データを更新するためのデザインの考慮事項

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

適切に設計されたデータベースは、データの整合性を確保だけでなく、簡単に管理および更新します。 Access データベースは、Microsoft Word 文書または PowerPoint のスライド デッキと同じようにファイルではありません。 一連のオブジェクトは、代わりに、テーブル、フォーム、レポート、クエリ、およびなど-が正常に機能を共同作業をする必要があります。

ユーザーは、主にコントロールを使用してデータを入力します。 何が特定のコントロールでは、データ型の基になるテーブルのフィールドのプロパティ、フィールドの設定、プロパティがコントロールの設定の設定によって異なります。 最後に、入力規則、既定値、リストの参照などの他のデータベース手法を使用して、連鎖更新を検討します。 

ユーザーからの観点からデータを更新する方法の詳細については、追加、編集、およびレコードを削除する方法を参照してください。

この記事の内容

データベース設計がデータの入力に与える影響

データベースに保存されている情報は、資産や連絡先などの特定の件名のデータが含まれているテーブルに保存されます。 テーブル内の各レコードに情報が含まれている特定の連絡先などの 1 つのアイテム。 フィールドの名前、住所、電話番号などのレコードが構成されています。 レコードはよくと呼ばれ、行フィールドは、列と呼ばします。 これらのオブジェクトは、一連の設計の基本原則に従う必要があります。 またはデータベースは正しく動作しないまたは完全に失敗します。 でき、それらのデザインの方針では、データを入力する方法に影響します。 次の事項を検討します。

  • テーブル    1 つまたは複数のテーブル内のすべてのデータが保存されます。 使用するテーブルの数は、デザインと、データベースの複雑さによって異なります。 フォーム、レポートでデータを表示することがありますまたは Access でのみテーブル内のデータとデータベース内の他のオブジェクトの保存、クエリによって返される結果では、2 つのテーブルの一番上に構築されます。 各テーブルは、1 つの件名に基づいている必要があります。 たとえば、[ビジネス用連絡先情報のテーブルは売上情報を含めないようにします。 場合は、正しい情報の編集を見つけてことが困難になります、不可能。

  • データ型    一般的に、各テーブルのフィールドのデータの種類を 1 つだけを受け入れます。 たとえば、数値型に設定されたフィールドにノートを保存することはできません。 このようなフィールドにテキストを入力すると、エラー メッセージが表示されます。 ただし、厳格なルールはできません。 たとえば、郵便番号) などの番号を保存するには、短いテキスト データ型に設定されたフィールドには、アクセスが 1 に考慮されるため、そのデータの計算を行うことはできませんのテキスト。

    いくつかの例外処理] で、レコードのフィールド 1 つだけの値を使用します。 たとえば、住所フィールドの 1 つ以上のアドレスを入力することができますされません。 これは Microsoft Excel は、データの種類を制限するには、そのセルを設定していないセルを 1 つの名前、住所、画像の任意の数を入力することができます。 

  • 複数値を持つフィールド   複数値を持つフィールドのデータは、非表示のテーブルの行として保存されます。 Access では、複数のデータを 1 つのレコードに添付して、複数値を使用するリストを作成するのには、複数値フィールドと呼ばれる機能を提供します。 各リスト アイテムの横にあるチェック ボックスが表示されたために常に、複数値を持つリストを識別できます。 たとえば、データベースのレコードに Microsoft PowerPoint のスライド デッキと画像の任意の数を添付できます。 名前のリストを作成し、必要に応じてそれらの名前の数だけを選択できます。 複数値を持つフィールドの使用は、1 つのテーブルのフィールドの 1 つ以上のレコードを格納するために、データベースのデザインのルールを解除するかもしれません。 Access では、特別な非表示のテーブルでデータを保存することで"バック グラウンドで"ルールを適用します。

  • フォームを使用します。    通常、簡単にデータベースを使用するには、ユーザーがデータを正確に入力されるようになる場合は、フォームを作成します。 フォームを使用してデータを編集する方法は、フォームのデザインによって異なります。 フォームは、コントロール、リスト、テキスト ボックス、ボタン、および偶数データシートなどの任意の数を含めることができます。 フォーム上の各コントロールによって、基になるテーブル フィールドからのデータの読み取り、またはそのフィールドへのデータの書き込みが行われます。

詳細については、データベース設計の基本テーブルを作成してフィールドを追加するを参照してください。

ページの先頭へ

フィールドまたはコントロールに既定値を設定します。

多数のレコードが同じ国/地域、市区町村など、特定のフィールドの値を共有している場合は、そのフィールドまたはフィールドにバインド コントロールの既定値を設定して時間を節約することができます。 フォームまたは新しいレコードを作成するテーブルを開くと、そのコントロールまたはフィールドに、既定値が表示されます。

