データを他のファイル形式でエクスポートまたはインポートする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

エクスポートウィザードとインポートウィザードは、Microsoft project とその他のプログラム間でプロジェクトデータを転送するのに役立ちます。次に、エクスポート先またはインポート元の形式の一覧を示します。

  • Microsoft Excel (ブックまたはピボットテーブル レポート)

  • テキストのみ (タブ区切り)

  • コンマ区切り値 (CSV)

  • 拡張マークアップ言語 (XML)

これらのウィザードのエクスポートまたはインポートマップを定義または編集することで、必要なタスク、resource、または割り当てフィールドとの間でデータを簡単に転送できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

プロジェクト情報をエクスポートする

プロジェクト情報をインポートする

プロジェクト情報をエクスポートする

  1. [ファイル] 、[名前を付けて保存] を選びます。

  2. [参照] を選びます。(project 2010 または project 2007 には適用されません)。

  3. [名前を付けて保存] ボックスで、データをエクスポートするファイル形式を選びます。

  4. [ファイル名] ボックスに、エクスポートしたファイルの名前を入力します。

  5. [保存] を選択します。

  6. エクスポートウィザードの指示に従って、目的のデータをコピー先ファイルの適切なフィールドにエクスポートします。

  7. ウィザードによって新しいマップを作成するか、既存の地図を使用するように求めるメッセージが表示されたら、次のいずれかの操作を行います。

    • [新しいマップ] を選択して、新しいエクスポートマップを一から作成します。

    • [既存のマップを使用する] を選択して、以前に定義して保存した既定のマップまたはマップを使用します。

  8. エクスポートウィザードの [タスクマッピング]、[リソースマッピング]、または [割り当てマッピング] ページで、Project のマッピング前提を確認または編集するか、新しいマップを作成します。

    • 特定のプロジェクト情報をエクスポートするには、[差出人] 列で目的のフィールドを入力するか選択し、enter キーを押します。

    • プロジェクトのすべてのタスク、リソース、または割り当てフィールドをエクスポートマップに追加するには、[すべて追加] を選択します。

    • 特定のテーブルのすべてのタスクまたはリソースフィールドをエクスポートマップに追加するには、[テーブルの基準] を選びます。使用するテーブルを選択し、[ OK] を選択します。

    • エクスポートマップからすべてのタスク、リソース、または割り当てフィールドを削除するには、[すべてクリア] を選択します。

    • 新しいフィールドを別のフィールドの上に挿入するには、[差出人] 列でフィールドを選択し、[行の挿入] を選択します。

    • 新しいフィールドを別のフィールドの上に挿入するには、[差出人] 列でフィールドを選択し、[行の挿入] を選択します。

    • フィールドを削除するには、[差出人] 列で選択し、[行の削除] を選択します。変換先ファイルのフィールド名を変更するには、[宛先] 列でフィールドを選択し、新しい名前を入力します。

  9. 特定のタスクまたはリソースのみをエクスポートするには、[フィルターのエクスポート] ボックスで目的のフィルターを選択します。

  10. 変換先ファイルのフィールドの順序を変更する場合は、[宛先] 列でフィールドを選択し、[移動] ボタンを使用してフィールドを目的の位置に移動します。

  11. エクスポートウィザードの最後のページで、[完了] を選択してデータをエクスポートします。

注: 

  • プロジェクト全体を XML 形式にエクスポートすることができます。Project では、エクスポートウィザードを使用せずに、データを自動的にマップします。また、ファイルサイズを最小限に抑えるために、null 値を含むフィールドはエクスポートされた XML ファイルには含まれません。

  • エクスポートウィザードの [タスクマッピング]、[リソースマッピング]、または [割り当てマッピング] ページの [プレビュー] で、エクスポートマップのレイアウトを確認できます。

  • 新しいまたは編集したエクスポートマップをもう一度使用する場合は、保存することができます。エクスポートウィザードの最後のページで、[マップの保存] を選択し、[マップ名] ボックスに名前を入力します。新しいマップは、定義済みのマップのリストに追加されます。

  • グローバルファイルでマップが利用できる場合は、別のプロジェクトから既存のエクスポートマップを使うことができます。構成内容変更を使用して、エクスポートマップをプロジェクトファイルからグローバル ファイルにコピーすることができます。

