スキップしてメイン コンテンツへ

データを他のファイル形式でエクスポートまたはインポートする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

ウィザードのエクスポートとインポート ウィザードを Microsoft Project とその他のプログラム間でプロジェクト データを転送できます。 形式にエクスポートまたはからインポートするの一覧を次に示します。

  • (ブックまたはピボットテーブル レポート) としての Microsoft Excel

  • テキスト (タブ区切り)

  • カンマ区切り (CSV)

  • 拡張マークアップ言語 (XML)

定義またはこれらのウィザードをエクスポートまたはインポート マップの編集] を簡単にするタスクリソース、または割り当てフィールドのデータを転送できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

プロジェクトの情報をエクスポートします。

プロジェクトの情報をインポートします。

プロジェクトの情報をエクスポートします。

  1. ファイル_gt の名前を付けて保存] を選びます。

  2. [参照] を選びます。 (Project 2010 では適用されません)。

  3. 名前を付けて保存 [種類] ボックスで、データをエクスポートするファイル形式を選択します。

  4. ファイル名] ボックスで、エクスポートするファイルの名前を入力します。

  5. [Save] を選択します。

  6. リンク先のファイルの適切なフィールドを使用するデータをエクスポートする」のエクスポート ウィザードの指示に従います。

  7. ウィザードでは、新しいマップを作成または既存のものを使用することが表示されたら、次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいマップを最初から新しいエクスポート マップを作成する] を選びます。

    • 既存のマップを使用して既定のマップや以前定義して保存したマップを使用する] を選びます。

  8. マッピングのタスクリソースの割り当て、または割り当てマップのエクスポート ウィザードのページにことを確認または、プロジェクトのマッピングの前提条件を編集するか、新しいマップを作成します。

    • 特定のプロジェクトの情報をエクスポートするには、入力するかから] 列で、目的のフィールドを選択して、ENTER キーを押します。

    • エクスポート マップに、プロジェクトのすべてのタスク、リソース、または割り当てフィールドを追加するには、[すべての追加] を選びます。

    • エクスポート マップには、特定のテーブルのすべてのタスクまたはリソース フィールドを追加するには、基本テーブルを選択します。 、使用するテーブルを選択し、[ ok]をクリックします。

    • これで、エクスポート マップからすべてのタスク、リソース、または割り当てフィールドを削除するには、[すべてクリア] を選びます。

    • 別のフィールドの上にある新しいフィールドを挿入するから列、フィールドを選択し、[行の挿入] を選びます。

    • 別のフィールドの上にある新しいフィールドを挿入するから列、フィールドを選択し、[行の挿入] を選びます。

    • フィールドを削除するから] 列で、選択して [行の削除] を選びます。 リンク先のファイル内のフィールドの名前を変更するには、で、フィールドを選択し、新しい名前を入力します。

  9. 特定のタスクまたはリソースのみをエクスポートするには、[エクスポートするフィルター ] ボックスで必要なフィルターを選択します。

  10. リンク先のファイル内のフィールドの順序を変更する場合は、 ] 列で、フィールドを選択し、[移動ボタンを使用してフィールドを目的の位置に移動します。

  11. エクスポート ウィザードの最後のページで、[終了日をデータをエクスポートする] を選びます。

注: 

  • プロジェクト全体に XML 形式にエクスポートできます。 プロジェクトのエクスポート ウィザードを使用せず、自動的にデータをマッピングします。 また、ファイル サイズを小さくするために null 値を含むフィールドに含まれていない、エクスポートされた XML ファイル。

  • タスク マップ、リソースのマッピング] または [プレビュー] で、エクスポート ウィザードのマッピングの割り当て] ページには、エクスポート マップのレイアウトを確認できます。

  • もう一度使用する場合は、新規または編集したエクスポート マップを保存できます。 エクスポート ウィザードの最後のページにマップの保存] を選択し、[マップ名] ボックスに名前を入力します。 新しいマップが、定義済みマップの一覧に追加されます。

  • グローバル ファイルにマップがある場合は、他のプロジェクトから既存のエクスポート マップを使用することができます。 構成内容変更を使用すると、エクスポート マップのプロジェクト ファイルからグローバル ファイルにコピーできます。