表の

  1. テーブルを [デザイン ビュー] で開きます。

  2. ビューの上部で、フィールドを選択します。

  3. ビューの下部にある、[全般] タブを選択します。

  4. 目的の値には、既定値] プロパティを設定します。

フォーム

  1. レイアウトまたはデザイン ビューでフォームを開きます。

  2. 使用して、[プロパティ] をクリックするコントロールを右クリックします。

  3. [データ] タブには、目的の値に既定値] プロパティを設定します。

ページの先頭へ

入力規則を使用してデータを制限するには

検証ルールを使用して入力すると、Access デスクトップ データベース内のデータを検証することができます。 入力規則は、テーブル デザインまたはテーブル データシート ビューのいずれかで設定できます。 次の 3 種類の入力規則があります。

  • フィールドの入力規則    フィールドの入力規則を使用すると、すべてのフィールドが有効な値が満たす必要がある条件を指定します。 関数内でフィールドを使用している場合を除き、現在のフィールドをルールの一部として指定する必要はありません。 フィールドに入力する文字の種類の制限は、[定型入力] を使って行うと簡単になる場合があります。 たとえば、日付フィールドには、過去の値を許可しない入力規則が存在することがあります。

  • レコードの入力規則    レコードの入力規則を使用して、有効なすべてのレコードが満たす必要がある条件を指定することができます。 レコードの入力規則を使用して異なるフィールド間の値を比較できます。 たとえば、2 つの日付フィールドを持つレコードが 1 つのフィールドの値は、その他のフィールドの値を常に付けるを要求することがあります (たとえば、開始日が終了する前に)。

  • フォームの入力規則    フォーム上のコントロールの入力規則] プロパティを使用すると、そのコントロールに入力するすべての値が満たす必要がある条件を指定します。 [入力規則] コントロール プロパティは、フィールドの入力規則と同じように機能します。 通常は、使用場所にかかわらず、規則がフォームのみに固有で、テーブルに対して固有でない場合は、フィールドの入力規則ではなく、フォームの入力規則を使用します。

詳細については、入力規則を使用してデータ入力を制限を参照してください。

ページの先頭へ

値のリストとルックアップ フィールドを操作します。

Access でリストのデータの 2 種類があります。

  • 値リスト    ハードコーディングされた一式手動で入力した値にはが含まれます。 フィールドの"値集合ソース"プロパティの値が存在します。

  • ルックアップ フィールド    これらは、クエリを使用して、別のテーブルから値を取得します。 フィールドの [値集合ソース] プロパティには、ハードコーディングされた値のリストではなくクエリが含まれています。 クエリでは、データベース内の 1 つまたは複数のテーブルから値を取得します。 既定では、ルックアップ フィールドには、リストのフォームで、これらの値が表示されます。 ルックアップ フィールドの設定に応じて、リストから 1 つまたは複数のアイテムを選択します。

        ルックアップ フィールド ユーザーが混乱する新しいアクセスを 1 つの場所 (ルックアップ フィールドのデータから自動的に作成されるリスト) にアイテムの一覧が表示されますが、データが別の場所 (データが含まれているテーブル) に存在することができます。

既定では、アクセスはリスト ボックス コントロールを指定できますが、コンボ ボックス コントロールでリスト データを表示します。 コンボ ボックスが開き、リストが表示され、選択した後を閉じます。 リスト ボックスでは、これに対し、開いたまま常にします。

リストを編集するには、[リスト項目の編集] コマンドを実行することもできます。 または元のテーブルの行のソース] プロパティに直接データを編集することができます。 ルックアップ フィールドのデータを更新すると、元のテーブルを更新します。

リスト ボックスまたはコンボ ボックスの "値集合タイプ" プロパティが [値リスト] に設定されている場合は、フォーム ビューでフォームを開いたまま値リストを編集できます。そのため、リストに変更を加える必要がある場合に、デザイン ビューまたはレイアウト ビューに切り替えてプロパティ シートを開き、コントロールの [値集合ソース] プロパティを編集する必要がありません。 値リストを編集するには、リスト ボックスまたはコンボ ボックスの "値リストの編集の許可" プロパティを [はい] に設定する必要があります。

詳細については、リスト ボックスまたはコンボ ボックスを使用して選択肢の一覧を作成するを参照してください。

フォーム ビューでの値リストの編集を禁止する

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームを右クリックし、[デザイン ビュー] または [レイアウト ビュー] をクリックします。

  2. コントロールをクリックして選び、F4 キーを押してプロパティ シートを表示します。

  3. プロパティ シートの [データ] タブで、"値リストの編集の許可" プロパティを [いいえ] に設定します。

  4. [ファイル] をクリックし、保存をクリックするか、 ボタン イメージ の ctrl キーを押しながら S キーを押します。

別のフォームを指定して値リストを編集する

Access の既定では、値リストを編集する目的のために組み込みのフォームが用意されています。 この目的のために別のフォームを使用する場合は、次のようにフォームの名前を [リスト項目編集フォーム] プロパティに入力できます。