  • エクスポートマップを作成して、CSV ファイル形式または TXT ファイル形式のいずれかにデータを保存し、テキスト区切り文字を設定すると、ファイル拡張子ではなく区切り記号を使用して、ファイルの種類を制御します。たとえば、Myproject という名前のファイルに保存しても、マップにタブ区切り記号を指定した場合、csv ファイルにはコンマではなく、コンマの代わりにタブが表示されます。

プロジェクト情報をインポートする

プロジェクトに情報をインポートするには、microsoft office Excel、microsoft office access、拡張マークアップ言語 (XML)、コンマ区切り値 (CSV)、またはタブ区切りテキスト形式など、別の製品のファイル形式から入力フィールドを使用します。

  1. [ファイル]、[開く]、[参照] の順に選びます。

    (project 2010 および project 2007 で、[ファイル]、[開く] の順に選びます。

  2. [ファイルの種類] ボックスで、データをインポートするファイルの種類を選びます。

  3. インポートするファイルが保存されているフォルダーに移動し、ファイル一覧でファイルを選択します。

  4. [開く] を選びます。

  5. インポートウィザードの指示に従って、目的のデータを適切なプロジェクトフィールドにインポートします。

  6. インポートウィザードの [タスクマッピング]、[リソースマッピング]、または [割り当てマッピング] ページで、Project のマッピングの前提条件を確認または編集します。

    • ソースファイルのフィールドから別のプロジェクトフィールドにデータをインポートするには、[宛先] 列でフィールドを選択し、新しいフィールドを選択して、enter キーを押します。

    • 変換先ファイルのフィールド名を変更するには、[宛先] 列でフィールドを選択し、新しい名前を入力します。

    • フィールドを削除するには、[差出人] 列で選択し、[行の削除] を選択します。

    • 新しいフィールドを別のフィールドの上に挿入するには、[差出人] 列でフィールドを選択し、[行の挿入] を選択します。

    • インポートマップからすべてのタスク、リソース、または割り当てフィールドを削除するには、[すべてクリア] を選択します。

    • インポート先ファイルのすべてのタスク、リソース、または割り当てフィールドを import マップに追加するには、[すべて追加] を選びます。

      ヒント: インポートウィザードの [タスクマッピング]、[リソースマッピング]、または [割り当てマッピング] ページの [プレビュー] では、インポートマップのレイアウトをプレビューすることができます。

  7. ターゲットファイルのフィールドの順序を変更するには、[宛先] 列でフィールドを選択し、[移動] ボタンを使用してフィールドを目的の位置に移動します。

  8. インポートウィザードの最後のページで、[完了] を選んでデータをインポートします。

    ヒント: 新しいまたは編集したインポートマップをもう一度使用したい場合は、保存できます。インポートウィザードの最後のページで、[マップの保存] を選択し、[マップ名] ボックスに名前を入力します。新しいマップは、定義済みのマップのリストに追加されます。

注: 

  • グローバルファイルでマップが利用できる場合は、別のプロジェクトから既存のインポートマップを使うことができます。構成内容変更を使用して、インポートマップをプロジェクトファイルからグローバル ファイルにコピーすることができます。

  • インポートマップを作成して、CSV ファイル形式または TXT ファイル形式のデータを取り込み、テキスト区切り文字を設定した場合、ファイル拡張子ではなく区切り記号を使用して、ファイルの種類を制御します。たとえば、Myproject という名前のファイルをインポートしても、マップにタブ区切り記号を指定した場合、csv ファイルにはコンマではなく、コンマの代わりにタブが表示されます。

  • 集計フィールドに値を入力することはできますが、自動的に、または指定したときに、これらの値が再計算されることがあります。

  • Project では、データ交換スキーマに対して検証可能な XML データのみをインポートできます。

  • Microsoft project Professional を使用していて、別のファイル形式の情報をエンタープライズプロジェクトにインポートして、タスクの特定の情報を入力する必要がある場合は、必要なすべてを入力するまでプロジェクトを保存できません。情報.

  • Microsoft project Professional を使用している場合は、エンタープライズプロジェクトでリソースコストフィールドを更新できないことに注意してください。リソースコスト情報をインポートできるのは、エンタープライズプロジェクトまたはプロジェクトのエンタープライズリソースだけです。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×