データをドーナツ グラフで表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Excelを使用して、データをすばやく to ドーナツ グラフにし、そのドーナツ グラフを読みやすくするために、新しい書式設定機能を使用できます。たとえば、凡例、データ ラベル、およびドーナツ グラフの各呼び出しが何を表すをポイントしているテキスト ボックスを追加するは、グラフでプロットされているデータを簡単に理解できます。

書式設定されたドーナツ グラフ

ドーナツ グラフを作成した後、ドーナツ グラフの各要素を回転させて視点を変えたり、ドーナツ グラフの特定の要素を切り離してグラフの一部分に焦点を置いたりできるほか、ドーナツ グラフの穴の大きさを変えて、要素のサイズを大きくしたり小さくしたりすることもできます。

注: ドーナツ グラフはOffice 2016で始まる、バクダン グラフは中止されます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ドーナツ グラフでのデータのプロットについて

複雑なドーナツ グラフを作成する

ドーナツ グラフの要素を回転する

ドーナツ グラフの要素を切り離す

ドーナツ グラフの穴の大きさを変える

グラフをテンプレートとして保存する

ドーナツ グラフでのデータのプロットについて

ドーナツ グラフには、ワークシートの列または行のどちらか一方に配列されたデータのみをプロットすることができます。 ドーナツ グラフには、円グラフと同様に全体と部分との関係が示されますが、データ系列は複数存在してもかまいません。 ドーナツ グラフにプロットされた各データ系列は、グラフの輪として追加されます。 1 つ目のデータ系列はグラフの中央に表示されます。

その循環の理由により、ドーナツ グラフでは特に、複数のデータ系列を表示する場合、読みやすいできません。外部リングと内部の円の縦横比は、データのサイズを正確に表していない-外部リング上のデータ要素が表示される内部リング上のデータ要素を超える中に、実際の値を小さくすることがあります。値またはパーセンテージを表示するデータ ラベルに非常に便利なドーナツ グラフ上でが並列表示のデータ要素を比較する場合は、する積み上げ縦棒を使用する必要がありますまたは積み上げ棒グラフの代わりにします。

次のような場合は、ドーナツ グラフの使用を検討してください。

  • プロットしたいデータ系列が 1 つ以上ある。

  • プロットする値に負の値が含まれない

  • プロットする値にゼロ (0) 値が含まれない

  • データ系列あたりのカテゴリ数が 7 つ以下である

  • ドーナツ グラフの各輪で全体に占める一部分としてカテゴリを示す

ドーナツ グラフを作成するときに、次のいずれかのドーナツ グラフのサブタイプを選ぶことができます。

  • ドーナツ グラフ   : データを輪状に表示します。各輪は 1 つのデータ系列を表します。データ ラベルにパーセンテージが表示されている場合、各輪は全体で 100% になります。

    ドーナツ グラフ

  • 分割ドーナツ グラフ   : 全体に対する各値の割合が表示されると同時に各値が強調されるという点で分割円グラフとよく似ていますが、分割ドーナツ グラフには複数のデータ系列を含めることができます。

    分割ドーナツ グラフ

ドーナツ グラフと分割ドーナツ グラフを 3-D で表示することはできませんが、3-D の書式設定を使うことで、3-D に近い効果を与えることはできます。

ページの先頭へ

複雑なドーナツ グラフを作成する

書式設定されたドーナツ グラフ

さて、このドーナツ グラフはどのようにして作成されたのでしょうか。 次の手順に従うと、同様の結果のドーナツ グラフを作成できます。 このグラフでは、サンプルのワークシート データを使っています。 このデータをワークシートにコピーしてもかまいませんし、独自のデータを使用してもかまいません。

  1. ドーナツ グラフにプロットするデータが含まれているワークシートを開くか、サンプルのワークシート データを空のワークシートにコピーします。

    サンプルのワークシート データをコピーする方法

    1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

    2. ヘルプ トピックから使用例を選びます。

      注: 行見出しまたは列見出しは選ばないでください。

      ヘルプから使用例を選ぶ
      ヘルプから使用例を選ぶ
    3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

    1

    2

    3

    4

    A

    B

    C

    2005

    2006

    ヨーロッパ

    ¥1,270,471,400

    ¥1,798,703,400

    アジア

    ¥877,409,900

    ¥1,221,444,700

    米国

    ¥1,209,421,500

    ¥1,087,309,900

  2. ドーナツ グラフにプロットするデータを選びます。

  3. [挿入] タブの [グラフ] グループで [その他のグラフ] をクリックします。

    Excel のリボン イメージ

  4. [ドーナツ] の [ドーナツ] をクリックします。

  5. ドーナツ グラフのプロット エリアをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  6. [デザイン] タブの [グラフのレイアウト] グループで、使用するレイアウトを選びます。