  1. ナビゲーション ウィンドウでフォームを右クリックし、ショートカット メニューの [デザイン ビュー] または [レイアウト ビュー] をクリックします。

  2. コントロールをクリックして選び、F4 キーを押してプロパティ シートを表示します。

  3. プロパティ シートの [データ] タブで、"リスト項目編集フォーム" プロパティ ボックスのドロップダウン矢印をクリックします。

  4. 値リストの編集に使用するフォームをクリックします。

  5. ファイルをクリックし、保存をクリックするか、 ボタン イメージ の ctrl キーを押しながら S キーを押します。

フォームにルックアップ フィールドを確認します。

  1. レイアウトまたはデザイン ビューでフォームを開きます。

  2. リスト ボックスまたはコンボ ボックス コントロールを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  3. プロパティ シートで、[すべて] タブをクリックし、[値集合タイプ値集合ソースのプロパティを確認します。 値のリストまたはテーブル/クエリ] のいずれか、[値集合タイプ] プロパティを含めるかし、"値集合ソース"プロパティは、クエリ、またはセミコロンで区切ってアイテムのリストを含める必要があります。 スペースのプロパティを右クリックし、拡大/縮小] を選びます。 または shift キーを押しながら F2 キーを押します。

    通常、値リストは、この基本的な書式を使用: "アイテム「;」アイテム「;」アイテム"

    この例では、リストには、二重引用符で囲まれ、セミコロンで区切って、アイテムのセットがします。

    選択クエリは、この基本的な書式を使用:選択 [では]. [<] から [では]します。

    この場合、クエリには 2 つの句 (SELECT と FROM) が含まれています。 最初の句は、テーブルまたはクエリおよびそのテーブルまたはクエリのフィールドを参照します。 2 番目の句は、テーブルまたはクエリのみを指します。 ここでは、重要な点に注意してください: SELECT 句のないテーブルまたはクエリの名前を含むをお勧めしており、少なくとも 1 つのフィールドの名前が含まれている必要があります。 一方、すべての FROM 句は常にテーブルまたはクエリを参照しています。 したがって、見つかることが常に元のテーブルまたはソース クエリ ルックアップ フィールドの FROM 句を閲覧しています。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 値リストを使用している場合は、リスト内のアイテムを編集します。 各アイテムを二重引用符で囲むし、各アイテムをセミコロンで区切りますを確認します。

    • ルックアップ リストのクエリでは、別のクエリを参照する場合は、2 番目のクエリをデザイン ビューで開きます (ナビゲーション ウィンドウでクエリを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックして)。 クエリ デザイナーの上部に表示されているテーブルの名前をメモし、次の手順に進みます。

      それ以外の場合、ルックアップ フィールドのクエリでは、表を参照する場合、テーブルの名前をメモし、次の手順に移動します。

  5. データシート ビューでテーブルを開き、必要に応じて、[リスト項目を編集します。

テーブル内のルックアップ フィールドを確認します。

  1. テーブルを [デザイン ビュー] で開きます。

  2. データ型] 列で、クエリ デザイン グリッドの上部のセクションでをクリックするか、それ以外の場合、テキストにフォーカスを移動番号] や [はい/いいえフィールド。

  3. テーブル デザイン グリッドの下部で [ルックアップ] タブをクリックし、[し、 [値集合タイプ値集合ソースのプロパティを確認します。

    [値集合タイプ] プロパティには、値のリストまたはテーブル/クエリを読む必要があります。 "値集合ソース"プロパティには、クエリまたは値リストのいずれかを含める必要があります。

    値リストは、この基本的な書式を使用: "アイテム「;」アイテム「;」アイテム"

    この例では、リストには、二重引用符で囲まれ、セミコロンで区切って、アイテムのセットがします。

    選択クエリが通常は、この基本的な書式を使用:選択 [では]. [<] から [では]します。

    この場合、クエリには 2 つの句 (SELECT と FROM) が含まれています。 最初の句は、テーブルまたはクエリおよびそのテーブルまたはクエリのフィールドを参照します。 2 番目の句は、テーブルまたはクエリのみを指します。 ここでは、重要な点に注意してください: SELECT 句のないテーブルまたはクエリの名前を含むをお勧めしており、少なくとも 1 つのフィールドの名前が含まれている必要があります。 一方、すべての FROM 句は常にテーブルまたはクエリを参照しています。 したがって、見つかることが常に元のテーブルまたはソース クエリ ルックアップ フィールドの FROM 句を閲覧しています。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 値リストを使用している場合は、リスト内のアイテムを編集します。 各アイテムを二重引用符で囲むし、各アイテムをセミコロンで区切りますを確認します。

    • ルックアップ フィールドで、クエリは、ナビゲーション ウィンドウで、別のクエリを参照している場合は、2 番目のクエリをデザイン ビューで開きます (クエリを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックして)。 クエリ デザイナーの上部に表示されているテーブルの名前をメモし、次の手順に進みます。

