データを他のファイル形式でエクスポートまたはインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Project からウィザードを使用して別の形式の情報をエクスポートすることができます。形式にエクスポートまたはからインポートするの一覧を次に示します。

  • (ブックピボットテーブル レポート) としての Microsoft Excel

  • テキスト (タブ区切り)

  • カンマ区切り (CSV)

  • 拡張マークアップ言語 (XML)

定義またはこれらのウィザードをエクスポートまたはインポート マップの編集] を簡単にするタスクリソース、または割り当てフィールドのデータを転送できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

プロジェクト情報をエクスポートする

プロジェクト情報をインポートする

プロジェクト情報をエクスポートする

  1. [ファイル] タブをクリックし、[名前を付けて保存] をクリックします。

  2. 名前を付けて保存 [種類] ボックスで、データをエクスポートするファイル形式を選択します。

  3. [ファイル名] ボックスに、エクスポート先のファイルの名前を入力します。

  4. [保存] をクリックします。

  5. エクスポート ウィザードの指示に従って、目的のデータをデスティネーション ファイルの適切なフィールドにエクスポートします。

  6. 新しいマップを作成するか、または既存のマップを使用するかの選択を求められたら、次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいエクスポート マップを作成するには、[新しいマップ] をクリックします。

    • 既定のマップまたは以前に定義して保存したマップを使用するには、[既存のマップを使用する] をクリックします。

  7. エクスポート ウィザードの [タスク マップ] ページ、[リソース マップ] ページ、または [割り当てマップ] ページで、Project で使用するマップ方法を確認または編集するか、新しいマップを作成します。

    • 特定のプロジェクト情報をエクスポートするには、[マップ元] 列で目的のフィールドを入力または選択し、Enter キーを押します。

    • プロジェクトのすべてのタスク フィールド、リソース フィールド、または割り当てフィールドをエクスポート マップに追加するには、[すべて追加] をクリックします。

    • 特定のテーブルのすべてのタスク フィールドまたはリソース フィールドをエクスポート マップに追加するには、[基本テーブル] をクリックします。使用するテーブルをクリックし、[OK] をクリックします。

    • エクスポート マップからすべてのタスク フィールド、リソース フィールド、または割り当てフィールドを削除するには、[すべてクリア] をクリックします。

    • いずれかのフィールドの上に新しいフィールドを挿入するには、[マップ元] 列のフィールドをクリックし、[行挿入] をクリックします。

    • いずれかのフィールドの上に新しいフィールドを挿入するには、[マップ元] 列のフィールドをクリックし、[行挿入] をクリックします。

    • フィールドを削除するには、[マップ元] 列のフィールドをクリックし、[行削除] をクリックします。デスティネーション ファイルのフィールド名を変更するには、マップ先のフィールドをクリックし、新しい名前を入力します。

  8. 特定のタスクまたはリソースだけをエクスポートするには、[エクスポートするフィルター名] ボックスの一覧で、適用するフィルターをクリックします。

  9. デスティネーション ファイルのフィールドの順序を変更するには、[To] 列のフィールドをクリックし、[移動] ボタンをクリックしてフィールドを移動します。

  10. エクスポート ウィザードの最後のページで、[完了] をクリックしてデータをエクスポートします。

注: 

  • XML 形式でエクスポートする場合は、常にプロジェクト全体がエクスポートされます。データのマップは、エクスポート ウィザードを使用せずに自動的に行われます。また、ファイル サイズを小さくするために、null 値が設定されているフィールドはエクスポート先の XML ファイルには含まれません。

  • エクスポート ウィザードの [タスク マップ] ページ、[リソース マップ] ページ、または [割り当てマップ] ページでは、[プレビュー] でエクスポート マップのレイアウトを確認できます。

  • 新規作成または編集したエクスポート マップは、保存して再利用できます。エクスポート ウィザードの最後のページで、[マップの保存] をクリックし、[マップ名] ボックスに名前を入力します。新しいマップが、定義済みマップの一覧に追加されます。

  • 他のプロジェクトのエクスポート マップがグローバル ファイルに保存されている場合は、それを使うこともできます。構成内容変更を使用すると、エクスポート マップをプロジェクト ファイルからグローバル ファイルにコピーできます。