    Excel のリボン イメージ

    このドーナツ グラフでは、[レイアウト 6] を使いました。

    [レイアウト 6] では、凡例が表示されます。 グラフの凡例のエントリが多すぎる場合、または凡例のエントリが見分けにくい場合は、凡例を表示する代わりに、ドーナツ グラフのデータ要素にデータ ラベルを追加できます ([レイアウト] タブの [ラベル] グループで [データ ラベル] をクリックします)。

  7. [デザイン] タブの [グラフのスタイル] で、使用するグラフのスタイルをクリックします。

    Excel のリボン イメージ

    このドーナツ グラフでは、[レイアウト 26] を使いました。

  8. グラフのサイズを変更するには、次の操作を行います。

    1. グラフをクリックします。

    2. [書式] タブの [サイズ] グループで、[図形の高さ] ボックスと [図形の幅] ボックスに目的のサイズを入力します。

      このドーナツ グラフでは、図形の高さを 10 cm に、図形の幅を 13.75 cm に設定しました。

  9. ドーナツ グラフの穴の大きさを変更するには、次の操作を行います。

    1. データ系列をクリックするか、グラフ要素の一覧 ([書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [グラフの要素] ボックス) から選びます。

      Excel のリボンの画像

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [選択対象の書式設定] をクリックします。

    3. [系列のオプション] をクリックして、[ドーナツの穴の大きさ] で、目的の大きさになるまでスライダーをドラッグするか、[パーセンテージ] ボックスに 10 ~ 90 のパーセンテージ値を入力します。

      このドーナツ グラフでは、20% に設定しました。

  10. データ ラベルを目立たせるには、次の操作を行います。

    1. データ ラベルを 1 回クリックしてデータ系列全体のデータ ラベルを選ぶか、グラフ要素の一覧 ([書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [グラフの要素] ボックス) から選びます。

    2. [書式] タブの [図形のスタイル] グループで [その他] ボタン イメージ をクリックして、図形のスタイルをクリックします。

      Excel リボンの [図形のスタイル] グループ

      このドーナツ グラフでは、[パステル - 濃色 1] を使いました。

    3. これらの手順をドーナツ グラフのすべてのデータ系列について繰り返し、データ ラベルの書式を設定します。

  11. グラフのタイトルを変更したり、タイトルに書式を適用したりするには、次の操作を行います。

    1. グラフのタイトルをクリックするか、グラフ要素の一覧 ([書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [グラフの要素] ボックス) から選びます。

    2. 使うタイトルを入力して、Enter キーを押します。

    3. [書式] タブの [図形のスタイル] グループで [その他] ボタン イメージ をクリックして、図形のスタイルをクリックします。

      このドーナツ グラフでは、[グラデーション - アクセント 1] を使いました。

    4. タイトルの配置を変更するには、タイトルを目的の位置までドラッグします。

  12. 凡例の書式を変更するには、凡例をクリックして、[図形のスタイル] ボックス ([書式] タブの [図形のスタイル] グループの [その他] ボタン イメージ ) でスタイルをクリックします。

  13. テキスト ラベルとドーナツの輪の部分を指す矢印を追加するには、次の操作を行います。

    1. [レイアウト] タブの [挿入] グループで [テキスト ボックス] をクリックします。

    2. テキスト ボックスを挿入するグラフをクリックし、目的のテキストを入力して、Enter キーを押します。

    3. テキスト ボックスを選んで、[書式] タブの [図形のスタイル] グループで ボタン イメージ (ダイアログ ボックス起動ツール) をクリックします。

    4. [テキスト ボックス] をクリックし、[自動調整] の [テキストに合わせて図形のサイズを調整する] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

    5. [図形のスタイル] グループで、使用するスタイルを選びます。

    6. [レイアウト] タブの [挿入] グループで [図形] をクリックします。

    7. [] の [矢印] をクリックします。

    8. グラフ上で、テキスト ボックスの隅から、ドーナツの輪に向かって引き出し線を描画します。

    9. テキスト ボックスの書式を変更するには、テキスト ボックスをクリックして、[図形のスタイル] グループ ([書式] タブの [図形のスタイル] グループ) で目的のスタイルをクリックします。

      ドーナツ グラフのすべての輪について、これらの手順を繰り返します。

  14. グラフの背景を変更するには、次の操作を行います。

    1. グラフ エリアをクリックするか、グラフ要素の一覧 ([書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [グラフの要素] ボックス) から選びます。

    2. [書式] タブの [図形のスタイル] グループで [その他] ボタン イメージ をクリックして、図形のスタイルをクリックします。

      このドーナツ グラフでは、[パステル - アクセント 3] を使いました。

  15. グラフの背景の角に丸みを持たせるには、次の操作を行います。

    1. [書式] タブの [図形のスタイル] グループでダイアログ ボックス起動ツール ボタン イメージ をクリックします。

    2. [枠線のスタイル] をクリックして、[角を丸くする] チェック ボックスをオンにします。

  16. ブックに適用される既定のテーマとは異なるテーマの色を使うには、次の操作を行います。

    1. [印刷レイアウト] タブの [テーマ] グループで [テーマ] をクリックします。

      Excel のリボン イメージ

    2. [組み込み] で、使うテーマをクリックします。

      このドーナツ グラフでは、[ひらめき] テーマを使いました。

ページの先頭へ

ドーナツ グラフの要素を回転する

Office Excel 2007 でドーナツ グラフのデータ系列がプロットされる順序は、ワークシート上のデータの順序によって決まります。 360°のドーナツ グラフの中で要素を回転させて、視点を変えることができます。