      それ以外の場合、ルックアップ フィールドのクエリでは、表を参照する場合、テーブルの名前をメモし、次の手順に移動します。

  5. データシート ビューでテーブルを開き、必要に応じて、[リスト項目を編集します。

ページの先頭へ

ルックアップ フィールドの値のリストからデータを削除します。

値リストの項目は、レコードの他の値と同じテーブルに存在します。 一方、ルックアップ フィールドのデータは、他の 1 つまたは複数のテーブルに存在します。 値リストからデータを削除するには、テーブルを開き、項目を編集します。

ルックアップ リストからデータを削除するには、追加の手順が必要です。 と、これらの手順は、ルックアップ リストのクエリがテーブルまたはクエリからデータを移動するかどうかによって異なります。 ルックアップ リストのクエリは、テーブルに基づいている場合は、そのテーブルと、リストに表示されるデータが含まれるフィールドを特定します。 ソース テーブルを開いてし、そのフィールドのデータを編集します。 ルックアップ リストのクエリが別のクエリに基づいている場合は、その別のクエリを開き、そのクエリがデータの取得先としているテーブルおよびフィールドを検索して、そのテーブル内の値を変更します。

値リストからデータを削除する

  1. テーブルを [デザイン ビュー] で開きます。

  2. デザイン グリッドの上部で、値リストが含まれるテーブル フィールドを選択します。

  3. デザイン グリッドの下部で、[ルックアップ] タブをクリックし、[値集合ソース] プロパティを見つけます。

    既定では、値リストの項目は二重引用符で囲まれており、各項目はセミコロンで区切られています。たとえば、"Excellent";"Fair";"Average";"Poor" のようになっています。

  4. 必要に応じて、リストから項目を削除します。 削除する各項目を囲んでいる引用符も削除してください。 さらに、先頭のセミコロンやセミコロンのペア (;;) が残らないようにし、リストの最後の項目を削除する場合は、最後のセミコロンを削除します。

    重要    値リストから削除した項目がテーブル内のレコードによって既に使用されている場合、削除された項目は、変更を加えない限り、レコードの一部として残ります。 たとえば、会社が A 市に倉庫を所有していて、その建物を売却した場合を想定します。 倉庫の一覧から "A 市" を削除しても、それらの値に変更を加えない限り、テーブルには "A 市" というレコードが残ります。

ルックアップ フィールドからデータを削除します。

  1. テーブルを [デザイン ビュー] で開きます。

  2. デザイン グリッドの上部で、ルックアップ フィールドを選択します。

  3. デザイン グリッドの下部で [ルックアップ] タブをクリックし、[値集合タイプ] プロパティと [値集合ソース] プロパティを探します。

    [値集合タイプ] プロパティに [テーブル/クエリ] が表示され、[値集合ソース] プロパティにテーブルまたは別のクエリを参照するクエリが含められます。 クエリのルックアップ フィールドが常に、word で始まるのを選択します

    通常 (ただし、必ずというわけではない)、次の基本的な書式を使用するクエリを選択します: SELECT [table_or_query_name].[field_name] FROM [table_or_query_name]

    この場合、クエリには 2 つの句 (SELECT と FROM) が含まれています。 最初の句はテーブルとそのテーブル内のフィールドを参照しているのに対し、2 番目の句はテーブルのみを参照しています。 注意する必要があるのは、FROM 句では常に取得先テーブルまたはクエリの名前が宣言されているという点です。 SELECT 句にはテーブルまたはクエリの名前が常に含まれているわけではありませんが、少なくとも 1 つのフィールドは必ず含まれています。 一方、すべての FROM 句は常にテーブルまたはクエリを参照しています。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • ルックアップ フィールドのクエリでは、別のクエリを参照する場合は、[ビルド] ボタンをクリックして ([プロパティ シートの [データ] タブをクリック [ビルダー] ボタン ) にクエリをデザイン ビューで開きます。 クエリ デザイナーの上部に表示されるテーブルの名前を書き留め、手順 5 に進みます。

    • ルックアップ フィールドのクエリがテーブルを参照している場合、テーブルの名前を書き留め、手順 5 に進みます。

  5. ソース テーブルをデータシート ビューで開きます。

  6. ルックアップ リストで使用されているデータが含まれているフィールドを探し、必要に応じてそのデータを編集します。

ページの先頭へ

データを入力する方法に及ぼす影響データ型

データベースのテーブルをデザインする際に、プロセスをより正確なデータを入力することにより、そのテーブルの各フィールドのデータ型を選択します。

ビューのデータ型

次のいずれかの操作を行います。

データシート ビューを使用します。

  1. テーブルを [データシート ビュー] で開きます。

  2. [フィールド] タブの [書式設定] グループで、データ型] ボックスの値を確認します。 値に変更するは、さまざまなフィールド、テーブル内にカーソルを置きます。

    [データ型] リスト

デザイン ビューを使用します。

  1. テーブルを [デザイン ビュー] で開きます。

  2. デザイン グリッドに表示されます。 グリッドの上部には、各テーブルのフィールドの名前およびデータ型が表示されます。

    デザイン ビュー内のフィールド

データ型がデータの入力に与える影響

各テーブルのフィールドに設定されているデータ型のフィールドにデータの種類が許可されている制御の最初のレベルを提供します。 場合によっては、長いテキスト フィールドなどの必要なすべてのデータを入力できます。 以外の場合は、オート ナンバー型フィールドなどのデータ型のフィールドの設定ができなくなるすべての情報を入力します。 次の表は、データ型をAccessを提供して、データの入力がどのように影響について説明します。

