能なグラフの種類」を参照してください。

縦棒グラフを作成するには、次の手順を実行します。

  1. スプレッドシートにデータを入力します。

  2. データを選びます。

  3. 使用する Excel バージョンに基づき、次のいずれかのオプションを選択します。

    • Excel 2016:[挿入]、[縦棒/横棒グラフの挿入] アイコンの順に選択し、縦棒グラフ オプションを選択します。

      3-D 積み上げ縦棒
    • Excel 2013:[挿入]、[縦棒グラフの挿入] アイコンの順に選択し、縦棒グラフ オプションを選択します。

      3-D 積み上げ縦棒
    • Excel 2010 と Excel 2007:[挿入]、[縦棒] の順にクリックし、縦棒グラフ オプションを選択します。

    任意でグラフをさらに書式設定できます。下の一覧で一部のオプションを確認できます。

    注: 書式設定オプションを適用する前に必ずグラフを先にクリックしてください。

    • 別のグラフ レイアウトを適用するには、[デザイン]、[グラフ レイアウト] の順にクリックし、レイアウトを選択します。

    • 別のグラフ スタイルを適用するには、[デザイン]、[グラフ スタイル] の順にクリックし、スタイルを選択します。

    • 別の図形スタイルを適用するには、[デザイン]、[図形のスタイル] の順にクリックし、図形を選択します。

      注: グラフ スタイルと図形スタイルは異なります。図形スタイルは、グラフの境界線にのみ適用される書式設定オプションです。グラフ スタイルは、グラフ全体に適用される書式設定オプションです。

    • 別の図形の効果を適用するには、[書式]、[図形の効果] をクリックします。[面取り] や [光彩] のようなオプションを選択し、さらにサブオプションを選択します。

    • テーマを適用するには、[レイアウト]、[テーマ] の順にクリックし、テーマを選択します。

    • グラフの特定の構成要素 ([縦 (数値) 軸]、[横 (項目) 軸]、[グラフ エリア] など) に書式設定オプションを適用するには、[書式] をクリックし、[グラフ要素] ドロップダウン ボックスで構成要素を選択し、[選択対象の​​書式設定] をクリックし、必要に応じて変更を適用します。変更する構成要素ごとにこの手順を繰り返します。

      グラフ要素のドロップダウン リスト

      注: グラフの操作に慣れている場合、グラフ上の特定の領域を右クリックし、書式設定オプションを選択することもできます。

      グラフを右クリックし、書式設定オプションを表示する

縦棒グラフを作成するには、次の手順を実行します。

  1. メール メッセージで、[挿入]、[グラフ] の順にクリックします。

  2. [グラフの挿入] ダイアログ ボックスで、[] をクリックし、縦棒グラフ オプションを選択し、[OK] をクリックします。

    Excel が別のウィンドウで開き、ワークシート上にサンプル データが表示されます。

  3. サンプル データを独自のデータで置き換えます。

    注: グラフにワークシートのデータが表示されない場合、縦線を表の最後の行まで下方向にドラッグします。

    ハンドルを下方向に最後の列の最後の行までドラッグする
  4. 必要に応じて、次の手順でワークシートを保存します。

    1. クイック アクセス ツール バーの [Microsoft Excel でデータを編集] アイコンをクリックします。

      クイック アクセス ツール バーの [Microsoft Excel でデータを編集] アイコン

      ワークシートが Excel で開きます。

    2. ワークシートを保存します。

      ヒント: ワークシートを再び開くには、[デザイン]、[データの編集] の順にクリックし、オプションを選択します。

    任意でグラフをさらに書式設定できます。下の一覧で一部のオプションを確認できます。

    注: 書式設定オプションを適用する前に必ずグラフを先にクリックしてください。

    • 別のグラフ レイアウトを適用するには、[デザイン]、[グラフ レイアウト] の順にクリックし、レイアウトを選択します。

    • 別のグラフ スタイルを適用するには、[デザイン]、[グラフ スタイル] の順にクリックし、スタイルを選択します。

    • 別の図形スタイルを適用するには、[デザイン]、[図形のスタイル] の順にクリックし、図形を選択します。

      注: グラフ スタイルと図形スタイルは異なります。図形スタイルは、グラフの境界線にのみ適用される書式設定オプションです。グラフ スタイルは、グラフ全体に適用される書式設定オプションです。

    • 別の図形の効果を適用するには、[書式]、[図形の効果] をクリックします。[面取り] や [光彩] のようなオプションを選択し、さらにサブオプションを選択します。

    • グラフの特定の構成要素 ([縦 (数値) 軸]、[横 (項目) 軸]、[グラフ エリア] など) に書式設定オプションを適用するには、[書式] をクリックし、[グラフ要素] ドロップダウン ボックスで構成要素を選択し、[選択対象の​​書式設定] をクリックし、必要に応じて変更を適用します。変更する構成要素ごとにこの手順を繰り返します。

      グラフ要素のドロップダウン リスト

      注: グラフの操作に慣れている場合、グラフ上の特定の領域を右クリックし、書式設定オプションを選択することもできます。

      グラフを右クリックし、書式設定オプションを表示する

ご存じですか?

Office 365 サブスクリプションまたは最新の Office バージョンをお持ちでない場合、今すぐお試しいただけます。

Office 365 または Excel の最新バージョンをお試しください。

関連項目

グラフを作成する

箱ひげ図 (浮動グラフ) を作成する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×