  • データを CSV ファイル形式または TXT ファイル形式で保存するエクスポート マップを作成するとき、区切り文字を設定すると、ファイル拡張子ではなく区切り文字によってファイルの種類が制御されます。たとえば、Myproject.csv というファイルに保存する場合、マップでタブ区切りを指定すると、ファイル拡張子はコンマ区切りを示していても、この CSV ファイルではコンマではなくタブが使用されます。

ページの先頭へ

プロジェクト情報をインポートする

プロジェクトに情報をインポートするには、他の製品のファイル形式、Microsoft Office Excel、Microsoft Office Access、拡張マークアップ言語 (XML)、カンマ区切り (CSV)、 タブ区切りテキスト形式などの任意の入力フィールドを使用します。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[参照] をクリックします。

  2. [ファイルの種類] ボックスで、データのインポート元ファイルの種類をクリックします。

  3. インポートするファイルが格納されているフォルダーに移動し、ファイルの一覧でそのファイルをクリックします。

  4. [開く] をクリックします。

  5. インポート ウィザードの指示に従って、目的のデータを Project の適切なフィールドにインポートします。

  6. インポート ウィザードの [タスク マップ] ページ、[リソース マップ] ページ、または [割り当てマップ] ページで、Project で使用するマップ方法を確認または編集します。

    • ソース ファイルのフィールドのデータを Project の他のフィールドにインポートするには、[To] 列のフィールド名をクリックし、新しいフィールドをクリックして、Enter キーを押します。

    • デスティネーション ファイルのフィールド名を変更するには、[To] 列の該当するフィールドをクリックし、新しい名前を入力します。

    • フィールドを削除するには、[マップ元] 列のフィールドをクリックし、[行削除] をクリックします。

    • いずれかのフィールドの上に新しいフィールドを挿入するには、[マップ元] 列のフィールドをクリックし、[行挿入] をクリックします。

    • インポート マップからすべてのタスク フィールド、リソース フィールド、または割り当てフィールドを削除するには、[すべてクリア] をクリックします。

    • デスティネーション ファイルのすべてのタスク フィールド、リソース フィールド、または割り当てフィールドをインポート マップに追加するには、[すべて追加] をクリックします。

      ヒント: インポート ウィザードの [タスク マップ] ページ、[リソース マップ] ページ、または [割り当てマップ] ページでは、[プレビュー] でインポート マップのレイアウトをプレビューできます。

  7. インポート先のファイルのフィールドの順序を変更するには、[To] 列のフィールドをクリックし、[移動] をクリックして、フィールドを希望の位置に移動します。

  8. インポート ウィザードの最後のページで、[完了] をクリックしてデータをインポートします。

    ヒント: 新規作成または編集したインポート マップは、保存して再利用できます。インポート ウィザードの最後のページで、[マップの保存] をクリックし、[マップ名] ボックスに名前を入力します。新しいマップが、定義済みマップの一覧に追加されます。

注: 

  • 他のプロジェクトのインポート マップがグローバル ファイルに保存されている場合は、それを使うこともできます。構成内容変更を使用すると、インポート マップをプロジェクト ファイルからグローバル ファイルにコピーできます。

  • CSV ファイル形式または TXT ファイル形式のデータを取り込むインポート マップを作成するとき、区切り文字を設定すると、ファイル拡張子ではなく区切り文字によってファイルの種類が制御されます。たとえば、Myproject.csv というファイルをインポートする場合、マップでタブ区切りを指定すると、ファイル拡張子はコンマ区切りを示していても、この CSV ファイルではコンマではなくタブが使用されます。

  • 計算の一部のフィールドの値を入力できますが、プロジェクト可能性がありますを再計算これらの値が自動的にや日時を指定します。

  • Project でインポートできる XML データは、データ交換スキーマに対して検証できるデータだけです。

  • Microsoft Project Professional を使用していて、タスクに関する特定の情報の入力を要求されるエンタープライズ プロジェクトに、他のファイル形式の情報をインポートする場合は、必要な情報をすべて入力しないとプロジェクトを保存できません。

  • Microsoft Project Professional を使用している場合、エンタープライズ プロジェクトのリソース コスト フィールドは更新できません。リソース コスト情報をインポートできるのは、エンタープライズ プロジェクトでないプロジェクトの場合か、プロジェクトのエンタープライズ リソースでないリソースに関してだけです。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×