詳細については、 Access デスクトップ データベースのデータ型データ型のフィールドの設定を変更または変更を参照してください。

データ型

データ入力の効果

短いテキスト

Access 2013 より、テキスト データ型の名称が「短いテキスト」に変更されました。

短いテキスト フィールドでは、テキストか数字を含む区切りの項目のリストを入力します。 テキスト フィールドの数を減らして文字より長いテキスト フィールドには、0 ~ 255 文字です。 場合によっては、短いテキスト フィールドのデータを計算を実行する変換関数を使用できます。

長いテキスト

Access 2013、種類が長いテキストに名前が変更されたメモ データの先頭に注意してください。

この種類の 64,000 文字までのフィールドには、大量のテキストと数値のデータを入力できます。 また、リッチ テキスト形式をサポートするフィールドを設定する、Word などの文書処理プログラムに検索を通常の方法で書式設定の種類を適用することができます。 たとえば、特定の文字にしたり、テキストに異なるフォントとフォント サイズを適用でき、太字や斜体にしたり、ようにできます。 データにハイパー テキスト マークアップ言語 (HTML) のノート シールを追加することもできます。 詳細については、次を参照してください。挿入リッチ テキスト フィールドを追加またはします。

さらに、長いテキスト フィールドには、追加のみと呼ばれるプロパティが設定されています。 そのプロパティを有効にしたときに、長いテキスト フィールドに新しいデータを追加することができますが、既存のデータを変更することはできません。 案件履歴データベースが変更されない永続的なレコードを保持する必要がありますなどのアプリケーションで使用するための機能が想定しています。 長いテキスト フィールドの追加のみプロパティが有効になっている、既定では、カーソルを置くと、フィールド内のテキストが表示されなくなります。 テキストに書式設定、またはその他の変更を適用することはできません。

短いテキスト フィールドと同様に、長いテキスト フィールドのデータに対して変換関数を実行することもできます。

数値

この種類のフィールドに数値だけを入力することができ、数値フィールドの値を計算を行うことができます。

大きい数値

大量のデータ型は、Office 365 サブスクリプションのバージョンの Access でのみ利用可能なに注意してください。

この種類のフィールドに数値だけを入力することができ、多数のフィールドの値の計算を行うことができます。

詳細については、「大きい数値データ型を使用する」を参照してください。

日付/時刻

この種類のフィールドには、日付と時刻のみを入力できます。 

フィールド (一連のフィールドを選択するときに表示される文字がリテラルおよびプレース ホルダー) の定型入力を設定する、スペースと、定型入力を提供する形式にデータを入力する必要があります。 たとえば、mmm_dd_yyyy を表示する場合は、所定の場所に Oct 11 2017年を入力してください。 完全な月の名前、または 2 桁の年の値を入力することはできません。 詳細については、定型入力の制御データの入力形式を参照してください。

定型入力を作成しない場合は、任意の有効な日付または時刻の形式を使用して値を入力できます。 11 月 2017年を入力するなど、10/11/17、2017 年 10 月 11日などです。

フィールドに表示形式を適用することもできます。 その場合は、定型入力が存在しない場合は、ほぼ形式] で、値を入力することができますが、表示形式に従う日付が表示されます。 たとえば、2017/10/11 を入力することができますが、11-Oct-2017 としての値が表示されるように表示形式を設定することがあります。

詳細については、今日の日付を挿入するを参照してください。

通貨型

この種類のフィールドに通貨値だけを入力できます。 また、通貨記号を手動で入力する必要はありません。 既定では、Windows の地域設定で指定された通貨記号 (¥、£、$、およびなど) が適用されます。 必要な場合は、別の通貨を反映するには、この通貨記号を変更できます。

オートナンバー型

このフィールドの種類のデータをいつでも変更または入力ことはできません。 Access では、テーブルに新しいレコードを追加したときに、オート ナンバー型フィールドの値が増加します。

計算結果

このフィールドの種類のデータをいつでも変更または入力ことはできません。 このフィールドの結果は、定義した式によって決定されます。 追加またはテーブルに新しいレコードを編集するたびに、計算フィールドの値が更新されます。

Yes/No

このデータ型に設定されているフィールドをクリックすると、チェック ボックスまたはによっては、フィールドの書式を設定する方法、ドロップダウン リストが表示されます。 一覧を表示するには、[フィールドの書式を設定する場合は、リストから、もう一度のフィールドに適用された書式に応じてはいまたはなしTrueまたはFalse、またはまたは [オフを選択できます。 リスト内の値を入力するか、フォームやテーブルから直接、リスト内の値を変更することはできません。