回転されたドーナツ グラフ

  1. ドーナツ グラフでデータ系列またはデータ要素をクリックするか、次の操作を実行して、グラフ要素の一覧からデータ系列またはデータ要素を選びます。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで [グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックして、目的のデータ系列またはデータ要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [選択対象の書式設定] をクリックします。

  3. [グラフの基線位置] ボックスで、目的の回転角度になるようにスライダーをドラッグするか、0 ~ 360 の範囲の値を入力して最初の要素の基線位置を指定します。

ページの先頭へ

ドーナツ グラフの要素を切り離す

ドーナツ グラフの各要素を強調するには、グラフを作成するときに、グラフの種類として分割ドーナツを使います。 分割ドーナツ グラフでは、全体に対する各値の割合を、個々の値を強調しながら表すことができます。 ドーナツの分割設定は、すべての要素に対して変更することも、個々の要素に対して変更することもできます。

分割ドーナツ グラフ

要素を手動で切り離すこともできます。

1 つの要素が分離されたドーナツ グラフ

分割ドーナツ グラフの要素の設定を変更する

  1. 分割ドーナツ グラフで、データ系列またはデータ要素をクリックするか、次の操作を実行して、グラフ要素の一覧からデータ系列を選びます。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで [グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックして、データ系列をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [選択対象の書式設定] をクリックします。

  3. [ドーナツ グラフの切り離し] で、スライダーをドラッグして切り離しのパーセンテージを増減するか、[パーセンテージ] ボックスに、目的の切り離しのパーセンテージ値を入力します。

ドーナツ グラフの要素を手動で切り離す

ドーナツ グラフをクリックして、次のいずれかの操作を行います。

  • ドーナツ グラフからすべての要素を切り離すには、グラフの中心から外側に向かってドラッグします。

  • ドーナツ グラフから個々の要素を切り離すには、切り離す要素をクリックして、その要素をグラフの中心から外側に向かってドラッグします。

ページの先頭へ

ドーナツ グラフの穴の大きさを変える

ドーナツ グラフの穴の大きさを変えると、要素の幅を大きくしたり小さくしたりできます。 たとえば、データ ラベルに表示される系列名やカテゴリ名、または名前、値、パーセンテージの組み合わせが長い場合、要素の幅を広げることができます。

  1. ドーナツ グラフでデータ系列をクリックするか、次の操作を実行して、グラフ要素の一覧からデータ系列を選びます。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで [グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックして、データ系列をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループの [選択対象の書式設定] をクリックします。

  3. [ドーナツの穴の大きさ] で、目的の大きさになるまでスライダーをドラッグするか、[パーセンテージ ボックスに 10 ~ 90 のパーセンテージ値を入力します。

ページの先頭へ

グラフをテンプレートとして保存する

作成したグラフと似たグラフを作成する場合は、そのグラフをテンプレートとして保存すると、同様のグラフを作成するときの基礎として使用できます。

  1. テンプレートとして保存するグラフをクリックします。

  2. [デザイン] タブの [種類] で [テンプレートとして保存] をクリックします。

    Excel のリボン イメージ

  3. [ファイル名] ボックスに、テンプレートの名前を入力します。

    ヒント: 別のフォルダーを指定した場合を除き、テンプレート ファイル (.crtx) は Charts フォルダーに保存され、[グラフの挿入] ダイアログ ボックス ([挿入] タブの [グラフ] で ボタン イメージ (ダイアログ ボックス起動ツール) をクリック) および [グラフの種類の変更] ダイアログ ボックス ([デザイン] タブの [種類] で [グラフの種類の変更] をクリック) の両方の [テンプレート] で、そのテンプレートを使用できるようになります。

    グラフ テンプレートを適用する方法の詳細については、ユーザー設定のグラフをテンプレートとして保存するを参照してください。

注: グラフ テンプレートは、グラフの書式設定が含まれているし、グラフをテンプレートとして保存するときに使用されている色を保存します。新しいグラフがグラフ テンプレートの色を使用して別のブックでグラフを作成するグラフ テンプレートを使用するときに、現在のブックに適用されているドキュメントのテーマのカラーではなくします。グラフ テンプレートの色の代わりに、ドキュメントのテーマの色を使うには、グラフ エリアを右クリックし、ショートカット メニューの [スタイルに合わせるにリセット] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×