  • CSV ファイル形式または TXT ファイル形式のいずれかにデータを保存、エクスポート マップを作成すると、テキスト区切り記号、区切り記号、ファイルの拡張子を設定する、ファイルの種類を制御します。 たとえば、Myproject.csv という名前のファイルに保存したマップで、タブ区切り文字を指定した場合は、CSV ファイルにあるタブが表示されますカンマ (,) ではなく場合でも、ファイルの拡張子はカンマを示します。

プロジェクトの情報をインポートします。

プロジェクトに情報をインポートするには、他の製品のファイル形式、Microsoft Office Excel、Microsoft Office Access、拡張マークアップ言語 (XML)、カンマ区切り (CSV)、 タブ区切りテキスト形式などの任意の入力フィールドを使用します。

  1. ファイル_gt開く_gt参照] を選びます。

    (Project 2010 では、開いているファイル_gt を選択します)。

  2. ファイル] ボックスでのデータをインポートするファイルの種類を選択します。

  3. をインポートするファイルが含まれているフォルダーに移動し、[ファイルの一覧で [ファイル] を選びます。

  4. [開く] を選びます。

  5. 適切な [プロジェクト] フィールドに使用するデータをインポートする」のインポート ウィザードの指示に従います。

  6. [タスクの割り当てリソースの割り当て、またはインポート ウィザード、画面の[割り当てのマッピング] ページを確認またはプロジェクトのマッピングの前提条件を編集します。

    • 別のプロジェクト] フィールドに、ソース ファイルのフィールドからデータをインポートするに] 列で、フィールドを選択し、[新しいフィールドを選択し、ENTER キーを押します。

    • リンク先のファイル内のフィールドの名前を変更するには、で、フィールドを選択し、新しい名前を入力します。

    • フィールドを削除するから] 列で、選択して [行の削除] を選びます。

    • 別のフィールドの上にある新しいフィールドを挿入するから列、フィールドを選択し、[行の挿入] を選びます。

    • インポート マップからすべてのタスク、リソース、または割り当てフィールドを削除するには、[すべてクリア] を選びます。

    • インポート マップには、すべてのタスク、リソース、またはリンク先のファイルの割り当てフィールドを追加するには、[すべての追加] を選びます。

      ヒント: タスク マップリソースのマッピング] または [プレビュー] で、インポート ウィザードのマッピングの割り当て] ページにインポート マップのレイアウトをプレビューすることができます。

  7. リンク先のファイル内のフィールドの順序を変更するには] 列で、フィールドを選択し、移動ボタンを使用してフィールドを目的の位置に移動します。

  8. インポート ウィザードの最後のページで [終了データをインポートする] を選びます。

    ヒント: もう一度使用する場合は、新規または編集したインポート マップを保存できます。 インポート ウィザードの最後のページにマップの保存] を選択し、[マップ名] ボックスに名前を入力します。 新しいマップが、定義済みマップの一覧に追加されます。

注: 

  • グローバル ファイルにマップがある場合は、他のプロジェクトからのインポート マップを使用することができます。 グローバル ファイルに構成内容変更を使用すると、プロジェクト ファイルからインポート マップをコピーできます。

  • CSV ファイル形式または TXT ファイル形式のいずれかからデータを組み込むインポート マップを作成すると、テキスト区切り記号、区切り記号、ファイルの拡張子を設定する、ファイルの種類を制御します。 たとえば、Myproject.csv という名前のファイルをインポートするマップで、タブ区切り文字を指定した場合は、CSV ファイルにあるタブが表示されますカンマ (,) ではなく場合でも、ファイルの拡張子はカンマを示します。

  • 計算の一部のフィールドの値を入力できますが、プロジェクト可能性がありますを再計算これらの値が自動的にや日時を指定します。

  • プロジェクトには、そのデータ交換スキーマに対して検証できる唯一の XML データをインポートできます。

  • 必要なすべてを入力するまで、プロジェクトを保存することはできませんする場合は、Microsoft Project Professional を使用して、必要に応じて情報を別のファイル形式からタスクの特定の情報を入力する必要があるエンタープライズ プロジェクトにインポートするには情報。

  • Microsoft Project Professional を使用している場合は、エンタープライズ プロジェクトのリソースのコスト] フィールドを更新できないことにご注意ください。 プロジェクトのリソースをエンタープライズ以外のエンタープライズ以外のプロジェクトでのみのリソースのコスト情報をインポートすることができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×