OLE オブジェクト型

別のプログラムで作成されたファイルからデータを表示するには、この種類のフィールドを使用します。 たとえば、OLE オブジェクト フィールドには、テキスト ファイル、Excel のグラフ、または PowerPoint のスライド デッキを表示できます。

添付ファイルは、その他のプログラムからのデータを表示する高速化、簡単により柔軟な方法を提供します。

ハイパーリンク

この種類のフィールドにデータを入力することができ、Web アドレスに自動的にします。 たとえば、] フィールドに値を入力する場合は、Access で文字列を囲みますhttp://www 。your_text.comします。 有効な Web アドレスを入力する場合は、リンクが有効です。 それ以外の場合、リンクは、エラー メッセージになります。

また、既存のハイパーリンクを編集することは難しいため、ハイパーリンク フィールドにマウスをクリックすると、ブラウザーを起動し、リンクに指定されているサイトに移動します。 ハイパーリンク フィールドを編集するには] タブの [または方向キーを使用して、[ハイパーリンク] フィールドにフォーカスを移動や、編集できるようにするのには、F2 キーを押します隣接するフィールドを選択します。

添付ファイル

この種類のフィールドにその他のプログラムからデータを割り当てることができますが、入力するか、それ以外の場合、テキストまたは数値データを入力することはできません。

詳細については、ファイルを添付してデータベースのレコードにグラフィックを参照してください。

ルックアップ ウィザード

ルックアップ ウィザードは、データ型ではできません。 2 種類のドロップダウン リストを作成するのには、ウィザードを使用する代わりに、: リストとルックアップ フィールドの値します。 値リストは、ルックアップ ウィザードを使用するときに手動で入力したアイテムの区切り記号付きのリストを使用します。 これらの値を他のデータや、データベース内のオブジェクトの独立したことはできます。

一方、ルックアップ フィールドでは、クエリを使用して、1 つ以上のデータベース内の他のテーブルからデータを取得します。 ルックアップ フィールドでは、ドロップダウン リスト内のデータが表示されます。 既定では、ルックアップ ウィザードは、数値データ型をテーブルのフィールドを設定します。

テーブルに直接およびフォームやレポートで、ルックアップ フィールドを使用することができます。 コンボ ボックスと呼ばれるリスト コントロールの種類に既定では、ルックアップ フィールドの値が表示される:] ボックスの矢印のあるリスト。

空のルックアップ リスト

その他のアイテムを表示するスクロール バー] で、複数のアイテムを表示するリスト ボックスを使用することもできます。

フォーム上の基本リスト ボックス コントロール

設定に応じて、ルックアップ フィールドとコンボ ボックス、リスト内のアイテムを編集し、ルックアップ フィールドの制限の一覧にプロパティをオフにして、リストにアイテムを追加できます。

リスト内の値を直接編集することができない場合を追加または定義済みの値のリストで、ルックアップ フィールドのソースとして使用するテーブルのデータを変更する必要があります。

最後に、ルックアップ フィールドを作成するとオプションで設定できます複数の値をサポートするようにします。 これを行うには、結果の一覧は、リストの各項目の横にあるチェック ボックスを表示し、選択したり、必要に応じて、アイテムの数をオフにします。 この図は、標準的な複数値リストを示します。

チェック ボックス一覧

複数値を持つルックアップ フィールドを作成して、結果リストの使用については、作成または削除する複数値を持つフィールドを参照してください。

ページの先頭へ

データを入力する方法に及ぼす影響テーブル フィールドのプロパティ

複数のフィールドのプロパティはデータベースとデータ型を特定のフィールドに入力することができますかを制御するための構造を制御するデザインの方針のほか、Access データベースにデータを入力する方法をも影響します。

テーブルのフィールドのプロパティを表示します。

Access には、テーブルのフィールドのプロパティを表示する 2 つの方法が用意されています。

データシート ビューで

  1. テーブルを [データシート ビュー] で開きます。

  2. [フィールド] タブをクリックし、書式設定] グループでコントロールを使用して、各テーブルのフィールドのプロパティを表示します。

デザイン ビューで

  1. テーブルを [デザイン ビュー] で開きます。

  2. グリッドの下の部分でが選択されていない場合は、 [全般] タブをクリックします。

  3. ルックアップ フィールドのプロパティを表示するには、[ルックアップ] タブをクリックします。

データ入力のプロパティの影響

次の表は、データの入力に最大の影響するプロパティを表示し、データの入力がどのように影響を説明します。

プロパティ

テーブル デザイン グリッド内の場所

指定可能な値

データを入力するときの動作

フィールド サイズ

[全般] タブ

0 ~ 255

文字数の制限は、テキスト データ型に設定されているフィールドにのみ適用されます。 指定された文字数より多くの入力を開こうとすると、フィールドをカットしてにします。

必須

[全般] タブ

Yes/No

有効な場合、このプロパティによって強制] フィールドに値を入力し、アクセスできる必要なフィールドを完了するまで、新しいデータを保存します。 オフにすると、フィールドは、null 値フィールドが空白のままを承諾します。

