データをすぐに分析する

これまで、データを分析するには、少し手間がかかっていましたが、それがわずかな手順でできるようになりました。折れ線グラフ、縦棒グラフなどのさまざまな種類のグラフをすぐに作成したり、ミニ グラフ (スパークラインと呼ばれる) を追加できます。表スタイルの適用、ピボットテーブルの作成、合計のすばやい挿入、条件付き書式の適用も行えます。

  1. 分析したいデータを含むセルを選びます

  2. 選んだデータの右下に表示される [クイック分析] ボタンの画像 ボタンをクリックします (または Crtl キーを押しながら Q を押す)。

    選んだデータと [クイック分析レンズ] ボタンが表示される

  3. [クイック分析] ギャラリーで、使うタブを選びます。たとえば、グラフのデータを表示するには [グラフ] をクリックします。

    [グラフ] タブ

  4. オプションを選ぶか、それぞれのオプションをポイントしてプレビューを表示するだけにします。

    常に同じオプションを選べるわけではありません。これは、ブック内で選んだデータの種類に基づいてオプションが変わるためです。

使う分析機能の選択

どの分析オプションを選べばよいかわからない場合、ここで説明する簡単な概要を参考にしてください。

[書式設定] は、データ バーや色などを追加することで、データの一部を強調表示します。これにより、他の値から高い値と低い値を区別できるようになります。

[書式設定] タブ

[グラフ] 選ばれたデータの種類に基づいてさまざまなグラフが提案されます。ご希望のグラフが表示されない場合は、[その他のグラフ] をクリックします。

[グラフ] タブ

[集計] は、列と行の数値を計算できるようにします。たとえば、[累計] はデータにアイテムを追加するに従って増加する集計を挿入します。左右にある小さな黒い矢印をクリックして、追加オプションを表示します。

[集計] タブ

[テーブル] は、データのフィルター処理と並べ替えを簡単にできるようにします。ご希望のテーブル スタイルが表示されない場合は、[その他] をクリックします。

[テーブル] タブ

[スパークライン] とは、データの横に表示できる小さなグラフのようなものです。これらの機能で、傾向をすばやく確認できるようになります。

[スパークライン] タブ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×