Null 値がゼロの値と同じではできません。 ゼロは数字と、"null"が表示されない、未定義の値、または不明な値です。

ゼロの長さの文字列を許可します。

[全般] タブ

Yes/No

長さ 0 の文字列を入力するには、有効にしたときに、文字が含まれていません。 長さ 0 の文字列を作成するには、フィールドには、二重引用符のペアを入力する ("")。

インデックス

[全般] タブ

Yes/No

テーブルのフィールドのインデックスを作成するときにアクセスできなくなります重複する値を追加します。 1 つ以上のフィールドからインデックスを作成することもできます。 これを行う場合は、両方のフィールドではなく、1 つのフィールドに値を複製することができます。

定型入力

[全般] タブ

定義済みまたはカスタム リテラルおよびプレース ホルダーの文字セット

定型入力を強制的にすると、定義済み書式でデータを入力します。 定型入力テーブルまたはフォーム上のコントロールでフィールドを選択するときに表示されます。 たとえば、日付フィールドをクリックして、この文字のセットを参照してください: MMM-DD-YYYY します。 定型入力です。 4 桁の数字として、OCT などの 3 文字の略語としての値を月と年の値を入力する必要はに対する OCT-15-2017 の例。

定型入力のみにデータを入力する方法を制御するには、いないストアにアクセスする方法またはそのデータが表示されます。

詳細については、定型入力のデータ入力形式をコントロール日付/時刻フィールドを書式設定を参照してください。

リストの制限

[ルックアップ] タブ

Yes/No

ルックアップ フィールドのアイテムへの変更を無効に切り替えます。 ユーザーは、ルックアップ フィールド内のアイテムを手動で変更することもありますみてください。 アクセスできない場合は、フィールド内のアイテムを変更する、このプロパティが[はい]に設定します。 場合は、リスト値リストを編集するには) または (ルックアップ フィールドを編集するには) 場合は、リストのソース データを含むテーブルを開く必要がありますこのプロパティが有効になっている場合、リスト内のアイテムを変更する必要がある値を変更します。

値リストの編集の許可

[ルックアップ] タブ

Yes/No

有効または値のリストではなくルックアップ フィールドのリスト項目の編集] コマンドが無効にします。 ルックアップ フィールドには、そのコマンドを有効にするには、"リスト項目編集フォーム"プロパティに有効なフォームの名前を入力します。 値リストの編集を許可する] コマンドは、リスト ボックスまたはコンボ ボックス コントロールを右クリックして開いたショートカット メニューが表示されます。 コマンドを実行するときに、リスト アイテムの編集] ダイアログ ボックスが表示されます。 代わりに、"リスト項目編集フォーム"プロパティにフォームの名前を指定すると、そのフォーム] ダイアログ ボックスを表示するのではなくが開始されます。

ボックスの一覧から [リスト項目の編集] コマンドを実行して、コンボ ボックス コントロールを選択し、フォーム、フォーム上に置かれたテーブルやクエリの結果内にあるコンボ ボックス コントロールから次のように設定します。 します。 フォームをデザイン ビューまたは [参照] ビューで開くことがあります。テーブルとクエリの結果セットは、データシート ビューで開いてである必要があります。

リスト項目編集フォーム

[ルックアップ] タブ

データ入力フォームの名前

テーブル プロパティの値として使うデータ入力フォームの名前を入力すると、ユーザーのリスト項目の編集] コマンドの実行時に、そのフォームが開きます。 それ以外の場合、ユーザーは、コマンドを実行すると、リスト アイテムの編集] ダイアログ ボックスが表示されます。

ページの先頭へ

カスケード更新プログラムを使用して主キーと外部キーの値を変更するには

ときに、主キーの値を更新する必要があります。 、外部キーとしてが主キーを使用する場合は、外部キーのすべての子インスタンスを変更内容を自動的に更新できます。

アラームとしては、主キーは、データベースのテーブルの各行 (レコード) を一意に識別する値です。 外部キーは、主キーに一致する列。 通常、外部キーは、他のテーブルに存在して、テーブル内のデータ間の関係 (リンク) を作成することができます。

たとえば、次のような主キーとしてプロダクト id を使用するとします。 1 つの ID 番号は、1 つの製品を一意に識別します。 ID 番号は、注文データのテーブルで外部キーとして使用します。 これにより、その製品、注文のユーザー、いつでも ID は注文の一部になるため、各製品に関係するすべての注文を検索できます。

場合によっては、これらの ID 番号 (またはその他の種類の主キー) を変更します。 場合に、主キーの値を変更し、そのすべての関連する子レコードを自動的に重ねて表示を変更できます。 参照整合性を有効にして、連鎖 2 つのテーブル間の更新でこの動作を有効にします。

これらの重要な規則に注意してください。

  • のみテキストか数字のデータ型に設定されて、主キー フィールドの連鎖更新を有効にすることができます。 オート ナンバー データ型に設定されているフィールドの連鎖更新を使うことはできません。

  • 一対多リレーションシップを持つテーブル間でのみの連鎖更新を有効にすることができます。

詳細については、リレーションシップを作成します。 テーブルのリレーションシップの概要と、作成、編集、またはリレーションシップを削除するを参照してください。

次の手順では、手の形が手を移動し、まずリレーションシップを作成して、そのリレーションシップの連鎖更新を有効にする方法について説明します。

リレーションシップを作成します。

  1. [データベース ツール] タブの [表示/非表示] グループで [リレーションシップ] をクリックします。

  2. [デザイン] タブの [リレーションシップ] グループで、[テーブルの表示] をクリックします。

  3. テーブルの表示] ダイアログ ボックスで、[テーブル] タブを変更の追加] をクリックし、[閉じる] をクリックして追加するテーブルを選択します。

    複数のテーブルを選択する shift キーを押すことができますか、各テーブルを個別に追加することができます。 リレーションシップの「一」と「多」側のテーブルのみを選択します。

  4. リレーションシップウィンドウで、リレーションシップの「一」側のテーブルから主キーをドラッグし、リレーションシップの「多」側のテーブルの外部キー フィールドの上にドロップします。

    [リレーションシップ] ダイアログ ボックスが表示されます。 次の図では、ダイアログ ボックスが表示されます。

    既存のリレーションシップを含む [リレーションシップの編集] ダイアログ ボックス

  5. 参照整合性] チェック ボックスをオンにし、[作成] をクリックします。

主キーの連鎖更新を有効にします。

  1. [データベース ツール] タブの [表示/非表示] グループで [リレーションシップ] をクリックします。

  2. リレーションシップウィンドウが表示され、データベースのテーブル間の結合 (接続線が表示されます) が表示されます。 次の図は、標準のリレーションシップを示しています。

  3. 親と子のテーブル間の結合線を右クリックし、[リレーションシップの編集] をクリックします。

    2 つのテーブル間のリレーションシップ

    [リレーションシップ] ダイアログ ボックスが表示されます。 次の図では、ダイアログ ボックスが表示されます。

    [リレーションシップの編集] ダイアログ ボックス

  4. フィールドの連鎖更新] を選びますことを確認して参照整合性] チェック ボックスを選択し、[ OK] をクリックします。

ページの先頭へ

数値をスキップと思われる理由 ID 番号になります。

オート ナンバー データ型に設定されているフィールドを作成するとアクセスはすべての新しいレコードでそのフィールドの値を自動的に生成します。 すべての新しいレコードは、次の使用可能な連続番号を取得できるように、既定では、値が増加します。 オート ナンバー型は主キーとして使用するための適切な値を指定します。 詳細については、追加、設定、変更するには、主キーを削除するを参照してください。

オート ナンバー データ型に設定されているフィールドが含まれるテーブルの行を削除するとその行のオート ナンバー型フィールドの値が常に自動的に再利用できません。 数がないため、Access によって生成される、表示している一連の ID 番号の間隔が表示される: これは仕様します。 オート ナンバー型フィールドとその順序ではない値の一意性でのみ利用している必要があります。

ページの先頭へ

一括クエリを使用してデータを更新します。

追加、更新、削除クエリを追加、変更、または一括でレコードを削除する優れた方法です。 さらに、一括更新は、簡単にデータベース設計の適切な原則を使用するときに実行するより効率的に使用します。 クエリを再利用することもあるために、追加、更新、または削除クエリを使用して時間を節約できます。

重要    これらのクエリを使用する前に、データをバックアップします。 バックアップを手元にあると、すばやく意図せず、間違いを修正することができます。

クエリを追加する    1 つまたは複数のテーブルに多数のレコードを追加する場合に使用します。 1 つ追加クエリを最も頻繁に使用されるは、リンク先のデータベース内の 1 つ以上のテーブルにソース データベース内の 1 つまたは複数のテーブルからレコードのグループを追加します。 たとえば、新しい顧客および顧客に関する情報のテーブルを含むデータベースを入手することがあるとします。 新しいデータを手動で入力を避けるため、できますに追加するテーブルを適切なデータベースのします。 詳細については、追加クエリを使用してテーブルにレコードを追加するを参照してください。

更新クエリ    追加、変更、または既存の複数のレコードの一部 (はわけではありません) を削除する場合に使用します。 更新クエリは、[検索と置換] ダイアログ ボックスを強力にしたものと考えることができます。 選択条件 (検索文字列に相当) と更新抽出条件 (置換文字列に相当) を入力します。 更新クエリが複数の検索条件に同意できます] ダイアログ ボックスとは異なりには、多数の 1 つのパスでレコードを更新することを 1 つ以上のテーブル内のレコードを変更するのにはようにします。 詳細については、作成し更新クエリの実行を参照してください。

クエリを削除します。    すばやく大量のデータを削除するかを定期的にデータのセットを削除するには、クエリを使うとすばやく検索して、データを削除する条件を指定するためを削除するには便利です。 詳細については、追加、編集、およびレコードを削除する方法を参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×